WOW! JAPAN

その他エリア

ショッピング

日本で買うべきおすすめヘアードライヤー4選

2016.03.24

Writer name : Mayuka Ueno

もともとは濡れた髪の毛を乾かすために作られたドライヤーですが、現在では色々な機能を持った商品が販売されています。今回は日本の家電量販店などで買える機能性の良いヘアードライヤーを4つご紹介します。

1. パナソニック マイナスイオン ZIGZAG イオニティ(マイナスイオンで髪が潤う、静音タイプ)


髪に良いとされるマイナスイオンのドライヤーは日本でも根強く支持されていますが、パナソニック「海外対応マイナスイオンドライヤー ZIGZAG イオニティ EH5206P」(オープン価格)は、海外対応のマイナスイオンドライヤー。ターボ付きで毛先までしっかりマイナスイオンを届けてくれるのはもちろん、折りたためて軽量・ミニサイズなのもおすすめポイント。100~120V、200~240Vの切り替えスイッチ付きで変換プラグさえあれば変圧器なしですぐに使えますよ。



1. パナソニック マイナスイオン ZIGZAG イオニティ(マイナスイオンで髪が潤う、静音タイプ)

2. パナソニック ナノケア(乾かしながらトリートメントできる「ナノイー」対応)

髪を乾かしながらヘアケアもできるドライヤーは日本でも多数販売されていますが、その中でも人気が高いのがパナソニックのナノケア。マイナスイオンの約1000倍以上の水分量をもつ独自の「ナノイー」で、髪をブローしながらダメージを抑制し、頭皮ケア、静電気の抑制もしてくれるんです。その効果を実感できるのがこちらの「ナノケアEH-NA57」(オープン価格)。パナソニック独自の速乾ノズルが強弱のある風を送り出すので、毛束がほぐれやすくなり、濡れた髪の毛を素早く乾燥させることが出来ます。電圧切り替えスイッチ付なのでもちろん海外でも使えますよ。



2. パナソニック ナノケア(乾かしながらトリートメントできる「ナノイー」対応)

3. パナソニック くるくるドライヤー ZIGZAG (ロールの太さが変わるブラシとワイドブローブラシの2本)

同じくパナソニックの「くるくるドライヤー ZIGZAG EH-KA60」(オープン価格)はブラシ付きのブロー用ドライヤー。毛先まで引っ張りながらブローできる「ワイドブローブラシ」と、ロールの太さが変わる「フリーロールブラシ」の2本のブラシが付属しているので、カールの強さを自在に調節することが出来ます。ブラシ付きなら旅行中も荷物がかさばることがないので助かりますね。電圧切り替え操作も簡単にできるので、自国でも安心して使えますよ。



3. パナソニック くるくるドライヤー ZIGZAG (ロールの太さが変わるブラシとワイドブローブラシの2本)

4. テスコム ビューティーコラーゲンドライヤーTCDF40

テスコムは、パナソニックと並ぶ日本でもっとも有名なドライヤーメーカーです。特に業務用のヘアドライヤーは、耐久性、安全性に優れ、美容業界でのトップシェアを誇っています。そのテスコムが海外向けに開発した商品が「ビューティーコラーゲンドライヤーTCDF40」です。本体上部のボックス内に入っているコラーゲン成分と、マイナスイオンが髪表面を包み込み、髪に艶と潤いを与えてくれます。使い続けることにより、地肌の健康が促進され、紫外線のダメージを受けにくくなります。また、髪の状態や、天候によって潤い加減を選べるのも魅力的。AC220-240V 50/60Hz対応なので海外ですぐに使えるのも嬉しいですね。


copyright © TESCOM & Co., Ltd. All Rights Reserved.


4. テスコム ビューティーコラーゲンドライヤーTCDF40

いかがでしたか?日本のドライヤーは高機能で使いやすいものが多く迷ってしまいますよね。ドライヤーは毎日毛髪や頭皮に触れるものなので、自分に合った良い物を選べば、きれいな髪を手に入れる近道にもなりますよ。

※本記事の価格等の情報は最新の情報とは異なる可能性があるのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!