WOW! JAPAN

大阪

観光

大阪観光といったらココ!大阪城の見どころ5選

2016.08.18

Writer name : o-dat

大阪観光にきたら、絶対立ち寄りたい大阪城。今回は、大阪城と大阪城公園の見どころをご紹介します。

大阪城とは

大阪の名物観光スポット。「大阪城」「大阪城公園」の他、近辺には「難波宮跡(なにわのみやあと)」などもあり見どころ満載です。大阪城自体は、石山本願寺の跡地に1583年に豊臣秀吉(安土桃山時代(1573年-1603年)後期に天下を掌握した武将)によって築かれ、大坂夏の陣で豊臣氏滅亡とともに焼失。以後は江戸幕府(1603年-1868年の政権)によって数メートルの盛り土をして再建されました。現在、見ることができるものは江戸時代以降に作られたものです。


大阪城とは


公式ホームページ

1. 極楽橋

大阪城内掘に架かる全長54mの橋です。1626年に創建されたときは木造でしたが、内戦である戊辰戦争によって焼け落ちました。現在の橋は、1965年に創建されたもの。ゆるいアーチが美しい橋です。「極楽橋」越しに天守閣を臨む構図で記念撮影するのが人気。ぜひ一枚記念撮影してみてくださいね!


1. 極楽橋

2. 大阪城天守閣

1629年に完成した豪華絢爛な天守閣(権威を象徴する建造物)は、度重なる落雷で焼失し、1665年の焼失以来再建されないままでした。1900年代に入り、大阪市民から強い希望と寄付金が集められ、1931年に豊臣時代の天守閣の資料をもとに再建し、大阪城公園も開園しました。中は、博物館のようで、ジオラマやミニチュアで再現する当時の世界や、「大坂夏の陣屏風」の解説、ミュージアムショップなどがあります。また、地上50mの展望台からの景色もおすすめ!


2. 大阪城天守閣


公式ホームページ

3. 桜門と枡形の巨石

城の石垣のいたるところに巨石が数多く使用されているのも大阪城の特徴の一つです。
本丸の正面入口にある「桜門」には、見事な門の両側に大きな竜石(右)と虎石(左)があります。門を入った先の枡形(ますがた)(方形の広場。侵入した敵軍の動きを防ぐ)には、特に大きな巨石が用いられ、城内での1番大きな「蛸石(写真左)」と三番目に大きな「振袖石(写真右)」と呼ばれる巨石があります。ぜひチェックを。

桜門

桜門枡形の巨石


3. 桜門と枡形の巨石

4. 豊国神社(ほうこくじんじゃ)

大阪城桜門の正面にある1599年に創建された豊臣秀吉を祀る神社です。大阪では有名なパワースポットで、出世運にご利益があります。また境内にある「秀石庭(しゅうせきてい)」と呼ばれる日本庭園には素晴らしい枯山水(石で水や山を表現したもの)があるので、ぜひ訪れて!


4. 豊国神社(ほうこくじんじゃ)


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 西の丸庭園

「西の丸庭園」は、有名な桜の名所。四季折々の美しい景色が堪能できます。ここからは迫力ある大阪城天守閣を望むことができ、園内の「千貫櫓(せんかんやぐら)」や「乾櫓(いぬいやぐら)」、火薬が保管されていた「焔硝蔵(えんしょうぐら)」、「大阪迎賓館」なども見どころです。


5. 西の丸庭園

番外 難波宮跡(なにわのみやあと)

大阪城のすぐ近くに、古代宮殿「難波宮跡」があります。ここには、「前期難波宮」と呼ばれる650年から造営された「難波長柄豊碕宮(なにわながらとよさきのみや)」と726年から聖武天皇によって造営された「後期難波宮」の2時期の史跡があります。当時は豪華絢爛だった宮殿も今はその遺構を残すだけですが、歴史ロマンを感じたい方はぜひ訪れてみていかがでしょうか。

いかがでしたか?大阪城には、天守閣の他にも見どころがたくさんあります。ぜひ、じっくり楽しんでくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事