WOW! JAPAN

大阪

観光

大阪の無料でまわれるおすすめスポット・体験5選

2016.03.17

Writer name : umegarden

日々新たな発展を遂げる大阪の街には観光スポットがたくさんありますが、その中には無料で入場できる施設もあるのです。お得に楽しい経験をしてみませんか。

1. 関空展望ホールスカイビュー

飛行機を真近で見られるスポット「関空展望ホールスカイビュー」。関西国際空港第一ターミナルから無料シャトルバスに乗り10分ほどで到着します。飛行機の離着陸を360度のパノラマビューで見ることのできるスカイデッキは、目の前に広がる圧倒的な開放感と空港ならではの臨場感が味わえて大人気。子供用遊具が置かれた「プレイエリア」もあり、家族みんなで楽しむことができます。3Fの「スカイミュージアム」では空港や飛行機のことをシミュレーターマシンや大画面の映像などを通じて学べます(団体でのミュージアム見学は事前予約が必要です)。4Fのショッピングフロアでは定番のおみやげだけでなく、航空機メーカー関連商品や飛行機の模型などが数多く販売されています。飛行機好きの方は、空港ターミナルからちょっと足を延ばしてみてはいかがですか?



1. 関空展望ホールスカイビュー

2. インスタントラーメン発明記念館

世界で初めてインスタントラーメンを開発した安藤百福氏の銅像が出迎えるミュージアム。同氏が創業した日清食品(株)の主力商品で今や世界でもおなじみの「カップヌードル」に隠されたアイデアと技術の秘密を解き明かす「カップヌードルドラマシアター」は見逃せません。またチキンラーメンが生まれた研究小屋を再現した展示は、約60年前の日本の風景を感じることができる点も見どころの一つです。有料になりますが、自分で文字や絵を描いたカップに好みのスープと具材を選び自分だけのカップヌードルを作る「マイカップヌードルファクトリー」(1食300円(税込))も、家族全員で楽しめる内容となっているのでおすすめです。


2. インスタントラーメン発明記念館

3. パナソニックセンター大阪

優れた家電製品で国際的に知られるパナソニックのショールーム。エントランスのファサードに展開する、同社のLED技術を使用したグラフィックスクリーンは一見の価値があります。施設内部ではパナソニックの様々な新製品が展示されており、特に女性であれば美容・健康家電を体験使用できるセルフエステ・パウダールーム「Panasonic Beauty CLUXTA」には是非立ち寄りたいですね(ただし、こちら有料になりますのでご注意ください)。

(※写真はパナソニックセンター大阪が入っている「グランフロント梅田」です)


3. パナソニックセンター大阪

4. キヤノンデジタルハウス梅田

カメラやプリンターで有名なCanonの、一般ユーザー向け製品を展示するショールーム。カメラやレンズ、スキャナーなどカテゴリごとに区切られたコーナーでは最新製品を手に取って見ることができます。中には発売前の製品も展示されているのでいち早く情報をゲットしてみたい方に特におすすめ。キッズスペースも併設されているので家族で訪れても安心です。Canon製のデジタルカメラ、ビデオカメラのバッテリーを充電できるコーナーもあり(一部製品を除く)、旅の途中で充電池が切れてしまった場合などは助かりますね。

※写真はイメージです


4. キヤノンデジタルハウス梅田

5. 造幣博物館

日本で使用される硬貨を製造している造幣局内にあり、元は1911年に火力発電所として建設された建物である「造幣博物館」。造幣局は、日本が開国をして間もない1871年に創業され、当時最新式の機械や設備を導入し貨幣を製造していきました。博物館内ではその歴史を、当時使用していた天秤などの機器の展示や映像シアターを通じて紹介しています。また昔の日本の貴重な貨幣や世界各国の様々な貨幣も展示しています。開館は月~金曜(祝日、年末年始は除く)、9:00 am ~ 4:45 pm(入場は4:00 pmまで)。造幣博物館前の道は桜の並木道「桜の通り抜け」という、お花見スポットとしても有名です。なお、その期間中、博物館は休館となりますので十分ご注意ください。


5. 造幣博物館

いかがでしたか。大阪は無料でも楽しめる場所がたくさんあります。お得に楽しい体験をして、旅の思い出をさらに素晴らしいものにしてみませんか。                             ※本記事の価格等の情報は最新の情報とは異なる可能性があるのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!