close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【編集者厳選】一番美味しい市販の鍋の素はコレだ!おすすめ5選をご紹介!

野菜たっぷりヘルシーで、みんなで楽しみながら食べることができる鍋料理は、季節を問わず人気の和食。スーパーへ行けばいろんな種類の鍋の素が手に入ります。今回は、編集者が厳選した鍋の素おすすめ5選を紹介します!

1. 鍋キューブ(R) 鶏だし・うま塩(味の素)

「鍋キューブ(R) 鶏だし・うま塩」はキューブ1個が1人前の鍋の素。このキューブが8個入っているので、1人鍋から大人数で囲む鍋まで幅広く対応できる優れもの!さらにキューブを入れる個数によって味の濃さも調整でき、アレンジ自由なところもうれしいですね。風味豊かな鶏だしと、その味わいを最大限引き立てる塩味ベースで仕上げてあります。塩味が素材の味わいも引き立ててくれるので、野菜もどんどん食べられる、体にもおなかにもうれしい一品です。

1. 鍋キューブ(R) 鶏だし・うま塩(味の素)

2. 赤から鍋スティック(イチビキ)

名古屋赤みそと赤唐辛子をブレンドした「赤から鍋」。辛さの段階で番号がついており、一番辛くないものは「1番」、番号が大きくなるにつれて辛さが増します。辛くて辛くて、涙が出る…だけどこれが不思議と病みつきになるんです。でも「私は辛いのは苦手」という方も大丈夫!「赤から鍋スティック」は、付属のスティックとたれを調節して辛さをカスタマイズできるのが最大の特徴。辛みたれなしで作れば辛さが苦手な方でも美味しく食べられる「1番」。「激辛大好き!」という方はスティック1本と辛みたれ2袋追加の「7番」はいかがでしょうか。 ぜひ自分にぴったりの辛さを探してみてくださいね。

2. 赤から鍋スティック(イチビキ)

3. プチッと鍋 ちゃんこ鍋(エバラ食品)

「プチッと鍋 ちゃんこ鍋」は小分けされたカップに入ったポーションタイプの鍋の素です。1個が1人前で、人数によって使う量を調節できます。コク深い丸鶏をベースにしたスープは、かつおと北海道産昆布のうまみが効いていて病みつきになる味わい。さらに、公式ウェブサイトには本品を使ったアレンジレシピが掲載されていて、鍋に限らず毎日のおかずのバリエーションまで広げてくれる頼れる存在です。

3. プチッと鍋 ちゃんこ鍋(エバラ食品)

4. 甘熟トマト鍋スープ(カゴメ)

トマトの濃厚スープが美味しい「甘熟トマト鍋スープ」は、たっぷりのトマトと3種類のチーズに魚介だしを加えた、コクとうまみたっぷりの鍋の素。キャベツなどの野菜との相性もバッチリで、野菜嫌いのお子さんでももりもり食べられます!残ったスープでオムライス、ナポリタンをつくったりと鍋の後もう一度楽しめるおすすめの商品です。

4. 甘熟トマト鍋スープ(カゴメ)

5. 〆(シメ)まで美味しい 焼あごだし鍋つゆ(ミツカン)

「〆(シメ)まで美味しい 焼あごだし鍋つゆ」は、焼きあごを中心に、かつお、にぼし、さば、鶏がら、しいたけ、昆布の計7種類のだしをブレンドするなど、日本の代表的なだしを総動員してつくられたようなこだわりの逸品。ちなみに「あご」とはトビウオのこと。これを乾燥させてとるだしを「あごだし」といい、だしの中でも高級品に位置づけられます。あっさりとしたなかにも魚介のコクがしっかりでていて、まさに和の文化を鍋で体感できる一品です。

5. 〆(シメ)まで美味しい 焼あごだし鍋つゆ(ミツカン)

今回は編集者が厳選した鍋の素をご紹介しました。最近ではキューブタイプやポーションタイプなどアレンジしやすく使いやすいものがたくさん発売されています。もちろん味の種類も豊富!ぜひいろんな味を試してみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!