WOW! JAPAN

沖縄

ショッピング

沖縄に行ったら外せないお土産5選

2016.04.28

Writer name : suniyo

南国らしい雰囲気満点で、多くの観光客が訪れる沖縄県。独自の文化が発展したこの地域では名産品も多く、魅力的なものがたくさんあります。今回は沖縄のおすすめお土産をご紹介します。

1. ちんすこう

琉球王朝時代からお祝いごとでよく食されていたのが、ちんすこう。今ではたくさんの人に愛される、沖縄を代表するお土産になっています。原材料は、小麦粉と砂糖とラードが中心のシンプルな焼き菓子ですが、さっくりと食べられてほのかに甘い感じが癖になります。そんなちんすこうの発祥とされるのが、「新垣ちんすこう」。1908年に新垣菓子店が開店し、現在国際通りに営んでいる新垣ちんすこう本舗は1978年より営業しています。店舗では、さまざまな味付けのちんすこうを味見できるので、お好みのものを選ぶと良いでしょう。女性に優しい一口サイズのものも人気。プレーン、海塩、ごま塩、紅いも、チョコ、黒糖などの種類があり、バラエティセットではその全ての味をちょっとずつ楽しめるので、おすすめです。



1. ちんすこう


公式ホームページ(日本語のみ)

2. 古酒泡盛酒ケーキ

沖縄らしいお酒と言えば、泡盛。民謡居酒屋に行くと、三線でのライブを聞きながら、泡盛片手にお客さん同士で語ったり踊ったりしながら盛り上がっている光景をよく目にします。もちろん、泡盛をお土産として選ぶのもありですが、今回おすすめしたいのはスイーツ。沖縄農園の「古酒泡盛酒ケーキ」は、その名の通り泡盛を使ったケーキで、その味には定評があります。そもそも、ブランデーケーキというのは一昔前に流行りましたが、その流れを受けてラム酒ではなく泡盛を使ってみたらどうなるかという着想から生まれた一品。ちょうどケーキに合うのが、3年ほど寝かせた古酒と、かなり貴重な代物です。全国のお土産が集まる品評会にて、沖縄初の厚生労働大臣賞を受賞しています。



2. 古酒泡盛酒ケーキ


公式ホームページ(日本語のみ)

3. ロイズ石垣島のチョコレート

旅のお土産の定番なのが、チョコレート。沖縄にももちろんありますが、一般的にあるお土産とは一味違う良さがあります。ロイズ石垣島が製作しているチョコは、マンゴー、パイナップル、黒糖など沖縄ならではのフルーツや食材と組み合わせているのが特徴的です。マンゴーのコクのある甘さやパイナップルの自然な酸味がそれぞれチョコと絶妙なブレンド。他にもシークワーサーや泡盛などもあります。それぞれ9粒入って486円(税込)と、お求めやすい価格。幾つかの味をお土産として買っていき、みんなで食べ比べしてみるのも良いでしょう。また、一風変わったものとしては、ポテトチップスとチョコを合わせた、その名もポテトチップチョコレートも塩味が癖になります。


3. ロイズ石垣島のチョコレート


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 紅いもタルト

沖縄名物の一つでもある紅いも。それを使ったスイーツで、一際人気が高いのが「紅いもタルト」です。柔らかい舟型のタルト生地の上に、赤紫色の紅芋がふんだんに使われ、品の良さも感じさせるお菓子です。沖縄県内でチェーン展開している御菓子御殿を中心に販売されています。読谷本店と国際通り沿いの松尾店と恩納店では、工場も併設されており、加工の様子をガラス越しに眺めることができます。できたてのタルトをイートインスペースにて味わえるのも魅力です。また、恩納店は、首里城を思わせる門構えが特徴的なお店で、そこでは紅いもタルトを手づくりできる体験まで用意されています。自分だけのオリジナルの手づくりお菓子をプレゼントすれば、受け取った側の喜びもさらに増すことでしょう。


4. 紅いもタルト


公式ホームページ

5. 山原シークワーサー

沖縄の果物といえば、何を思い浮かべますか?パイナップルも名産ですが、ここで紹介したいのはシークワーサー。お土産としておすすめなのは、果汁100%のジュースです。「山原シークワーサー」と命名されており、沖縄北部の山原で収穫されたシークワーサーだけを使っています。完熟した甘めのものと、青いまま収穫された栄養価の高いものとを見事な配合でブレンドし、深みがある中でも飲みやすくおいしいジュースが完成しました。発売元の又吉薬草園では農園管理から加工と管理までを一貫して行う生産体制なので、安心して味わうことができます。飲み方としてはお水で薄めてもいいですし、お酒でわるのも通な楽しみ方。ゼリーやアイスなどに使うと、お子さまにも喜ばれやすいです。

※写真はイメージです


5. 山原シークワーサー


公式ホームページ(日本語のみ)

沖縄は1年を通して観光客が多いため、菓子や民芸品など、お土産のバリエーションがとても豊富です。今回は飲食物を中心にご紹介しましたが、沖縄のスターバックスカフェでしか売られていない「めんそーれタンブラー」や空き瓶を溶かして再生利用したことから始まった工芸品「琉球ガラス」、魔除けの意味を持つ伝説の獣をモチーフにした「シーサーグッズ」など沖縄には幅の広い選択肢から土産品を選ぶことができます。送る相手に合わせた沖縄土産をプレゼントしましょう!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!