WOW! JAPAN

その他エリア

グルメ

食のアミューズメントパーク☆安くて楽しい回転寿司7選

2016.04.14

Writer name : beauty_mom

回転寿司は、レーンの上を流れる寿司を食べたいだけとって支払うシステムで、皿の色で値段がわかるようになっています。流れてくる寿司を目の前で見たら、あれもこれも食べたくなりますよ。

1. かっぱ寿司(全国約330店舗)

「かっぱ寿司」は、店舗数業界第4位の大手回転寿司チェーンです。食べたいお寿司がレーンに流れていないときは、タッチパネルで注文します。すると、注文した寿司や商品が、回転レーンの2階部分にある「新幹線レーン」でスピーディに運ばれてきます。新幹線がお寿司を運んでくる様子に子供も大人も大喜び。通常レーンを流れるお寿司よりも速く“走り”、お客様の席でピタッと“停車”し、出来立てをすぐ食べられます。お寿司をとった後は、忘れずにボタンを押しましょう。新幹線が戻っていきますよ。うどんや、フライドポテトなどサイドメニューもありますので、生ものが苦手な方も大丈夫。一皿108円(税込)が中心の価格設定です。


1. かっぱ寿司(全国約330店舗)


公式ホームページ

2. 無添 くら寿司(全国約370店舗)

「無添 くら寿司」は、添加物を使わない「無添」寿司が自慢。テーブル席では、食べたお皿を入れるポストがついていて、5皿入れるごとにタッチパネル上で”びっくらポン!”の抽選が始まります。カプセルに入ったおまけの景品が当たりますよ!楽しくてついつい、5皿単位で食べてしまうでしょう。また、このお店のこだわりは空気中のホコリなどに触れないよう、寿司を一皿ごとにカプセルで覆って回転レーンへ流していること。なれれば簡単なのですが、最初は取り方をスタッフに教えてもらいましょう。お寿司以外にも、天丼(衣をつけて揚げた野菜や魚をご飯にのせたもの)、ラーメン、カレーなどサイドメニューが充実しています。一皿100円から200円(税抜)が中心でリーズナブル。ぜひ利用してみてください!


2. 無添 くら寿司(全国約370店舗)


公式ホームページ

3. スシロー(全国約420店舗)

回転するお皿にICチップを付け、ネタ鮮度管理システムを世界で最初に取り入れた「スシロー」。例えば、まぐろは、350 m以上レーンを回ったら自動廃棄。長い時間レーンを回り時間がたったお寿司が流れていることはありません。新鮮なお寿司が食べられます。また、「こんなにうまくて、この価格なのか!」と驚かせるために、店内で調理することにこだわっています。実際に回転寿司チェーン店の顧客満足度で1位を獲得したこともあるほどその味は立証済み。「スシローの太鼓判」として毎月期間限定で一押しのお寿司を100円(税抜)から用意しています。ぜひ試してみてくださいね。


3. スシロー(全国約420店舗)


公式ホームページ(日本語のみ)

4. はま寿司(全国約380店舗)

「はま寿司」はほとんどの商品が1皿100円(税抜)で、なんと平日は90円(税抜)になるといううれしいサービスをしています(ネタによっては100円ではないものもあるので、90円のサービス対象外となる商品もあります)。寿司ネタにこだわっているのはもちろんですが、こちらでは、日本各地から集めた味の異なる「厳選醤油」を数種類用意しています。少しずつ味も風味も違うので、「イカが一番甘く感じる醤油は」なんて食べ比べてみるのも楽しいですよね。店内には、本日のおススメのネタが書いてあるのでぜひ参考にしてみて。野菜不足になりがちな寿司ですがサラダメニューや季節限定のデザートなどサイドメニューも充実しています。


4. はま寿司(全国約380店舗)


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 元気寿司(関東近郊約40店舗)

「元気寿司」は、おいしい旬のネタを取り揃え、 値ごろ感のある一皿100円(税抜)からのリーズナブルなお寿司が充実しています。回転寿司初心者におすすめしたいのは、大とろ、中とろ、まぐろが一貫づつ乘った「まぐろざんまい(320円(税抜)」。一度に三種類のまぐろを食べ比べられると人気です。また、季節によって、旬の魚を5貫セットにした「春味たべくらべ(450円(税抜)」など工夫をこらしたメニューはぜひ試してみて。「元気寿司」ではコンシェルジュサービスがあり、その日のお勧め商品の紹介や、注文など細かなサービスを提供しているのでぜひ利用してくださいね。


5. 元気寿司(関東近郊約40店舗)


公式ホームページ(日本語のみ)

6. がってん寿司(関東近郊約70店舗)

「がってんしょうち」(まかせとけ!の意味)の威勢のいい寿司職人の掛け声で店内はとても明るい雰囲気。食材の仕入れに力を入れ「市場直送」にこだわっていて、店舗によりメニューが若干違うんですよ。価格帯は、一皿200円前後からと少し高めですが、寿司はもちろん刺身やサザエのつぼ焼きなどそのメニューのクオリティは回転寿司の域を超えています。自慢のお寿司をレーンに流すときには、職人が楽しいトークで店内を盛り上げついつい食べ過ぎちゃうかも。さび抜きのお皿には、目印に旗をさしてくれるなど細かい配慮も好感が持てます。そんな職人たちが行う、目の前でマグロを解体し提供する”マグロ解体ショー”は大人気。目で見て、耳で楽しんで、舌で味わう、楽しい回転寿司です。
※マグロ解体ショーは開催時期が限られています。


6. がってん寿司(関東近郊約70店舗)


公式ホームページ(日本語のみ)

7. すし銚子丸(東京 埼玉 千葉 神奈川 約70店舗)

「すし銚子丸」は関東近郊にある回転寿司チェーン。千葉銚子港直送の食材を使用し、回転レーンの中心で寿司職人が魚をさばき、寿司を握ってくれます。”よりおいしく宣言”をうたっていて、炙り(寿司ネタの表面をバーナーで軽く炙る)、昆布塩、ごまだれなど醤油以外の寿司の食べ方を7種、追加料金なしで注文できます。ネタごとに、味付けを提案してくれるのでお店の人に聞きながら注文しましょう。こだわりの銚子港直送のネタは、店内のホワイトボードに毎日書かれていますので、要チェック。一皿130円(税抜)から580円(税抜)ほどで、少し高めのネタもあるクオリティの高い回転寿司です。


7. すし銚子丸(東京 埼玉 千葉 神奈川 約70店舗)


公式ホームページ(日本語のみ)

リーズナブルで、おいしい回転寿司は日本でも大人気。週末の夜はどの店舗もとても込み合うので、予約をするか時間をずらして来店するとゆっくり楽しめますよ。

※本記事の価格等の情報は最新の情報とは異なる可能性があるのでご注意ください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!