WOW! JAPAN

その他

グルメ

戸越銀座商店街の食べ歩きにおすすめのお店5選

2016.07.28

Writer name : o-dat

東京で一番長い商店街といえば、戸越銀座商店街です。1.3kmの商店街にたくさんのグルメが集結!食べ歩きにピッタリな美味しいグルメがある、今、注目のお店5選をご紹介します。

1. かたばみ精肉店

「かたばみ精肉店」は地域の人に愛される精肉店。「ポテトコロッケ(90円(税込))」が絶品と評判のお店です。日本の商店街にある精肉店などでは、肉だけではなく惣菜を買うことができ、なかでも「ポテトコロッケ」は人気の商品。「ポテトコロッケ」は、ゆでてつぶしたジャガイモの中にひき肉などをまぜて丸め、パン粉をつけて油で揚げた日本の家庭料理の定番です。ここの「ポテトコロッケ」はサクサクっとした衣のなかにとろけそうなほど柔らかいポテトが特徴。ちょっと甘みがあって、じゃがいも本来の旨みが凝縮され、一度食べればクセになる美味しさですよ!ソースをかけるかお店の人が聞いてくれます。味が濃いめが好みの方はソースをかけてもらって、さっぱりと食べたい方はソースをかけずにアツアツをそのままいただきましょう!揚げたてを食べる時は、口の中をやけどしないように気を付けてくださいね!




1. かたばみ精肉店


戸越銀座商店街公式ホームページ(日本語のみ)

2. 後藤蒲鉾店

次にご紹介するのは、「練り製品」を主に取り扱っている「後藤蒲鉾店」です。白身魚のすり身を蒸す、焼く、茹でる、揚げる等したものは「練り製品」と呼ばれ、そのまま食べる他に、さまざまな和食や「おでん」の材料として使われます。「おでん」は「練り製品」と大根や玉子、じゃがいもなどの食材を、鰹節と昆布を煮出し醤油などの調味料で味付けしたスープで煮る料理です。「練り製品」は痛みやすいのでお土産には適しません。こちらでぜひ試していただきたいのは、店頭で調理販売している「おでん」です。約40種の具材から好みのものをチョイスして食べることができ、価格は80円からととてもリーズナブルなので気軽に試してみましょう。イートインスペースもあるので、腰を据えてお酒と一緒に楽しむものオススメです。また、「おでん」の具材が中に入った「おでんコロッケ(70円(税込))」もよくTVで取り上げられている人気メニューなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!



おでんコロッケ


2. 後藤蒲鉾店


公式ホームページ(日本語のみ)

3. 焼鳥エビス

戸越銀座商店街の焼鳥屋といえばここ「焼鳥エビス」。店頭で焼鳥を焼いていて活気があり、戸越銀座商店街らしい雰囲気を感じられるお店。メニューは、鶏肉と長ネギのコラボが美味しい「とりねぎ」や、鶏肉のひき肉を団子状にした「つくね」、鶏のレバー使う「とりレバ」などの焼鳥が120円から。ちょっと甘めの秘伝のタレが焼き加減抜群の鶏肉とマッチします。焼き立てをテイクアウトして食べ歩くのも良いですが、もし空いていればイートインスペースで休憩を兼ねて焼鳥を食べてみてはいかがでしょうか。ビールや日本酒、ワインなどちょっとしたドリンクメニューがあるので、気軽に居酒屋気分を味わえます。店内はオープンなスペースなので、商店街の賑わいを感じながら焼鳥を楽しむことができますよ!人気店で土日は少し混雑しますが、ぜひ訪れてみてくださいね!




3. 焼鳥エビス


戸越銀座商店街公式ホームページ(日本語のみ)

4. 中津 唐揚げ渓

鶏の唐揚げ専門店「中津 唐揚げ渓」。さまざまなメディアに取り上げられる実力店で、土日は行列ができるほど。「骨なしモモ(100g260円(税込))」や、タルタルソースが唐揚げにかけられた「タルタルからあげ(1人前4個500円(税込))」「砂肝からあげ(1人前6個230円(税込))」など、豊富なメニューが揃います。なかでも人気メニューの「骨なしモモ」は、量り売りなので少量を買うことができるのが嬉しいですね!唐揚げのサイズは大きく、下味のタレが染み込んだ肉がジューシーで絶品です。外の衣もサクッとしていて、ヤミツキになること間違いなし!唐揚げをお腹いっぱい堪能したいという方には、モモ肉と手羽先、砂肝のからあげがセットになったボリューム満点「金の唐箱(950円(税込))」にトライしてはいかがでしょうか?




4. 中津 唐揚げ渓


戸越銀座商店街公式ホームページ(日本語のみ)

5. フロレスタ

「フロレスタ」は全国展開しているドーナツ店。コンセプトは「体にやさしくおいしいドーナツ」で、できるだけ自然で添加物を含まないこだわりの素材を使用し、お店で一つひとつ丁寧に手作りしているのが特徴。定番のドーナツから季節限定フレーバー、かわいい動物のドーナツなど、多彩なドーナツがあるのが魅力です。メニューは、シンプルなドーナツ「ネイチャー(130円)」のほか、「オーガニックシナモン(150円)」「チョコレート(160円)」「アールグレイ(160円)」など。そのほか、ネコやウサギを模した「どうぶつドーナツ」(300円前後)が「かわいくて食べられない!」と人気で売り切れてしまうことも。サクサクとしたドーナツはさっぱりとしているので、多めに購入してもペロリと食べられてしまいますよ。食後のデザートにぜひどうぞ!




5. フロレスタ


公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?日本では、通常は食べ歩きはお行儀が悪いことととされていますが、お祭りや、店頭に食べ歩き用の食品を売っているところ、食べ歩きを推奨している商店街などでは特別に楽しむことができます。「ゴミはポイ捨てしない」などのマナーを守って、食べ歩きグルメを楽しんでくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事