WOW! JAPAN

【2018年版】関西国際空港で買うべき美味しいお土産10選

海外旅行では何をお土産にすればいいか悩んだり、選ぶ時間がなかったりすることも多いもの。そこで今回は関西国際空港で買えるお土産10選をご紹介。搭乗までの空き時間を使えば効率よくお土産をゲットできますよ!

2018.05.10
お気に入りに追加

1. 「長﨑堂」のカステララスク

100年近くの歴史を持つ「長﨑堂」が、その伝統と熟練の技術を受け継いでつくり続ける「カステラ(卵・小麦粉・砂糖・水飴を使ったスポンジケーキの一種)」。それを天火でじっくり焼き上げてつくられるのが「カステララスク」です。独自配合の小麦粉、新鮮な卵などこだわりの素材を秘伝の製法で焼き上げたカステラの持つあっさりとした甘みと、ほろっとした食感が特徴。カステラの旨みをそのまま味わえるプレーンか、抹茶をプラスした「抹茶カステララスク」の2種類から選べます。第1ターミナル2階「アプローズ2階店」、3階「空港専門大店グルメギフト店」、第2ターミナル「アプローズ第2ターミナルゲート店」で購入可能。

価格:7本入り648円(税込)など

【関連記事】

関西国際空港で買うべき美味しいお土産5選


1. 「長﨑堂」のカステララスク

2. 「青木松風庵」のみるく饅頭 月化粧

大阪・和歌山に店舗を展開する「青木松風庵」の「みるく饅頭 月化粧」もおすすめ。なんと3秒に1個売れているというベストセラー商品なんですよ。しっとりやわらかな皮にミルクの風味豊かな餡が包まれたお菓子で、洋菓子のリッチな味わいと和菓子の繊細さを同時に楽しむことができます。自家製みるく餡は、2種類のいんげん豆でつくった白餡に上質なバターや練乳を加えたもの。そのクリーミーでまろやかな、やさしい味わいが魅力です。第1ターミナル国際線ゲートエリア「ANAFESTA」で購入可能。

価格:10個入り1,296円(税込)など


2. 「青木松風庵」のみるく饅頭 月化粧

3. 「モンシェール」の堂島ブランロール

大阪生まれのパティスリー「モンシェール」のロールケーキも人気。たっぷり詰まったクリームは「クリームが苦手な人からも好まれる味わい」を目指して作られたもの。口の中で溶けるようなふわっとした食感とやさしい甘さが魅力です。こだわりのクリームにベルギー・カレボー社のホワイトチョコレートがプラスされた「堂島ブランロール」は関西国際空港、伊丹空港限定品。販売されているのは冷凍のものなので、保冷バッグを購入すれば長時間の持ち歩きも可能です。第1ターミナル3階「アプローズ」で購入可能。

価格:1,780円

3. 「モンシェール」の堂島ブランロール

4. 「あみだ池大黒」の岩おこし・粟おこし

昔ながらの味をセレクトするなら、1805年創業の老舗「あみだ池大黒」の「岩おこし」、「粟おこし」はいかがでしょう?「おこし」とは、米や粟などを熱して干した後、溶かした砂糖や水飴に混ぜ、型に入れて乾燥させた干菓子のこと。日本で最も古い歴史を持つお菓子といわれています。岩おこしは、黒砂糖のコクのある甘みを引き立てるため、キリッとした生姜の辛さが加えられたもの。粟おこしは、粟粒状に揃うまで炒ったお米にゴマを加えたもので、香ばしさとさっくりとした食感が特徴です。第1ターミナル1階「KABプラザ」、「アプローズ」で購入可能。

価格:10枚束756円(税込)など

4. 「あみだ池大黒」の岩おこし・粟おこし

5. 「美十」の京ばあむ

上質感のあるスイーツを買って帰りたいという方は、抹茶を使ったバームクーヘン「京ばあむ」を選んでみては?大豆の風味たっぷりの京都産豆乳が用いられたスポンジ生地と、抹茶と煎茶を合わせた生地が3層に重ねられ、まわりは抹茶のフォンダン(砂糖衣)でコーティングされています。抹茶はお茶の名産地である京都・宇治のもの。色鮮やかで濃い緑の色彩と、芳醇な香りを楽しむことができます。第1ターミナル3階「空港専門大店」で購入可能。

価格:1,166円(税込)〜

※画像はカットされた状態のものです

5. 「美十」の京ばあむ

6. 「美十」の京町家ケーキ

京都らしいお土産を選びたいという方には、「おたべ(小豆あんなどを生八つ橋※で包んだもの)」で有名な「美十」の生八つ橋を使った「京町家ケーキ」もおすすめです。抹茶味の生八つ橋で、抹茶スポンジ生地と黒豆あん入り抹茶チョコが挟まれた「宇治抹茶」、黒糖味の生八つ橋で、きなこのスポンジ生地、黒糖あん入りきなこチョコが挟まれた「黒糖きなこ」の2種類からセレクト可。ふんわり、もっちりとした新食感が楽しめます。第1ターミナル3階「ブルースカイ オープンカフェ」で購入可能

価格:4個入り821円(税込)、6個入り1,166円(税込)など

※米粉と砂糖、シナモンに似た風味のニッキから作られる京都のお菓子。
※京町家ケーキはニッキ不使用です。

6. 「美十」の京町家ケーキ

7. 「瓢月堂」のたこパティエ

ユニークなお菓子を探している方にぴったりなのが「たこパティエ」。それは、大阪名物・たこ焼き※をパティシエが本格スイーツにアレンジしたもので、ソース、青海苔、鰹節など、たこ焼きに使用する素材に、クルミやキャラメリゼがプラスされています。最初はたこ焼きの味、最後には甘いスイーツになる不思議な味わいです。第1ターミナル2階「アプローズ2階店」、「KABプラザ」などで購入可能。

価格:12個入り540円(税込)など

※小麦粉を溶いた生地にタコや薬味を入れ球体に焼いたもの。ソースをかけて食べるのが定番。

7. 「瓢月堂」のたこパティエ

8. 「瓢月堂」の 大阪プチバナナ

関西の有名パティシエ・牧野眞一氏がプロデュースの「大阪プチバナナ」もおすすめ。ショートケーキをイメージしたふわふわのスポンジ生地で、バナナとパッションフルーツ入りのカスタードクリームが包み込まれたスイーツです。表面はこんがり香ばしく、中はしっとりとした食感。第1ターミナル2階「アプローズ」、「KABプラザ」などで購入可能。

価格:6個入り648円(税込)など

8. 「瓢月堂」の 大阪プチバナナ

9. 「551蓬莱」の 豚まん

関西に多数店舗を展開している中華料理店「551蓬莱」の「豚まん」も大阪名物のひとつ。1日平均約15万個も売り上げる大人気商品なんですよ。主役となる餡は、肉汁たっぷりの豚肉と甘みのある玉ねぎ。モチモチとした食感の皮のほんのりとした甘みが、さらにおいしさを引き立ててくれます。チルド商品なら日持ちするのでお土産に最適。保冷バック使用で5時間持ち歩き可能。5日間の冷蔵保存が可能です。第1ターミナル2階、「551蓬莱」「アプローズ」「KABプラザ」などで購入可能。

価格:チルド豚まん4個入り680円(税込)など

10. 「福寿園」の抹茶プリン

京都にある創業220余年の茶舗「福寿園」の「抹茶プリン」もおすすめ。お茶の風味を大切につくられたもので、抹茶と玉露(甘みとコクのある味わいが特徴の高級茶)を使用。お茶の濃厚な味わいと、ムースのようななめらかな食感が魅力です。抹茶パウダーが付いているので、食べる直前にふりかけて楽しむことができます。第1ターミナル3階、「福寿園」で購入可能。

価格:1箱4個入り1,664円(税込)

※画像はイメージです


10. 「福寿園」の抹茶プリン

いかがでしたか?空港にはお土産にぴったりのお菓子やグルメがたくさん。セレクトに悩んだ時は、この記事を参考にしてみてくださいね。※各商品は上記店舗以外でも取り扱われていることもあります

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nomura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • 九州モデルコース

おすすめ記事