WOW! JAPAN

大阪

ショッピング

大阪で買うべきスナック菓子5選

2016.02.01

Writer name : tutorial

大阪のお土産にオススメなのがスナック菓子。賞味期限も長めなので、渡すまでに日数がかかりそうな相手にも安心です。大阪の楽しさとおいしさの両方がつまったお土産、お気に入りを探してみてください。

1.面白い恋人

北海道のお土産として有名な「白い恋人」という名前に文字を足して言葉遊びをしたお菓子が「面白い恋人」です。「白い」というのは"White"という意味ですが、「面白い」になると"Funny"という意味になります。大阪という街のユーモアを上手く表しているお菓子ですね。
面白い恋人は「みたらし味(砂糖醤油)」のクリームをビスケットで挟んだゴーフレットで、季節によっては、ミックスジュースやメロン、チョコバナナ味といった期間限定の味も楽しめます。
大阪各所のお土産屋さんで購入可能。大阪だけでなく、北海道にも行く予定のある人は、「白い恋人」と「面白い恋人」の両方をお土産にするのも良いかもしれませんね。
みたらし味:1箱16枚入り、1,000円(税別)。


1.面白い恋人

2.じゃがりこ「たこ焼き味」

小麦粉の生地の中にタコを入れてボール状に焼き上げた、大阪名物の一つとして知られるたこ焼き。日本にはたこ焼き味のスナック菓子はたくさんありますが、中でも人気が高いのは「じゃがりこ」のたこ焼き味です。
「じゃがりこ」はポテトを使ったスティック状のお菓子で、カリカリとした食感が人気のスナック。サラダやチーズなど様々な味がありますが、関西限定のたこ焼き味は、たこ焼きソースとマヨネーズの風味がしっかりと付いていて、ビールなどのお酒のおつまみにも持ってこいです。
たこ焼きの容器をイメージしたパッケージもユニークでお土産にも喜ばれるはず。もちろん、手軽に食べられるスナックなので、旅行中に食べながら街を散策するのもいいでしょう。お土産屋さんなどで買うことができます。1箱、864円(税込)。



2.じゃがりこ「たこ焼き味」

3.お好み焼せんべえ

たこ焼きと並んで、大阪名物のグルメとして知られるのがお好み焼き。水で溶いた小麦粉を鉄板の上に乗せ、肉や海鮮、野菜などの具を入れて焼き上げ、ソースをかけて食べる大阪のソウルフードです。
お好み焼きの味のスナック菓子もたくさんありますが、オススメは見た目がお好み焼きそっくりの「お好み焼きせんべえ」。ほとんどのスナックがお好み焼きのソース味を付けているだけなのに対して、この「お好み焼せんべえ」は、上にのっているキャベツやエビ、紅しょうがなどの素材に本物のフリーズドライを使用しているので、味の再現性が違います。お土産として是非買って帰りたい一品です。
1箱18枚入り、600円(税別)。



3.お好み焼せんべえ

4.グリコマンのべっこうあめ

大阪で最も有名な観光スポット、道頓堀の巨大な看板「道頓堀グリコサイン」。そのキャラクターのグリコマンがべっこうあめになったお菓子です。とくに見た目のインパクトは強烈で、お土産として話題性十分。味は素朴な甘味が特徴なので、好き嫌いなく味わえるはずです。
グリコマンのべっこうあめは、グリコが展開する旗艦店「ぐりこ・や」のみで購入可能。道頓堀グリコサインの近くにも店舗があります。5本入りで480円(税別)。



4.グリコマンのべっこうあめ

5.おつまみ柿の種 たこ焼風味(亀田製菓)

形や色が柿の種に似ていることから名づけられたお米のスナック、その名も「柿の種」。この柿の種の中でも、訪日旅行客のお土産としても人気を博しているのが、関西エリア限定で販売されているたこ焼風味。
たこ焼きのソースがついた柿の種と、ピーナッツが絶妙なバランスで袋に入っていて、一度食べだすと病みつきになるスナックです。手軽さとヘルシーさが多くの人に支持される理由。大阪旅行中にぜひともその味を楽しんで、お土産として買って欲しい商品です。1箱、6袋入り、600円(税別)。


5.おつまみ柿の種 たこ焼風味(亀田製菓)

いかがでしたでしょうか?是非、大阪旅行中にはこれらのスナック菓子にチャレンジしてお気に入りの一品を見つけてくださいね。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!