close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

売り切れる前に即ゲット!ローソンの新作&人気「おにぎり」一挙紹介!

日本人にとってソウルフードともいえる「おにぎり」。最近はコンビニエンスストアでもたくさんの種類のおにぎりが発売され話題となっています。今回は、バリエーションが豊富な「ローソン」のおすすめおにぎりをピックアップしてご紹介します!

ローソンについて

「ローソン」は日本各地に展開するコンビニエンスストアです。青地に白のミルク缶の看板は、街を歩いていると頻繁に目にするのではないでしょうか。ローソンはアメリカの牛乳販売店を元にしてスタートし、1975年には日用品も販売するコンビニエンスストアとして日本に1号店をオープンしました。ロゴのミルク缶はローソンの出発点を表していたんですね。そんなローソンも日本全国で約15,000店舗に増え、今では私たちの生活になくてはならない存在になっているのです。

ローソンについて

1. にゃんこめし チーズ

かわいいねこの後ろ姿のパッケージが印象的な「にゃんこめし チーズ」。「にゃんこめし」とは「ねこのご飯」という意味。でも決してねこの餌をおにぎりにしたわけではありません。日本では、鰹節や魚、みそ汁など様々な具を混ぜたりかけたりして作った簡単な混ぜご飯を「にゃんこめし」と呼んでいるのです。ご飯と鰹節などの具の味が程よく混ざり合って人気のあるメニューなんですよ。こちらの商品はそれをおにぎりで再現したもの。ご飯に白ごまを混ぜ込み、鰹節をまぶしたおにぎりの中にはなんとチーズが入っています!
そのまま食べても良いのですが、一度レンジで温めると中のチーズがトロッととろけておいしさ倍増!鰹節との相性の良さを発揮して、病みつきになるおいしさに!ぜひ温めてお召し上がりください!

価格:145円(税込)

1. にゃんこめし チーズ

2. 金しゃりおにぎり とろさば味噌漬焼

お米にこだわって開発された「金しゃりおにぎりシリーズ」(しゃり:炊いた白いご飯のこと)。この秋新発売の「金しゃりおにぎり とろさば味噌漬焼」は、脂ののった金華さばをぜいたくに使用したおにぎり。「金華さば」とは、宮城県石巻周辺の漁場”金華山沖”でとれた、脂ののった大型のさばのことで、「幻のさば」とも言われるブランド魚です。
味噌と塩こうじ(こうじ:米や麦などの穀物に食品を発酵させる菌を繁殖させたもの)に漬け込んで香ばしく焼き上げられた金華さばのうま味をお楽しみください。

価格:198円(税込)

2. 金しゃりおにぎり とろさば味噌漬焼

3. 悪魔のおにぎり

ローソンのおすすめおにぎりといえばこれは外せない!その名も「悪魔のおにぎり」。
天かす(天ぷらを揚げるときにでる揚げカス)・天つゆ・青のり・あおさの組み合わせの混ぜご飯、具として加えられた天つゆ和えの天かすが醸し出すうま味のハーモニーで、一口食べたらもう止まらない。カロリーや体重を気にする人にとってはまさに悪魔的なおにぎりです。 現在発売1周年となり、具の配合量を増やしてコクが増した記念限定商品が販売されています。ぜひ、食べてみてくださいね!

参考価格:110円(税込)

4. 麺屋一燈監修 煮玉子おにぎり

「麺屋一燈監修 煮玉子おにぎり」はラーメンの名店「麵屋一燈」とのコラボ商品のひとつ。鶏白湯、豚白湯、魚介のだしがきいたスープで炊き込んだご飯に煮卵をのせ、店舗で人気の「えび風味辛みだれ」をトッピング。人気店のラーメンがそのままおにぎりになったような一品です。ちなみに「麵屋一燈」とのコラボ商品はおにぎり以外にもミニラーメンなどがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

参考価格:180円(税込)
※関東エリアのローソンのみの取り扱いとなります

4. 麺屋一燈監修 煮玉子おにぎり

5. 富山ブラックラーメン風おにぎり

日本各地のご当地グルメや食材をおにぎりにした「ご当地もんにぎり」として発売された「富山ブラックラーメン風おにぎり」もおすすめおにぎりのひとつ。富山県のご当地グルメ「ブラックラーメン」をもとに作られただけに、見た目が黒い!この黒さは「竹炭」を配合することで実現できたそうです。ローソンのこだわりが伝わりますね!鶏がらスープ等で炊いたご飯と、焼豚、メンマ、ネギの混ぜご飯にコショウが程よく効いて食べ応え抜群ですよ。

参考価格:140円(税込)

5. 富山ブラックラーメン風おにぎり

ローソンで今おすすめのおにぎりをご紹介しました!気になる商品があったらぜひお店に行ってチェックしてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!