WOW! JAPAN

大阪

ショッピング

甘いもの好き必見!大阪で買うべきあまぁ~いお土産4選

2016.03.24

Writer name : shiho

大阪には美味しいスイーツがたくさんあります。本記事では、その中でも、お土産に買って帰りたい、あまぁ~いスイーツを厳選してご紹介します。

1. 大阪スイーツのロングセラー商品 マダムシンコの「マダムブリュレ」

大阪にはたくさんの名物スイーツがありますが、中でもマダムシンコの「マダムブリュレ(1,500円(税抜))」はロングセラーとなっている人気のスイーツです。マダムブリュレとは、メープルシロップをしみ込ませた表面にフランス産の赤砂糖をまぶし、キャラメリゼしたバウムクーヘン。キャラメリゼしたことでカリッとした食感と香ばしいキャラメルの香りが口の中に広がり、ほのかな甘味のバウムクーヘンととてもマッチしています。温めたても冷やしても美味しいので、両方の味を試してみてくださいね。箕面市にある本店のカフェでゆっくり味見してからお土産を買って帰るのもいいですね!


1. 大阪スイーツのロングセラー商品 マダムシンコの「マダムブリュレ」

2. 濃厚なめらか りくろーおじさんの「とろ~りプリン」

大阪に来たら必ず買う!という固定ファンも多い、りくろーおじさんの「とろ~りプリン(200円(税込))」。舌触りがとてもなめらかで、味わいは濃厚、口に入れた瞬間溶けてしまうようなプリンです。牛乳や卵、生クリームは新鮮なものだけを使っていて、シンプルなプリンなのにコクのある素材の風味を感じることができます。ほろ苦くて甘いカラメルもベストマッチ。難波にある本店では、カフェも併設されており、スイーツと一緒にこだわりのコーヒーを味わうこともできます。本店以外にも、大阪に計11店舗あるので、是非、お土産に買ってみてくださいね。


2. 濃厚なめらか りくろーおじさんの「とろ~りプリン」

3. 和を感じる抹茶生ショコラ 宇治園の「小佳女」

抹茶の深い味わいや苦味は、和菓子はもちろん洋菓子とも相性が良いため、今ではさまざまなスイーツで抹茶味が出されており、甘すぎない大人向けの味として大人気です。宇治園は、京都で創業し、現在は大阪に本店を構えるお茶と抹茶スイーツのお店。人気の高い抹茶生ショコラ「小佳女(1,296円(税込))」は、口に入れた瞬間、チョコの甘みとともに抹茶のほろ苦い風味が口に広がる、上品な味の大人気スイーツです。ひと口サイズで食べやすく、食べだしたらきっと止まらないですよ!心斎橋の本店、阪急三番街店のほか、大阪市外に計4店舗あります。

※写真は宇治園の抹茶生ショコラとほうじ茶生ショコラです。


3. 和を感じる抹茶生ショコラ 宇治園の「小佳女」

4. デパートで買える高級ポッキー 江崎グリコの「バトンドール」

大阪の百貨店で買えるお土産にぴったりな人気のスイーツといえば、江崎グリコの「バトンドール(1箱501円(税込))」。生地に練りこまれたバターとは別に、澄ましバターを使って仕上げられた芳醇な香りのプレッツェルに、ミルク、宇治抹茶などのチョコレートをコーティングしたお菓子(一部チョコをコーティングしないものもあります)で、いわばポッキー(日本のスナック菓子)の高級版。通常のポッキーは多くの国で販売されていますが、このバトンドールをお土産として持ち帰れば、珍しいと、喜ばれることは間違いありません。大阪では阪急うめだ本店、高島屋大阪店で販売されており、人気が高いため行列ができることもしばしばありますが、是非とも買って帰りたい商品です。


4. デパートで買える高級ポッキー 江崎グリコの「バトンドール」

いかがでしたでしょうか?大阪にはたくさんのお土産スイーツがあり、甘いものには目がないという方は何を買おうか迷ってしまいますよね。そんな時はこの記事を参考にしてみてくださいね。

※本記事の価格等の情報は最新の情報とは異なる可能性があるのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!