WOW! JAPAN

大阪

観光

大阪近郊の避暑地5選

2016.07.07

Writer name : masuda

大阪からちょっと足をのばせば、とっても快適な避暑地がいっぱいあります。今回は避暑におすすめしたいスポット5選です。

1. 奥琵琶湖

大阪中心街より車で約2時間弱。日本最大の面積をもつ湖、琵琶湖の北側が「奥琵琶湖」と呼ばれ、豊かな自然と景観で親しまれています。特に月出峠から大浦に至る全長18.8kmの「奥琵琶湖パークウェイ」からは、群青色の奥琵琶湖と琵琶湖に浮かぶ竹生島が織りなす絶景を眺めながらのドライブが楽しめます。また、標高421mの賤ヶ岳(しずがたけ)の山頂からも、まるでフィヨルドのように入り組んだ奥琵琶湖、反対側には鏡のような湖面の「余呉湖」を望むことができます。山頂へは途中までリフトで行くことも可能なので、利用するのも良いでしょう。
また、天気がいい夕刻には、「豊公園」、「湖北水鳥公園」から、琵琶湖を挟んだ対岸の山々に沈みゆく夕日をゆっくりと眺めることができます。都会の喧騒を離れて、自然に囲まれながらのんびり過ごしたい方におすすめのスポットです。


1. 奥琵琶湖


長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光サイト公式ホームページ(Google自動翻訳機能あり)

2. 六甲山

大阪中心街から約1時間。大阪府の西隣、兵庫県神戸市の北側に広がるのが、「六甲山」です。市街地からも近く、高原のような気候のため、避暑地として親しまれています。また、六甲ケーブル下駅から六甲山上駅をつなぐ「六甲ケーブル」や、山頂と有馬温泉を結ぶ「六甲リマロープウェイ」など、アクセスも良好。移り行く景色を眺めながら山頂までの旅を楽しむのもおすすめです。眺望スポットとしても有名で、「六甲ガーデンテラス」、「展覧台」、2010年に完成した「自然体感展望台 六甲枝垂れ」からは、いずれも眼下に港町・神戸と明石海峡が広がる景色を、夜には煌く夜景を楽しむことができます。
ほかにも、木々と緑に囲まれたレジャー施設「六甲山カンツリーハウス」や、本格的なアスレチックが楽しめる「六甲山フィールド・アスレチック」、四季折々の高山植物と出会える「六甲高山植物園」など、観光・レジャースポットも充実。手軽に避暑地に行きたい人にぴったりのエリアです。


2. 六甲山


神戸公式観光サイト公式ホームページ

3. ハチ北高原

兵庫県の北部に位置する標高1221mの「鉢伏山(はちぶせやま)」の北側が、ハチ北高原と呼ばれているエリアです。特に「ハチ北スキー場」は、冬には関西有数のスキー場として賑わいをみせますが、夏には避暑地としても人気。頂上部が鉢を伏せたようにやや凹んでいることからその名がついた鉢伏山の山頂からは、南側に鳥取県との県境にある「氷ノ山(ひょうのせん)」を、天気がよければ遥か西に名峰「大山(だいせん)」を望むことができます。時期によって、ザゼンソウ、ミズバショウなどの山野草も楽しめるので、興味がある人はぜひ。
また、傾斜地にお米を栽培している田んぼが段々に広がる「棚田」も多くあり、日本の田舎らしい風景も楽しめます。手づかみで獲った魚をその場で炭焼きにしていただく魚つかみや、パラグライダーなどのアクティブな遊びも面白いですね。
大阪中心街より車で約2時間30分と、やや遠めですが、清々しい空気を味わいたい人におすすめのエリアです。


3. ハチ北高原


ハチ北観光協会公式ホームページ

4. 神鍋高原(かんなべこうげん)

大阪から北西方面へ車で約2時間30分。兵庫県北部の高原リゾート地として、古くから親しまれてきました。田舎らしいのどかな風景も楽しめますが、火山活動でできた噴火口や風穴、溶岩流によって形成された渓谷で数多くの滝が見られるもこのエリアの特徴。「神鍋溶岩流」では、川に沿って遊歩道が整備されており、「八反の滝」など大小30カ所の滝や淵を楽しむことができます。マイナスイオンをたっぷりと浴びて、リフレッシュしたいですね。
また、ニジマスなどが釣れる川釣り(※十戸の滝より下流が釣り場、有料)や、ゴルフ、パラグライダー、冬にはスキーなどのアクティビティーも充実。避暑地で色んな遊びを満喫したい人にぴったりのエリアです。


4. 神鍋高原(かんなべこうげん)


日高神鍋観光協会公式ホームページ(日本語のみ)

5. 花園

大阪から西南方向、霊峰「高野山」の南に位置するのが、ここ花園エリア。日本仏教のひとつである「真言宗」の開祖・弘法大師の高野山開創とともに拓かれ、その寺領として保護を受けてきました。そのため、豊かな自然と日本の原風景、ふるさとの面影が残っており、ふるさと回帰の楽園として注目されています。
なかでもおすすめは、自然の天然ダムで川遊びができる「金剛の滝」。大きな淵でのんびり泳げば、近くに水車が見え、日本のふるさとの夏を満喫することができるでしょう。ほかにも初夏にはホタルが見られる「金剛緑地オートキャンプ場」、アスレチックや夏でもソリを楽しめる人口ゲレンデで遊べる「花園グリーンパーク」などもおすすめ。
今年は花園で日本のふるさとを楽しんでみてはいかがでしょうか。


5. 花園


かつらぎ町観光ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?くいだおれ、商人の街として有名な大阪のエネルギッシュな騒々しさも楽しいのですが、少し足をのばして日本らしい自然に囲まれてのんびり過ごすのもおすすめですよ。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事