close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

自然豊かな奈良県三郷町の名産品を堪能!黒豆を使った料理教室 [PR]

世界遺産の東大寺や春日大社などの観光名所が多数あることから旅行者に人気の奈良県。そんな奈良県にある三郷町には、古道や神社仏閣などの歴史情緒ある名所に加え、四季折々の美しさを見せる自然も豊富。そんな三郷町の豊かな自然で育まれた地元の名産品、黒豆を使用した料理教室が開催されます!本記事では料理教室の詳細と訪れるべき三郷町の観光スポットをご紹介。まだ知られていない穴場エリアの魅力をぜひご覧ください。

歴史情緒と自然美が融合する、奈良県三郷町の魅力

「関西」と呼ばれる西日本エリアに位置する奈良県は、かつて都があったことから東大寺や橿原神宮を始めとした歴史ある神社仏閣を複数有しています。また、桜の名所として有名な吉野山や大台ケ原など、優美な自然が残る名所も豊富なことから、国内のみならず海外からも多くの観光客が訪れる人気の観光エリアです。国際便が発着する関西国際空港からバスや電車で約1時間半ほどで行けることから、海外からのアクセスも良好です。

歴史的情緒と優美な自然が共存する三郷町

三郷町は、奈良県の北西部に位置し、東西に約5.6km、南北に約3.5km、面積が約8.79km2と非常にコンパクトな街です。そんな奈良県に属する三郷町は、金剛生駒紀泉国定公園や信貴山を中心に、四季折々に姿を変える美しい自然環境に恵まれています。
また、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集『万葉集』には、龍田古道や桜の名所となっている三室山など、三郷町に関連すると思われる歌が多数残されています。そのほか、龍田大社、平隆寺など、貴重な文化財を持つ古社寺が町内に数多くあります。

このように豊かな自然と歴史が残る街でありながら、大阪市内まで電車で30分以内で行くことができる交通の便のよさもあるため、足を運ぶ価値のあるエリアと言えます。

三郷町マップはこちら

三郷町の訪れるべき観光スポット

1:龍田古道

龍田道は、奈良時代(710〜794年)に平城京と大阪府を結ぶ道として整備され、天皇の行幸や遣唐使、遣新羅使が大和(日本国の古称)に入る玄関口として利用されていた。日本最初の官道であったとも考えられており、『万葉集』でも多くの歌人がこの龍田道を通った際の歌を残しており、当時の人々の心情的にも重要な地であったことが窺えます。沿道には古代寺院が建ち並んでいるため、その歴史的名所と沿道の自然を楽しむことができます。

名前:龍田古道
公式ウェブサイト: https://www.town.sango.nara.jp/kensetsukeizai/tatutakodoupurojekuto.html
住所:奈良県生駒郡三郷町立野
交通アクセス:JR大和路線「三郷駅」下車、徒歩約8分

2:龍田大社

龍田風神と呼ばれる風の神様を祀る神社。今から約2100年前、数年にわたって凶作が続き疫病が流行った際に、天皇の夢に大神様が現れ「天御柱命・国御柱命の二柱の神を龍田山に祀りなさい」とお告げがありました。その通りに社を造営すると、作物は豊作、疫病は退散したため、当神社が創建されたそうです。近年は、風の難を防ぐことから、航海や航空の安全を祈願する参拝客が数多く訪問しています。毎年7月の第1日曜日に行われる風鎮祭では、風鎮太鼓や神楽を奉納し、豪快な手筒花火も見ることができるので、同時期に関西を訪れる人はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

名前:龍田大社
公式ウェブサイト: http://www.tatsutataisha.jp/index.php
時間:参拝自由、授与所受付9:00 am〜5:00 pm(ご祈祷受付4:00 pmまで)
住所:奈良県生駒郡三郷町立野南1丁目29-1
交通アクセス:JR大和路線「三郷駅」下車、徒歩約5分

3:竜田山(龍田山)

竜田山は、奈良県生駒山地の最南端、信貴山の南に連なる大和川北岸の山々の総称で、竜田川流域にあり、秋になると美しい紅葉を見ることができます。『万葉集』でも竜田山について詠んだ歌が多数残されており、編纂当時から2000年以上経った今でも、季節や時間によって姿を変える風光明媚な景色が訪れる人々を癒しています。

名前:竜田山(龍田山)
住所:奈良県生駒郡三郷町立野
交通アクセス:JR大和路線「三郷駅」下車、徒歩約8分

4:平隆寺

平隆寺は別名施鹿薗寺(せろくおんじ)や平群寺とも呼ばれ、飛鳥時代(538~710年)に活躍した皇族・政治家として名高い聖徳太子が建立した46ヶ寺院の一つです。平隆寺が位置する三郷町の勢野地域は、平隆寺や法隆寺の瓦を焼いた瓦窯群や、6世紀前半の前方後円墳も確認されていることから注目され、平隆寺域は県の史跡に指定されています。現在の寺院は近世に建立されたもので、古代寺院跡として今も地下に眠っています。

名前:平隆寺
公式ウェブサイト: https://www.town.sango.nara.jp/shogaigakusyu/kanko/spot/heryuji.html
時間:参拝自由
住所:奈良県生駒郡三郷町勢野東2-11-60
交通アクセス:近鉄生駒線「勢野北口駅」下車、徒歩約10分

5:信貴山

信貴山は標高437mで、奈良県が選定した「奈良百遊山」の一つです。奈良県と大阪府の県境にある生駒山と信貴山の尾根沿いを結ぶ観光有料道路「信貴生駒スカイライン」は、春には桜、秋には紅葉が鮮やかに色づき、冬には雪景色が美しい情景を見せることから地元民や観光客に人気の観光地。大阪や奈良の夜景を一望できるので、夜にもぜひ訪れたいスポットです。
また、有形文化財に登録された開運橋では関西で唯一のバンジージャンプが楽しめます。季節の変化を感じる自然美を楽しみながら、30mの高さから羽ばたくスリル満点の体験に、ぜひチャレンジしてみてください。

名前:信貴山
住所:奈良県生駒郡三郷町信貴山西
交通アクセス:JR大和路線・近鉄生駒線「王寺駅」下車、奈良交通バス「王寺駅北口」より「信貴山門」行き(約22分)「信貴大橋」下車、徒歩約5分

<バンジージャンプ>
名前:開運バンジー
公式ウェブサイト: http://www.bungyjapan.com/kaiun/
時間:9:00 am〜5:00 pm(最終受付4:30 pm)
定休日:水曜・木曜 ※台風、雷、大雪等により、営業休止となる場合もあります。
料金:1回目9,000円、同日2回目5,000円(2回目以降7,000円)(要認定書&身分証明書)
※2020年1月1日より、下記料金に改定予定
1回目10,000円、同日2回目6,000円(2回目以降8,000円)(要認定書&身分証明書)
住所:奈良県生駒郡三郷町信貴山西1190-20
交通アクセス:JR大和路線・近鉄生駒線「王寺駅」下車、奈良交通バス「王寺駅(北口)」より「信貴山門」行き(約22分)「信貴大橋」下車、徒歩約5分

甘みと旨みが凝縮!三郷町の黒豆を使った贅沢な料理教室

豊富な栄養と素材の旨みが凝縮された黒豆

抗酸化作用を持つポリフェノールを含み、高血圧・動脈硬化などの予防やアンチエイジング・血糖値改善など様々な効果がある黒豆は、昔から健康食品として親しまれる日本の食卓に欠かせない存在です。
三郷町で栽培される黒豆は、素材本来の美味しさと香りを最大限に引き出すため、天日で約1ヶ月かけてじっくり乾燥されます。甘みと旨みが凝縮され豊富な栄養素も残っているのが特長です。

三郷町の黒豆を使った贅沢な料理教室

地域ならではのグルメを楽しむことは、旅行中の大きな楽しみの一つ。さらに深くご当地グルメを満喫したい方におすすめなのが、日本で人気の料理教室「ABCクッキング」が開催する三郷町の黒豆を使用した料理教室です!
実際に調理体験できるレシピは3品。豆と豚肉や牛肉を煮込んだブラジル料理であるフィジョアーダ、ポタージュ、ケーキやビスケット生地をジャムやコンデンスミルクでまとめたラムボウルを、三郷町の黒豆を使って作ることができます。開催場所は、JR「新大阪駅」から約20分、JR「奈良駅」から約30分ほどで行けるJR「天王寺駅」前すぐにあるキッチンスタジオでアクセス便利な上、講師は英語で説明してくれるので、日本語が分からない方も安心して参加できますよ。
三郷町の豊かな自然が育んだ素材本来の味わいを最大限に活かしたレシピを、実際に作って食べて楽しんでください!

【レシピ(全3品)】
 ・黒豆と豚肉のフィジョアーダ風~ライス添え~
 ・黒豆のポタージュ
 ・ラムボウル

【持ち物】
エプロン・ハンドタオル(エプロンをお持ちでない場合は、100円で購入可能です)

開催場所:あべのandスタジオ
  Googleマップ
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋2丁目1番40号 あべのand4階
開催予定:
 2019年12月20日(金)
 2020年1月14日(火)、30日(木)、2月10日(月)、26日(水)、3月9日(月)
レッスン時間:2:00 pm〜4:00 pm(1レッスン約2時間)
アクセス:JR「天王寺駅」より徒歩5分
対応言語:日本語、英語に対応

予約はこちら

奈良県三郷町魅力をたっぷりとご紹介しましたが、いかがでしたか。歴史的情緒と自然豊かな地域ならではの絶景や名産品をぜひご堪能ください!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

奈良 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!