close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【決定版】大阪のご当地グルメ「たこ焼き」地元民おすすめの人気店8選

大阪のご当地グルメといえば「たこ焼き」。街を歩けばたくさんのたこ焼き屋に出合えます。今回は特におススメな8店舗を紹介。お店によって特徴もさまざまなので、食べ歩きながら味比べするのも大阪ならではの楽しみ方ですよ!

1. たこ焼き道楽 わなか

地元大阪の人たちからも評判が高く、行列が絶えない「たこ焼き道楽 わなか」。昆布や鰹のだしを効かせた生地の中に大ぶりのタコが入っていて、外はカリカリなのに中はトロトロの食感です。通常たこ焼きはソースで食べるのが主流ですが、わなかのたこ焼きは主に4種類の味付けがあり楽しむことができます。1つめは王道のソース。まろやかでさっぱりした風味が特徴。2つめは塩。ミネラルがたっぷり含まれている沖縄産の釜炊き塩が、生地とタコそのものの旨味を引き立てています。3つめはしょうゆ。生地に染み込んだ香ばしい香りと優しい味がまさに日本的です。最後はどろソース。普通のソースより”どろっ”としていることから名づけられたこのソース、やや辛口でスパイシーな味わい。この4種類の味や期間限定の味の中から合わせて4種類の味を2個ずつ楽しめるおおいり(500円(税込))というメニューもあるので、迷ったら是非そちらをチェックしてくださいね。本店へのアクセスは、地下鉄御堂筋線 なんば駅・南海本線 難波駅から徒歩5分です。
たこ焼き8個入り(450円(税込)) 12個入り(600円(税込))

1. たこ焼き道楽 わなか

大阪府大阪市中央区難波千日前11-19

2. 蛸之徹

自分でたこ焼きを焼いて食べる、という珍しいスタイルのお店「蛸之徹」。食べ歩きにピッタリなたこ焼きだけれど、椅子に座ってワイワイ話しながらじっくり自分たちでたこ焼きを焼いてみて食べるのはいかがでしょう。もちろんヘルプが必要なときはスタッフが助けてくれますが、焼き加減やトッピング、ソースの種類など、自分好みにカスタマイズできるのが魅力ですね。メニューも普通のたこ焼きのほかに、肉入りの山賊焼やカレーたこ焼き、コーン・チーズ・パイン入りのトロピカル焼きなどさまざまに楽しめます。梅田駅に近くアクセスもいいので、大阪旅行の思い出にたこ焼き作り体験なんていかがでしょうか。

2. 蛸之徹

大阪府大阪市北区角田町1-10

3. 会津屋

梅田や難波などにも店舗を展開し、たこ焼き発祥の店といわれる「会津屋」。会津屋のたこ焼きの特徴は、ソースがかかっておらず他店のたこ焼きと比べてサイズが小ぶりなこと。これは「手でつまんで食べられる、安くて冷めてもおいしいたこ焼きを」という初代の信念を貫いているからなのです。もちろんソースと合わせて食べてはいけないというわけではなく、酢醤油やソース、一味唐辛子も置いてあるのであとはお好みで。特におすすめが「元祖ラヂオ焼き」。たこ焼きの原型となったもので、タコではなく牛スジとこんにゃく、ねぎが入っています。醤油だしの効いた生地に牛スジとこんにゃくのコクがマッチした絶品。会津屋でたこ焼きのルーツに触れてみてください。たこ焼き12個(500円(税込)) たこ焼き15個(620円(税込)) たこ焼き18個(740円(税込)) たこ焼き21個(860円(税込))

3. 会津屋

大阪府大阪市中央区難波5丁目 NAMBAなんなん5号

4. あべのたこ焼き やまちゃん 2号店

観光客だけでなく、地元客からも愛される「あべのたこ焼き やまちゃん 2号店」は、JR・地下鉄・近鉄「天王寺駅」から徒歩5分の場所にあるお店。鶏ガラに約十種類の果実・野菜で4時間煮込んだスープと、昆布・かつおの和風だしをブレンドしてできた自慢の生地は、何もかけなくてもおいしく食べられるほどです。
その焼き方も特徴的で、特注の分厚い鉄板を使い、高温でじっくりと焼き上げます。中に旨味をしっかり閉じ込めるから、口に入れるとだしの旨味がふわっと広がりますよ。たこ焼きは6個 510円(税込)。

4. あべのたこ焼き やまちゃん 2号店

大阪府大阪市阿倍野区松崎町2-3-53 川上ビル1F

5. 大阪アメリカ村 甲賀流本店

「アメリカ村」とは大阪の若者文化の中心地として、おしゃれな洋服や雑貨が手に入る人気のスポット。そのアメリカ村のランドマーク的存在がこちらの「大阪アメリカ村 甲賀流本店」です。「ミシュランガイド京都・大阪」に2016年から3年連続で掲載されるほど、味と素材にこだわりを持ったお店なんですよ。
こちらのたこ焼きは、7種のだしと山芋入りの生地に真だこを豪快に入れ、口あたりはふわっとやわらか。こだわりの自家製ソースと卵黄のみを使って酸味をおさえたマヨネーズをかけると、絶妙な味に仕上がります。定番のソース味「王道のソースマヨ10個入り(400円)」のほかにも、さっぱり食べられるネギとポン酢の「革命のねぎポン10個入り(500円)」や、「ブラックペッパーソルト&マヨネーズ10個入り(450円)」など、ソースのバラエティも豊富。
2階のイートインスペースも利用できるので、買い物に疲れたらたこ焼きを食べながら休憩するのもいいですね。

5. 大阪アメリカ村 甲賀流本店

大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-4

6. はなだこ

JR大阪駅から徒歩1分とアクセスもいい「はなだこ」の自慢は、店主が品質にこだわった生ダコの足のみを使用していること。生地のだしだけでなくこのタコから出る旨味も、たこ焼きのおいしさを高めています。
普通のたこ焼きのほかに、たこ焼きが見えないくらいネギがのった「ネギマヨ6個(550円(税込))」もお店のおすすめメニュー。シャキシャキと歯ごたえも良く、目にも鮮やかな青ネギは、ソースとマヨネーズとの相性も最高!ビールとたこ焼きをセットでお得に楽しめるメニューもありますよ。

6. はなだこ

大阪府大阪市北区角田町9-16

7. あっちち本舗 道頓堀店

「あっちち本舗」のたこ焼きは、外はカリッと香ばしく、中はトロッとしているのが特徴!この味わいを生み出しているのは、極限まで薄く表面を焼ける鉄製の焼き型です。一般的なたこ焼き店で使用するのは焼きやすい銅製ですが、こちらのような鉄製はうまく焼くのに技術が必要。ほかでは味わえない、独特の触感を楽しめます。
中に入ったタコも、刺身でも食べられるほど鮮度にこだわっているので歯ごたえ抜群!「たこ焼き(500円(税込))」は9種類の味付けから選べます。お酒の種類もそろっているので、たこ焼きを食べながらお酒も進みますよ。地下鉄御堂筋線・千日前線なんば駅から徒歩5分です。

7. あっちち本舗 道頓堀店

大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-19

8. 道頓堀 赤鬼

生だこを使い、国産食材にこだわったたこ焼きで、「ミシュランガイド京都・大阪2018」にも掲載された「道頓堀 赤鬼」。
定番の甘めのソースなど、5種類のソースが選べる「たこ焼き(500円(税込))」がお店の看板メニューですが、たこ焼きを柚子の風味が香るだしにつけた「ちゃぷちゃぷ(500円(税込))」も新しいおいしさでおすすめ!カリッと焼いたたこ焼きをだしの中に浸すので、生地がだしの旨味をたっぷりと吸い上げます。口に入れるとじゅわっとあふれるだしの風味と、爽やかな柚子の香りは、いつものたこ焼きとは一味違った新しい味わい!ぜひチャレンジしてみてくださいね。近鉄難波線・阪神なんば線 大阪難波駅から徒歩3分です。

8. 道頓堀 赤鬼

大阪府大阪市中央区難波1-2-3

いかがでしたか?大阪人のソウルフードともいわれるたこ焼きだからこそ、お店それぞれがこだわり抜いたたこ焼きを提供してくれます。そんな情熱と熱気を感じながら、是非いろいろなお店のたこ焼きを食べ歩いてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!