WOW! JAPAN

大阪

宿泊

大阪のおすすめのキャンプ場5選

2016.06.16

Writer name : KAMIOKA

大都会・大阪からちょっと足を延ばすと、自然が満喫できるキャンプ場がたくさんあります。観光やショッピングだけでない特別な日本体験をしてみてはいかがですか?今回は、大阪で行けるおすすめのキャンプ場を紹介します。

1. アーバンオートビレッジオートキャンプ場(通年)

大阪湾に浮かぶ人口島「舞洲スポーツアイランド」にあるキャンプ場。大阪市内から車で20分とアクセスが良く、都心で気軽にアウトドアを楽しめます。テントやタープ、バーバーベキューコンロなどのレンタルも充実しているため、キャンプ用具はなくても大丈夫ですよ。コンビニが近くにありますが、車で20分ほど離れたスーパーで、食材はあらかじめ用意した方がいいでしょう。直火、たき火、打ち上げ花火は禁止です。施設内には、海風を感じながらジョギングができたり、磯遊びができたり、大人も子供も楽しめる大型遊具などがあります。入浴施設はありませんが、温水シャワーが24時間使用可能なのは嬉しいですよね。

※写真はイメージです。


1. アーバンオートビレッジオートキャンプ場(通年)


舞洲スポーツアイランド公式ホームページ(日本語のみ)

2. 花博記念公園鶴見緑地 キャンプ場(3月~11月)

こどもの森、一年中泳げるプール、植物園など見所や遊び場がたくさんある「花博記念公園鶴見緑地(はなはくきねんこうえんつるみりょくち)」にあるキャンプ場です。地下鉄長堀鶴見緑地線・鶴見緑地駅からも歩いて行ける場所で、キャンプに必要な機材や食材のレンタルがあり、旅先で手軽にキャンプやバーベキューを楽しむには最高のスポットと言えます。しかも、使用料は無料です!(場所代無料。機材レンタルは別途レンタル料金が必要)当日受付も可能ですが、とても人気のあるキャンプ場なので、事前予約(電話かネット予約。日本語のみ)をおススメします。なお、予約後、利用日前日までに利用券を受け取る必要があるので注意してください。テントサイトは、炊事場を中心に配置しているので、どのサイトでも炊事場が近くて便利です。たっぷり遊んだあとは、園内の天然温泉施設「鶴見緑地湯元 水春」で汗を流すこともできますよ。たっぷり遊んでバーベキューでお腹いっぱい食べてキャンプして。盛りだくさんの都心キャンプをお楽しみください。


2. 花博記念公園鶴見緑地 キャンプ場(3月~11月)


花博記念公園鶴見緑地公式ホームページ(日本語のみ)

3. 大阪府民の森 ちはや園地 金剛山キャンプ場(通年)

大阪府の最高値に位置する標高1,125mの金剛山山頂にあり、山のふもとからロープウェイで行くキャンプ場。1時間ほどハイキングして行くことも可能です。キャンプ場にはバンガローや常設テント、バーベキューコンロ、食器セット、薪、炭が完備(有料)されていて通年キャンプが楽しめます。標高が高いので夏は涼しく過ごせ、夜は寒いくらい。11/30~3/31の期間は、持ち込みテントサイトとバーベキュー施設のみ利用可能です。スキーができるほど積もりませんが、雪遊びや雪山キャンプが楽しめますよ。なお、食材は持ち込む必要がありますが、ゴミは各自持ち帰りなので、ごみを減らすためカット済みの野菜や、切り分け済みの肉などを購入しておく方が良いでしょう。近くに星を観察できる施設「ちはや星と自然のミュージアム」があり、天気がよければ、太陽の黒点、プロミネンス、金星が見えることもあります。ぜひ足を運んでくださいね。


3. 大阪府民の森 ちはや園地 金剛山キャンプ場(通年)


大阪府民の森公式ホームページ(日本語のみ)

4. 牛滝温泉 いよやかの郷 キャンプ場(3月から11月)

大阪市内から車で1時間ほどのところにあり、手軽に大自然を満喫できる「牛滝(うしたき)温泉 いよやかの郷」内のキャンプ場です。レンタルが充実していて、屋根付き炊事場があるのでアウトドア初心者にもおすすめです。車が横付けできないので、荷物を運ぶ必要がありますが台車を無料でレンタルできるのでご安心を。テントをレンタルする場合は、あらかじめ設営済みなので荷物を運べばすぐに自然を満喫できますよ。目の前にある川は整備されていて、子供も安心して遊べます。網を持っていくとカニや小魚が採れますよ。夏は、カブトムシやクワガタ採取もできるので早起きして散歩してみては?テントサイトから歩いて10分のところに、肌がしっとりつるつるになると評判の天然温泉「美肌の湯」があるので、ぜひ利用してくださいね。

※写真はイメージです。


4. 牛滝温泉 いよやかの郷 キャンプ場(3月から11月)


牛滝温泉 いよやかの郷公式ホームページ(日本語のみ)

5. 一里松キャンプ場(3月から11月)

大阪市内から車で1時間半ほどの「一里松キャンプ場」。入場料が3歳から1,000円かかり、テントサイト料金が別と少し高めですが、5人揃うなら入場料込みで寝具もついているロッヂ(12,500円)がお得です。機材レンタルもありますが、食材の販売はないので用意しておきましょう。渓流に沿ったキャンプ場で、場内に川が流れており子供の川遊びに最適。初夏にはたくさんの蛍に出会えます。また、マスの掴み取り(有料)は盛り上がりますよ!逃げるマスを追いかけ手で掴むのは、なかなか大変!捕まえたあとは、バーベキューで焼いて食べくださいね。大阪にいることを忘れてしまうほどの豊かな自然の中でたっぷり遊べるキャンプ場です。なお、営業期間は3月から11月です。

※写真はイメージです。

5. 一里松キャンプ場(3月から11月)


5. 一里松キャンプ場(3月から11月)


公式ホームページ(日本語のみ)

キャンプ場に漂う炭の香り。緑のにおい、川のせせらぎ。大阪に来たら、少し足をのばして日本の自然を満喫できるアウトドアを体験してみませんか?

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!