WOW! JAPAN

沖縄

観光

ビーチだけじゃない!沖縄本島で観光するならココ 5選!

2016.04.07

Writer name : KAMIOKA

日本でも、訪れたい県で常に上位にランクされる沖縄。沖縄の魅力はビーチだけにとどまりません。今回はビーチ以外の、沖縄独特の文化、伝統工芸や自然など沖縄本島の魅力を紹介します。

1. 人気の癒しスポット「沖縄美ら海水族館」

美ら海水族館のみどころは、世界最大級の水槽「黒潮の海」。ジンベエザメ、ナンヨウマンタなど1万6000匹もの生き物たちが優雅に泳ぎ、時間を忘れて見入ってしまいそう。また、毎日3:00 pm、5:00 pmには迫力のジンベエザメ餌付けや、美ら海シアターなど様々なプログラムが用意されています。大水槽を上から観覧できる黒潮体験(水上観覧コース)は、ガラス越しではない魚たちや飼育員の様子など、舞台裏を見ることができておススメです。見学だけでしたら、1時間あれば十分に回れますが、ゆっくり観賞して写真をとったり、プログラムにも参加してみてください。水族館出口から徒歩5分の「オキちゃん劇場」ではイルカショー(約20分)を無料で見ることができるのでぜひコースに入れてくださいね。


1. 人気の癒しスポット「沖縄美ら海水族館」


沖縄美ら海水族館公式ホームページ

2. 国内有数の鍾乳洞と沖縄文化が詰まった「おきなわワールド」

沖縄ワールドで最初にオープンしたのが、今や年間100万人が訪れる東洋で最も美しいと言われる鍾乳洞「玉泉洞」。公開されている890 mに37種もの鍾乳石が並びます。夏限定で未公開エリアに入る洞窟探検もおススメ。玉泉洞を出ると沖縄らしい赤瓦屋根の古民家が並ぶ王国エリアに。実際使われていた古民家を移築していて、フール(昔の循環式トイレ)までも移築されています。このエリアで1日4回行われる、迫力のショー、沖縄の伝統芸能「エイサー」は必見。そのほか、琉球ガラス体験など沖縄の文化を体験できます。また、ハブ博物公園の「ハブのショー」の面白さは外せません。2~3時間で玉泉洞、王国村、ハブ博物館すべて回れますが、おきなわワールドを満喫するには半日ほどの滞在がおススメです。


2. 国内有数の鍾乳洞と沖縄文化が詰まった「おきなわワールド」


おきなわワールド公式ホームページ

3. 琉球文化の体験プログラムが豊富「琉球村」

琉球文化を身近に感じられる「琉球村」。園内では1時間おきに、エイサー(沖縄の伝統芸能)や民謡ショーがおこなわれ、古民家では、三線(弦楽器)、太鼓、唄に合わせて踊り手と観客が一緒になって踊り遊びます。三線の音が聞こえたら参加して、音楽と共にある”沖縄の文化”を感じてください。また、当日持ち帰れるシーサー(魔除け)の絵付け体験など、体験プログラムの種類が豊富。10分ほどで終わるものから、2時間ほどの本格的なものまであります。園内の古民家の壁にかかる時計はすべて止まっていて、「時間を気にせずゆっくりと過ごしてほしい」というはからいなんだとか。園内にゆったりと流れる時間の中、旅の疲れをいやしながら琉球文化を体験したい方におススメです。


3. 琉球文化の体験プログラムが豊富「琉球村」


琉球村公式ホームページ

4. 亜熱帯の植物園で遊ぶ「ビオスの丘」

広大な敷地面積で四季折々の沖縄の生態系が見られる「ビオスの丘」。人が多いビーチや繁華街と違い、大自然に囲まれ、リラックスして過ごせます。自分の足でのんびり植物を観察しながら散策するのもおススメですが、せっかくなので、水牛がひく牛車に乗ったり、湖水観賞船やカヌーで湖水をめぐってはいかが?また園内のアスレチックや森のブランコ、竹馬(日本の昔遊びの道具)等で思いっきり体を使って遊べます。遊び疲れたら、そばにある「おもろ茶屋」で沖縄そばをどうぞ。ここでは無料でゴザ(マット)を貸し出ししているので、食事の後はゴザをひいて、お昼寝や読書なんて贅沢な時間を過ごすことも出来ますよ。リラックスしたい大人はもちろん、自然の中で遊びたい子供連れファミリーにもおススメです。


4. 亜熱帯の植物園で遊ぶ「ビオスの丘」


ビオスの丘公式ホームページ

5. 琉球王国の歴史に触れる首里城公園

1429年から450年にわたり存在した、琉球王国の中心が「首里城」です。第二次世界大戦(1945年)で焼失し、現在の首里城は1992年に復元されたものですが、中国と日本の文化が融合した独特の建築様式や石組技術は世界遺産になっています。日本の2000円札に描かれた「守礼門」は、総合案内所先の無料エリアにありますのでお見逃しなく。那覇市内を見渡せる小高い立地を利用して建設された首里城は、王国時代を復元し整備されており、坂や階段・石畳が多いので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。小さいお子様連れや体が不自由な方は、バリアフリーコースも用意されているのでご安心を。所要時間は1時間半ほど。鮮やかな朱色は、王国の歴史文化を今に伝える沖縄のシンボルとも言えます。ぜひお立ち寄りくださいね。


5. 琉球王国の歴史に触れる首里城公園


首里城公園公式ホームページ

いかがでしたか?沖縄にはビーチ以外でも楽しめるところがいっぱいありますね。カップル、ご家族で楽しめるスポットばかりなので、ぜひ楽しんでみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!