close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

大阪 梅田LOFTで買うべきお土産5選

文房具、インテリア、調理器具、美容グッズ、バラエティ雑貨などあらゆる雑貨がそろうLOFT。他では手に入らない、生活の中に上質なデザインを取り入れる商品を多く取り扱っています。今回は梅田LOFTでお土産に買いたいおすすめの商品をご紹介します。

1. シトラススプレー(フルーツに刺して使うスプレー)

フレッシュレモンに差し込んで、シュシュッとサラダに果汁をスプレーすれば、来客もびっくり!ホームパーティに映えるグッズです。大小2個セットで、大きいタイプはレモンやグレープフルーツに、小さいタイプはライムにぴったりのサイズ。くし形のカットレモンを絞る時に思わぬ方向へ果汁が飛ぶなんてことが、シトラススプレーを使えばありませんよ。見た目もおしゃれで実用的なお土産です。2個セット(大・小)2,592円(税込)です。

1. シトラススプレー(フルーツに刺して使うスプレー)

大阪府大阪市北区茶屋町16-7

2. GEL-COOま(じぇるく~ま・保冷機能のある弁当箱)

フタに保冷剤が内蔵されている保冷剤一体型お弁当箱です。使い方は簡単。前日からフタを冷凍庫に入れるだけ。翌日お弁当に冷えたフタをすると、保冷剤で中身が腐りにくくなり、フルーツやサラダなど冷やして食べたいものを冷たいまま持っていけるというわけです。保冷剤が内蔵されているとお弁当がかさばらず、また保冷剤を別に入れる必要もないので人気なんですよ。保冷剤内蔵のフタは電子レンジに対応していないので、食べる時に電子レンジで温める場合は、必ずフタを外してくださいね。

2. GEL-COOま(じぇるく~ま・保冷機能のある弁当箱)

大阪府大阪市北区茶屋町16-7

3. 市川染五郎監修 歌舞伎フェイスパック

日本の伝統芸能歌舞伎の独特の化粧法である「隈取(くまどり)」のフェイスパックです。パックでお肌のケアをしながら、歌舞伎役者気分に浸れるという大人気の商品。人気歌舞伎役者による監修なので、デザインも本格的。シートは赤と青の二包入りで900円(税込)。赤は血管を表現し、正義感が強いヒーロー。青は冷血さ不気味さを表現し、敵役を表します。仲間同士で歌舞伎役者になりきって!とっても盛り上がり喜ばれるアイテムです。パッケージ内側には歌舞伎や隈取についての解説が英語で書いてあるので、お土産にもおすすめです。

3. 市川染五郎監修 歌舞伎フェイスパック

大阪府大阪市北区茶屋町16-7

4. 耐風折自動開閉傘 折畳みJP式 ステッチ入り

この傘はなんとワンタッチで傘が開くだけでなく、ワンタッチで閉じることもできちゃうんです。車に乗るときや降りるとき、荷物が多くて両手が使えないときは特に便利さを実感しますよ!しかも折りたたみ傘でありながら耐久性に優れた防風構造になっているという優れもの。 もちろん強風で傘がひっくり返ってもワンタッチで元通り!親骨は軽量で丈夫なグラスファイバーを使用。シャフトの中には強いバネが入っているので、顔や体から離して近くに人のいないところで傘を開いてくださいね。親骨長さ55cm 2,700円(税込)です。

KOMIYA

4. 耐風折自動開閉傘 折畳みJP式 ステッチ入り

大阪府大阪市北区茶屋町16-7

5. スープジャー(フードコンテナー)、ランチジャー

夏は保冷力でいたまずに、冬は作りたてのおいしいお弁当が食べられるスープジャーとランチジャーは、手軽に使えてお弁当初心者にぴったり。温かいスープから冷たいゼリーまで楽しめるスープジャーに慣れてきたら、保温調理にチャレンジ。小さめに切った具材をジャーに入れて、コンソメと熱湯を入れるだけで、約2時間後には保温機能でゆっくり具材に火が入り、ポトフが完成(火が通りやすいよう小さめにカットした食材を使用)。さらに、料理好きな方には、温かいスープとご飯やおかずを一緒に持っていけるランチジャーがおすすめですよ。サイズにもよりますが、スープジャーは2,400円位、ランチジャーは3,000円位から買うことができます。

※写真はイメージです

5. スープジャー(フードコンテナー)、ランチジャー

大阪府大阪市北区茶屋町16-7

いかがでしたか?日本ならではの実用的なものや人気の商品ばかりを集めました。4階インテリア売場承りカウンターに免税カウンターがありますのでぜひ利用してくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪から少し足をのばして!海と山に囲まれた「西はりまエリア」の魅力まるわかりガイド

人気ランキング

大阪 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!