WOW! JAPAN

その他エリア

観光

日本の大自然を満喫できる国立公園10選

2016.02.01

Writer name : mirin

四季折々の美しい風景を楽しむことができるのが日本の魅力。熱帯魚やサンゴ礁がつくる神秘の海から、世界的にも珍しい風景まで、32の国立公園の中から10ヵ所を紹介します。

1.富士箱根伊豆国立公園(神奈川、静岡、山梨、東京)

日本一の標高を誇る山「富士山」を含む国立公園です。首都圏に近いこともあり、日本の国立公園のなかで最も多くの人が訪れます。「富士山エリア」の他にも温泉で有名な「箱根エリア」、多くの漁港があり新鮮な魚介類や温泉が楽しめる「伊豆半島エリア」、ダイビングスポットとして人気の「伊豆諸島エリア」など、大きく4つのエリアに分かれており、火山活動に由来する山・湖・島などの自然が国立公園として指定されています。それぞれのエリアで特徴的な景観やレジャーが楽しめます。


1.富士箱根伊豆国立公園(神奈川、静岡、山梨、東京)

2.支笏洞爺国立公園(北海道)

北海道の南西部にある「支笏洞爺国立公園」は、湖と火山、温泉が多くある国立公園で、新千歳空港や札幌からアクセスが良いということもあって、観光スポットとして人気。支笏湖・洞爺湖という2つのカルデラ湖や、羊蹄山や有珠山といった活火山を有し、さまざまな火山地形や火山活動を見ることができる公園です。火山の噴火によってできた美しい景観の中、ハイキングや登山が楽しめます。自然を楽しんだ後は、日本有数の温泉地として有名な「登別温泉」で疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。


2.支笏洞爺国立公園(北海道)

3.中部山岳国立公園(新潟、富山、長野、岐阜)

日本で登山に挑戦したいなら、「中部山岳国立公園」がおすすめ。標高3,000m級の山々が連なる、日本を代表する山岳公園です。難易度高めな本格的な登山からハイキングまで、さまざまなルートが用意されていますので、ぜひその美しい山岳景観を満喫してください。また、公園内の富山県東部にある高さ186mの「黒部ダム」は、国内最大級のスケールと迫力。非常に有名な観光スポットで、多くの人がトレッキングを楽しみながら訪れます。


3.中部山岳国立公園(新潟、富山、長野、岐阜)

4.阿蘇くじゅう国立公園(熊本、大分)

九州の中央に位置する「阿蘇くじゅう国立公園」は阿蘇山と九州本土最高峰の中岳を有する九重山を中心とする国立公園です。見どころは、なんといっても世界最大級のカルデラ地形を形成している「阿蘇山」。観光客が徒歩やロープウェイ、車などで火山の火口を見学できる、世界でも珍しい活火山です。
※常時火山ガスが発生しているので、ガスの濃度によっては立ち入りを規制する場合があります。呼吸器系の弱い方はご注意ください。


4.阿蘇くじゅう国立公園(熊本、大分)

5.知床国立公園(北海道)

世界自然遺産に登録された、原生的な自然が残っている国立公園です。知床半島中央部から知床岬までの周辺海域を含むエリアが国立公園として指定されていて、豊かな原生林と北の海には、絶滅危惧種の希少な動物が生息しています。なかでも原生林に点在する五つの湖「知床五湖」は年間約50万人が訪れる人気の観光スポット。実際に歩くことで身近に豊かな自然と湖の景色を楽しむことができる2つのルートが用意されています。季節によりルートの利用方法・条件が変わりますので、事前に調べてから訪問するのが良いでしょう。


5.知床国立公園(北海道)

6.小笠原国立公園(東京)

東京の南に位置する「小笠原国立公園」は亜熱帯地域に属しています。小笠原諸島は大陸と陸続きになったことがなく、本土とは異なる固有の生態系が築かれているため「東洋のガラパゴス」と呼ばれることもあります。東京から船で行くのが唯一の交通手段。東京からは約1,000km離れているので丸1日以上かかりますが、世界でも小笠原諸島にしか生息しない動植物を巡るガイドツアーに参加したり、マリンスポーツを楽しんだりと、ここでしかできない体験をすることができます。


6.小笠原国立公園(東京)

7.日光国立公園(栃木、群馬、福島)

「日光国立公園」は、火山帯に属する山岳地で、火山活動によってできた滝や湖、紅葉の名所として知られる竜王峡など、見どころ満載。多くの温泉があり、温泉地としても有名です。日本は古くから山岳信仰(山を神聖視して崇拝する)が盛んでしたが、この日光国立公園にある「男体山」も信仰対象の山として知られています。そしてなんといっても、日光東照宮をはじめとする世界遺産に登録された社寺は欠かせない観光スポット。美しい自然の中、豪華絢爛ながらも厳かな雰囲気のある社寺がたたずむ景観は必見です。


7.日光国立公園(栃木、群馬、福島)

8.伊勢志摩国立公園(三重)

志摩半島一帯からなる「伊勢志摩国立公園」は、深い入り江や入り組んだ海岸線と、大小の島々が公園の見どころ。おすすめは「横山展望台」から一望できる英虞湾の景観です。また、この英虞湾は真珠の養殖が盛んなことでも知られているので、伊勢志摩のお土産には真珠を使ったジュエリーはいかがでしょうか。このエリアには2000年の歴史をもち、日本で一番格式が高いといわれる神社「伊勢神宮」もあるので、機会があればぜひ参拝してください。


8.伊勢志摩国立公園(三重)

9.瀬戸内海国立公園(瀬戸内海周辺)


1934年、日本で最初に国立公園として指定された「瀬戸内海国立公園」。このエリアは、日本最大級の内海である瀬戸内海を中心に、大阪府・和歌山県・兵庫県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・福岡県・大分県の1府10県にまたがっており、魅力もさまざま。陸域・海域を含めると日本一広大な国立公園です。島々に点在する自然海浜、段々畑、港の町並みなど、自然と人文景観が一体となった眺めは、瀬戸内海独特の趣を感じさせてくれます。1,000にも及ぶ大小の島を有しており、特に大きな「淡路島」や「小豆島」は観光地としても知られています。近年人気が高い「直島」は、島がまるごとアートスポットになっていることで注目を集めています。


9.瀬戸内海国立公園(瀬戸内海周辺)

10.慶良間諸島国立公園(沖縄)

美しい海やサンゴ礁を堪能するなら「慶良間諸島国立公園」内の島々を訪れてみてください。沖縄観光から足を延ばす人が多い人気の離島「座間味島」や「渡嘉敷島」の両島をはじめとする慶良間諸島および周囲のサンゴ礁を含む海域からなる国立公園です。“ケラマブルー”と呼ばれる透明度の高い海が広がる、世界有数のダイビングスポットです。時期によっては、クジラを間近で見られるホエールウォッチングツアーにも参加できます。


10.慶良間諸島国立公園(沖縄)

国立公園は定められた区域がとても広く、見どころは多岐にわたります。何を楽しみたいか、公園のどのエリアに行きたいかをよく吟味して、観光計画に加えてみてくださいね。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!