WOW! JAPAN

大阪

宿泊

梅田エリアのおすすめビジネスホテル5選

2016.08.04

Writer name : masuda

大阪に訪問する際は、必ず立ち寄るといってもいい梅田駅。ここを拠点にして大阪京都などを回ると非常に便利です。今回は梅田でお手軽に宿泊できるビジネスホテルを紹介します。

1. リーガ中之島イン

大阪梅田駅から電車で約5分、大阪市営地下鉄四つ橋線の肥後橋駅からすぐの場所に建つホテルが、ここ「リーガ中之島イン」。シングルやツインなど、5つのタイプの客室が揃っているので、旅の目的に合わせて選びましょう。ほのかに優しい香りが漂う女性専用のレディースフロアがあるので、女性だけでも安心です。
また、落ち着いた雰囲気のなかで食事がいただけるカフェテラスもおすすめ。朝食バイキングは、和食、洋食のどちらも楽しめるとあって人気です。ボリュームたっぷりのセットメニューが楽しめるランチもお忘れなく。
1階にはコンビニが隣接しており、アクセスも良いので、使い勝手の良い便利なホテルです。

※写真はイメージです


1. リーガ中之島イン


公式ホームページ

2. 大阪新阪急ホテル

大阪の中心・阪急梅田駅に直結。さらに関西国際空港、伊丹空港行きのリムジンバスターミナルとも直結という、ベストロケーションに建つホテルです。全922室ある客室は、スタンダードシングルルームやスタイリッシュセミダブルルーム、和室や和洋室など、様々なタイプが揃っているので、選ぶのも楽しいですね! 朝食は2つのお店から選ぶことが可能。地下1階の「オリンピア」では、和洋食ビュッフェスタイルの朝食がいただけ、なかでもシェフがその場で焼いてくれるオムレツは絶品。洋食、和食の定食がいただけるカフェ&レストラン「レインボー」も、ゆったりと寛ぎながら食べられるとあって人気です。 大阪はもちろん、神戸や京都への観光拠点としても便利なホテルです。


2. 大阪新阪急ホテル


公式ホームページ

3. 大阪第一ホテル

大阪・梅田の真ん中にあり、そのユニークな形状から梅田のランドマークとして親しまれている「大阪マルビル」。そのビルに入っているホテルが、この「大阪第一ホテル」です。館内のショップやレストランが楽しめるのはもちろん、JR大阪駅から徒歩3分とアクセスも抜群。地下や周辺に飲食店が多いのも旅先ではありがたいポイントです。
客室は9つのタイプを用意。大きなソファでゆったりとくつろげるスーペリア・シングルAや、高層階のスーペリア・ダブルなどがあります。全室とも無線・有線LANが無料で利用可なのもうれしいですね。
朝食は1階のホテル直営「レストラン カラット」でいただけます。洋食、和食と用意されているので、好きなものを好きなだけどうぞ。同レストランでは、ディナーやランチもいただけるので利用しても。
大阪でグルメもショッピングも楽しみたい人に、おすすめのホテルです。


3. 大阪第一ホテル


公式ホームページ

4. 堂島川温泉 天神の湯 ドーミーイン梅田東

阪急梅田駅から1駅、南森町駅から徒歩3分にあり、天神橋筋商店街や大阪城にもほど近いホテルが、ここ「堂島川温泉 天神の湯 ドーミーイン梅田東」。その名の通り、最上階にある大浴場では自家源泉の「天然温泉 天神の湯」が楽しめるとあって人気です。ゆったりと湯に浸かれば、筋肉痛、冷え性、疲労回復などの効能が期待できるので、旅で疲れた体を癒してくださいね。
朝食は、ホテル自慢の和洋メニューをバイキングスタイルで。また、夜にいただける無料の「夜鳴きそば」は、美味しいと特に人気!数量限定なので、お早めにどうぞ。
アクセスも良好でリーズナブル、しかも天然温泉も楽しめる。欲張りな人にぜひおすすめしたいホテルです。


4. 堂島川温泉 天神の湯 ドーミーイン梅田東


公式ホームページ

5. ホテル関西

阪急梅田駅から徒歩10分、キタの繁華街にも歩いてすぐの場所に建つのが、ここ「ホテル関西」です。全442室の客室は、様々なニーズに対応したシングルからフォースまでと、幅広いタイプを用意。全室に無料のWi-Fiが完備されているのもうれしいですね。洗濯物を洗って乾燥までできるコインランドリーもあるので、長期滞在にもおすすめ。3連泊以上だとお得なプランもあるので、上手に活用したいですね。 朝食は20種類以上の料理が並ぶ、バイキング形式でどうぞ。木目調の落ち着いたレストランでゆっくりといただけいます。 ほかのホテルに比べると、かなりリーズナブルなので、宿泊代を節約したい人におすすめのホテルです。

※写真はイメージです


5. ホテル関西


公式ホームページ

いかがでしたか?梅田駅界隈だけでもたくさんのホテルがあります。あなた好みのリーズナブルなホテルをぜひ探してみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事