WOW! JAPAN

その他エリア

グルメ

安くて美味しい。セルフ系うどんチェーン店5選

2016.04.28

Writer name : Mayuka Ueno

日本のファストフードであり、庶民的な和食の定番であるうどん。全国にチェーン展開するうどん店の中でも、セルフサービスで好きな具材を選べるお店が人気を集めています。今回はそんなうどんチェーン店の中から5店ご紹介します。

1. 丸亀製麺

セルフ系うどんチェーンの中でも全47都道府県に約780店という圧倒的店舗数を誇る丸亀製麺。その人気の理由は全店舗に設置された製麺機による自家製麺で、打ち立てを味わえることです。添加物を一切使わず、北海道産小麦と塩、水だけで作られる麺は、コシがあって食べごたえ抜群。季節やその土地の気候に合わせて配合や温度を微妙に変えたりと徹底して管理され、つねに茹でたてを提供することにもこだわっています。そして、うどんだけでなく是非食べていただきたいのがトッピングで選べる天ぷら。うどんを注文するほとんどの人が取るというほど人気の理由は、これも「揚げたて」であるということ。常時約10種類の天ぷらが並び、特に人気なのは野菜かき揚げやかしわ(鶏)天、ちくわ天など。季節や地域限定の天ぷらもあります。全ての天ぷらはうどんにのせて食べる際、出汁に浸ってもおいしさが増すように、天ぷらの衣が少し固く、厚めになっています。まずはそのままサクサクした食感を楽しみ、うどんに浸して天ぷらのじゅわっとしたジューシーな食感を味わうのもおススメです。また、価格はうどんのサイズや種類によっても異なりますが300円~500円前後、天ぷらは100円前後です。ネギやショウガなどのトッピングは無料なので、お好みで調節しましょう。



公式ホームページ

2. はなまるうどん

健康志向なセルフ系うどんといえばはなまるうどん。うどんの本場、香川県の「讃岐うどん」をコンセプトに独特のコシと生麺にこだわり、讃岐うどんの出汁に欠かせない「いりこ」をふんだんに使用したつゆも特徴です。さて、何が健康志向かというと麺1玉にレタス1個分の食物繊維を含む、独自開発された麺を使っていること。本格的な讃岐うどんの味はそのままに、よりヘルシーにうどんを楽しむことができるんです。また、トッピングの天ぷらにも健康志向へのこだわりが。衣に米粉をブレンドし、独自の調理方法でカロリーを普通の天ぷらの約1/3カット、油吸収率を47%カットしたというヘルシーさは特に女性から大好評です。うどんメニューにもサラダうどんなど野菜を豊富に使った品がある一方、ガッツリ食べたいという方には塩豚温玉ぶっかけや牛肉温玉ぶっかけというボリューミーなものもあります。また、天ぷら以外にもカレーや塩豚丼といったサイドメニューが充実しているので、ヘルシーにうどんを楽しみたい人もお腹いっぱい食べたい人も、どんな人にも対応したメニューが豊富なうどんチェーンです。価格はうどんの量や種類によって異なりますが、300円~600円前後、天ぷらは100円前後、丼ものは400円前後となっています。また、うどんと丼もののセットメニューもあり、こちらは600円前後です。



公式ホームページ

3. 楽釜製麺所

主に東京を中心にチェーン展開している楽釜製麺所。国産小麦粉で作った自家製麺の打ち立て、茹で立てにこだわり、トッピングや薬味に使用する野菜、卵も品質にこだわった国産品を使用しているのが特徴です。名物は「釜揚げうどん」。大釜で湯たったうどんをそのまま桶に掬い、つゆにつけて食べます。もっちりしたうどんのノドごしは、釜揚げうどんならではのうどんそのものの味を楽しめておすすめ。また、楽釜製麺所の人気うどんのひとつ、カレーうどんもおすすめです。和風の出汁を効かせたカレーとうどんをからめて食べると、スパイスが効きつつもまろやかなカレーの風味とうどんがマッチしてやみつきになります。もちろんトッピングの天ぷら類も豊富なので、のせても別々に食べてもいいですね。価格はうどんの量や種類によって異なりますが、300円~600円前後、天ぷらは100円前後となっています。



公式ホームページ(日本語のみ)

4. つるまる饂飩

あっさりとした関西風の出汁と細麺にこだわっているのが「つるまる饂飩」。麺は国内産小麦を使用し、店内で毎日製麺されています。出汁は鰹、煮干し、昆布を使用し、コクがありながらもさっぱり味わえるつゆになっているのが特徴。やや細めに切られたうどんとの相性も抜群です。そんなあっさり味のうどんだからこそ天ぷらなどのトッピングで楽しむのもいいのですが、つるまるうどんは季節ごとに限定メニューが出るのもおススメしたいポイント。たとえばこの春は「鶏ゆず胡椒うどん」、「菜の花かき揚げ」、「たけのこ天」、「五穀梅しそおむすび」など。ちょっと変わった、でも日本らしいうどんを楽しみたい人にピッタリのチェーン店です。そして価格は他店よりも少し安めなのもウリのひとつ。うどんは200円~400円前後、天ぷらは100円前後となっています。



公式ホームページ(日本語のみ)

5. 麦まる

コシの強い讃岐うどんの食感にこだわり、店内で小麦粉から製麺したうどんを打ち立て、茹で立てで食べられるのが「麦まる」です。太めでモチモチした食感が食べごたえ抜群と人気なのはもちろん、常時13種類前後の豊富な天ぷらトッピングがあるのも魅力。そして、通常セルフ系うどんチェーンではつゆは店員が入れた状態で提供してくれますが、麦まるではつゆもセルフで入れるのがおもしろいところ(ざるうどん、釜揚げうどんの場合はつゆ不要です)。揚げ玉、ネギ、生姜の薬味は入れ放題なので、つゆとのバランスを見ながらお好みで楽しめます。また、うどん屋ならではの和風なカレーライスとうどんセットも人気。もちろんカレーうどんもあります。価格はうどん300円~500円前後、天ぷらは100円前後となっています。また、毎月6のつく日は割引などのサービスがあるので、混雑覚悟ですがタイミングがあえば是非行くことをおススメします!



公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?早くて安くておいしい、しかも自分好みにカスタマイズできるのが何より魅力のうどんチェーン。時間がないけれど日本ならではの味を楽しみたいとき、是非立ち寄ってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!