close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

世界最大の木造建築!奈良「東大寺」徹底ガイド

奈良を代表する観光名所・東大寺。有名なのは大仏が安置される金堂(大仏殿)ですが、ほかにも見どころが多数あるんです。そこで今回は、必ず見ておきたい東大寺のスポットをご紹介します。

1. 東大寺とは?

人気観光スポット・奈良公園内にあるお寺「東大寺」。743年、時の天皇によって大仏建立の命が発令され、その大仏を安置し国を護る寺として造営されました。次々と大きな建物がつくられ繁栄しましたが、そのほとんどは2度にわたる焼き討ちにあい焼失。現在の建物は鎌倉時代から江戸時代(1185〜1867年)に再建されたものなんですよ。

1. 東大寺とは?

奈良県奈良市雑司町406-1

2. 南大門

東大寺の正門にあたる、高さ約25mの「南大門」。1203年に再建された日本最大の豪壮な山門です。正面の左右を守る仁王像も迫力満点。一方は口を開いた阿形、もう一方は口を閉じた吽形の2体を一対とする像です。鎌倉時代(1185年〜1333年)の名仏師・運慶と快慶が弟子を率いて、わずか3ヶ月で彫り上げたといわれています。

2. 南大門

奈良県奈良市雑司町406-1

3. 金堂(大仏殿)

「大仏殿」とも呼ばれる「金堂」は世界最大の木造建築。その大きさに思わず圧倒されてしまいますが、創建当時は今よりもさらに大きなものであったといわれています。現在の建物は江戸時代(1603年〜1867年)に再建されたものです。堂内に安置されている大仏は高さ15m。顔の長さ5.3m、手の長さ2.6mとかなり巨大ですが、こちらも創建時は今よりも大きかったといわれているんですよ。

拝観料:大人500円、小学生300円
共通割引券(金堂+東大寺ミュージアム):大人800円、小学生400円
※共通割引券は2018年より大人1,000円、小学生400円

3. 金堂(大仏殿)

奈良県奈良市雑司町406-1

4. 二月堂

752年に創建、1669年に再建されたお堂。国宝に指定される、懸崖造りの建物です。高台に位置しているので、はり出した回廊からは奈良市内を一望。旧暦2月の行事「お水取り(修二会)」が由来となり、「二月堂」の名が付けられたといわれています。

4. 二月堂

奈良県奈良市雑司町406-1

5. 法華堂(三月堂)

東大寺のなかで最も古い建物。東大寺創建前にあった寺の遺構であるといわれています。かつては正堂と礼堂が別々に建っていましたが、鎌倉時代に改築しひとつの建物に。奈良時代前期(8世紀前半)と鎌倉時代(13世紀中頃)の異なる時代の建築が見事に調和しています。旧暦3月に「法華会」という行事があることから「法華堂」や「三月堂」と呼ばれています。

拝観料:大人500円、小学生300円

5. 法華堂(三月堂)

奈良県奈良市雑司町406-1

6. 戒壇堂

唐僧・鑑真が受戒のために開いたお堂。754年、大仏殿前に特設された戒壇で聖武天皇らに戒を授け、翌年に日本最初の正式な受戒の場として戒壇院を建立しました。当時は講堂・僧坊・廻廊なども備えていましたが、3度の火災で焼失。江戸時代(1603年〜1867年)に現在の「戒壇堂」が再建されました。堂内には国宝・四天王像が安置されています。

拝観料:大人500円、小学生300円

6. 戒壇堂

奈良県奈良市雑司町406-1

7. 東大寺ミュージアム

東大寺の教学や歴史、文化の発信基地「東大寺総合文化センター」内にある施設。1300年にわたる歴史と基盤となる教えを知ることができます。国宝や重要文化財をはじめとする宝物も展示。彫刻・絵画・書跡・工芸などを間近に見ることができます。音声ガイド(貸出料500円、英語対応)あり。

入館料:大人500円、小学生300円
共通割引券(金堂+東大寺ミュージアム):大人800円、小学生400円
※共通割引券は2018年より大人1,000円、小学生400円

7. 東大寺ミュージアム

奈良県奈良市水門町100

いかがでしたか?訪れる際は大仏だけではなく今回ご紹介したスポットにも注目してみてくださいね。
※拝観・入館料は2018年より大人600円、小学生300円

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪・泉州の観光スポット満載!

人気ランキング

奈良 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!