close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

家族で楽しめる!大阪のアミューズメントパーク6選

大阪には魅力的な観光スポットがたくさんあります。今回はベビーカーの方も、小さな子ども連れの方も必見です!大人も子どもも、うんと楽しめるアミューズメントパークを6つご紹介します。

1. 海遊館

世界でも屈指の大きさを誇る水族館で、館内のほとんどがスロープになっており、年齢を問わず楽しめます。8階建ての館内には、ジンベエザメが悠々と泳ぐ巨大水槽「太平洋」をはじめ、水槽ごとに違ったエリアの生き物たちの姿を見ることができます。またいろいろな生き物の「お食事タイム」も見学可。サメやエイに直接触れあえるコーナーもあり、大人も子どもも楽しく学ぶことができますよ。
アクセス:大阪市営地下鉄中央線「大阪港駅」より徒歩約5分。

1. 海遊館

大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

2. ニフレル

大阪万博跡地にある日本最大級の大型複合施設「EXPOCITY」内にある、『感性に触れる』というコンセプトで創られた、水族館・動物園・美術館の融合した新しい形のミュージアム。「うごき」ゾーンでは自由に動き回る動物がすぐそばで見られるなど、7つのゾーンそれぞれで、生命の神秘に触れることができます。館内のカフェでは数量限定の珍しい「食べる水(250円(税込))」も販売。ぜひ不思議な食感を味わってみてくださいね!
アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩2分。

「みずべ」ゾーンで見られる「スッポンモドキ」

「うごき」ゾーンで見られる「アナホリフクロウ」

2. ニフレル

大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内

3. 天王寺動物園

天王寺公園内にある、日本で3番目に長い歴史(1915年開園)をもつ動物園です。日本ではここでしか見られない「キーウィ」が夜行性動物舎におり、暗い照明になっているので、昼間でもその姿を見ることができます。また「アフリカサバンナゾーン」ではライオン、ジャガーなどの猛獣にもそれぞれに愛らしい名前がついており、思わず親近感を感じてしまうかも?
アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線「動物園前駅」より徒歩約5分。

3. 天王寺動物園

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108

4. レゴランド(R)・ディスカバリー・センター大阪

大型商業施設「天保山マーケットプレース」内にあり、子どもたちに人気の「レゴ(R)ブロック」を思う存分楽しめるスポットがこちら。なかでも人気なのが「レゴ(R)スタジオ4Dシネマ」。画面から飛び出す3D映像だけでなく、雨や風を体感できる4Dムービーは迫力満点!ほかにもレゴ(R)ブロックだけで作られた大阪城などを展示。ひと休みしたいときのカフェには、軽食や飲み物の他、レゴ(R)ブロックの形のランチボックスも販売しており、食べた後は持ち帰れるので、お土産にもなりますよ。
アクセス:大阪市営地下鉄中央線「大阪港駅」より徒歩5分。

4. レゴランド(R)・ディスカバリー・センター大阪

大阪府大阪市港区海岸通1-1-10 天保山マーケットプレース3F

5. インスタントラーメン発明記念館

インスタントラーメンを発明した安藤百福(ももふく)が、池田市にある自宅で開発を行ったことから、池田市をインスタントラーメン発祥の地として建てられたもの。「チキンラーメンファクトリー」では、ラーメンを粉から作る体験ができます(中学生以上500円(税込)、要予約)。「マイカップヌードルファクトリー」では、1個300円(税込)でオリジナルカップヌードルが作れ、5,460通りもの組み合わせから好きに選べます。ほかにも世界中のカップヌードルの展示や、テイスティングルームなどもあるので興味がある人はぜひ。
アクセス:阪急宝塚線「池田駅」より徒歩約5分。

5. インスタントラーメン発明記念館

大阪府池田市満寿美町8-25

6. ひらかたパーク

園内には季節ごとに装飾された植物と、小さな子どもでも乗れるものから絶叫系まで40種類以上のアトラクションがそろう遊園地です。「ワンダーガーデン」・「どうぶつハグハグたうん(2歳以上500円(税込))」ではレッサーパンダやカピバラなどがいて、実際に触れ合える動物も。幼児から大人まで、ほんわか和んだり、絶叫したりと、いろいろエンジョイできそう。飲食物持込可なのも嬉しいですね。
アクセス:京阪本線「枚方公園駅」より徒歩約3分。

6. ひらかたパーク

大阪府枚方市枚方公園町1-1

いかがでしたか?大阪のアミューズメントパークは、子どもも大人も五感をフルに使って遊べる場所ばかり。パークによっては割引制度がいろいろとあるので、事前にHPなどをチェックしてお得に楽しんでくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!