WOW! JAPAN

その他

ショッピング

日本で買うべきおすすめお土産7選

2015.12.25

Writer name : ebisu_day

旅の醍醐味のひとつが、お土産選び。帰国して喜ばれるお土産はコレで決まり!お土産専門店で選ぶのもいいけれど、迷ったら100円ショップで買うのもおすすめ。日本ならではのお土産を選びましょう。

実用性重視ならこれ!

1. おはし

浮世絵やサクラの絵が描かれたものなど、日本らしさが感じられるお土産として人気の箸。箸置きがセットになったもの、食洗機対応のものなど、種類も豊富です。また、実用性もさることながら、キレイな柄のものであればカンザシ(髪飾り)代わりに使えるので、女性向けのファッションアイテムとしても喜ばれるかも。

安いものであれば100円ショップで売られているようなものから、高いものだと1万円以上もする高級材質を使った芸術品のようなものもあります。100円ショップやお土産店、デパートなどで買うことができます。


PaylessImages/123RF

2.ティッシュペーパー

日本のティッシュは、紙質もよくしっとりしていてグレードが高いことで知られています。ボックスティッシュはかさばるので、コンビニや100円ショップなどでも購入できるポケットティッシュがお土産に最適。もしキャラクターグッズが好きな人にあげるのであれば、ハローキティなどのキャラクターの絵が描かれたものが喜ばれるかも。街頭で配っている無料のポケットティッシュもお土産として珍しいのでおススメです!

3.文房具

ボールペンやシャーペンをはじめ、日本の文房具は使いやすく質が良いとお土産品としても評判です。書いた文字を消せるボールペン(200円程度)や針のないホチキス(400円~2000円程度)など、一味違ったユニークな文房具がお土産におすすめ。もし名入れサービスがあれば、送る相手の名前をプリントしてもらいましょう。よりいっそうステキなお土産になりますよ。

ITOYAなどの文房具専門店、東急ハンズ、デパートなどで買うことができます。

書いた文字を消せるボールペン「フリクション」

インパクト重視ならこれ!

4.食品サンプルのマグネットやキーホルダー

日本のカフェやレストランでは、「食品サンプル」という料理の模型を店頭や店内で展示しているお店があります。この食品サンプルは、日本の職人が手掛ける繊細な細工で本物そっくりに作られており、お土産品としてもお土産屋などで買うこともできますし、東京の合羽橋には食品サンプルの専門店も複数あります。かわいらしいお菓子やケーキをモチーフにしたものや、天ぷら、ラーメンなど種類も豊富。価格は数百円から数千円のものまであります。

お寿司のサンプルなら、事前に相手の好きなネタをリサーチして買っていけばきっと喜ばれるはず!マグネットやキーホルダーなどミニチュアサイズもありますよ。

5.お菓子

日本のお菓子は種類や味が豊富で、日本ならではの珍しいものも多いです。和菓子だけではなく、地元のスーパーやコンビニ、100円ショップなどで手に入る大衆向けのスナック菓子もお土産としておススメです。お酒を飲むのが好きな人になら、しょっぱい系のお菓子(プリッツ、カールなど)や辛い物系のお菓子(カラムーチョ、ワサビ味のポテトチップスなど)を。甘いものが好きな人になら、チョコレートやバターなどを使用したお菓子(ポッキーやきのこの山など)がおすすめです。価格は100円~300円程度です。
日本のお菓子は大袋ではなく個包装で分けやすいのも人気の理由のひとつです。

伝統重視ならこれ!

6.浴衣

簡単に着られて日本気分を味わえる浴衣。浴衣は着物の一種で、主に薄手の木綿生地で作られており、寝間着や夏の遊び着として着用します。一方で、着物は木綿やウール、絹など素材は様々で、お正月や結構式などフォーマルな場で着用します。

着物は着付けも購入も少しハードルが高いですが、浴衣はさらっと着られ、値段もそこまで高くないためお土産としておススメです。男性向けであれば甚平という同じく簡単に着れる和装もあります。下駄だと足指が痛くなってしまうこともあるため、帯や草履がセットになっているものを選ぶといいでしょう。価格は、最近では数千円でセット販売しているものもあれば、一式揃えると数万円するものもあります。

日本の若い人向けの現代的な柄よりも、日本の伝統を感じられる柄の浴衣がおすすめ。

7.手ぬぐい

手ぬぐいは、昔からハンカチやタオルのような用途で使われてきた平織りの布で日本伝統のもの。薄くて軽いので持ち歩いてもかさばらず、ちょっとしたものを包むにも適しています。伝統的な和柄はもちろん、富士山やサクラ、動物や食べ物を描いたものなど、渋い色味から明るいポップなデザインまでさまざま。相手の好みに合わせた柄を選ぶ楽しみもありますよ。額に入れて壁に飾ってインテリアとして楽しむこともできます。

価格は1000円程度のものから数万円のものもあります。手ぬぐい専門店はもちろん、空港などのお土産屋店などでも買うことができます。

額に入れて飾られた手ぬぐい。

日本の旅でのステキなお土産は見つかりましたか?家族や友人へのお土産はもちろん、自分へのお土産も一緒に選んでみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!