close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

古代日本を感じる奈良の歴史スポット5選

今からおよそ1,400年前、飛鳥(現在の奈良県の一部地域)の地には都が置かれ、政治や文化の中心として栄えました。今回は古代史好きには堪らないおすすめのスポットをご紹介します。

1. 飛鳥寺

6世紀から7世紀の後半にかけて権勢を誇っていた蘇我氏の氏寺で、596年に創建された日本初の本格的仏教寺院。710年の平城京遷都に伴い、718年に奈良に移され「元興寺」となりましたが、元の伽藍(がらん・寺院の建物の総称)はそのまま残され、寺院として存続し続けました。全盛期には、五重塔を中心に3棟の金堂が建つ1塔3金堂式伽藍を回廊が取り囲む大寺院でしたが、現在は1825年に旧金堂跡地に再建された本堂が残るのみです。本堂の中に安置されている本尊「釈迦如来坐像(飛鳥大仏)」は609年に作られたもので、国の重要文化財に指定されています。面長の顔立ちやアーモンド形の眼など飛鳥仏ならではの表現形式に注目してくださいね。

1. 飛鳥寺

奈良県高市郡明日香村飛鳥682

2. 飛鳥宮跡(伝飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)跡)

6世紀末から8世紀末までの間、奈良の地は日本の首都であり、天皇の住まいである「宮」がおかれていました。飛鳥宮跡は長年「飛鳥板蓋宮跡」とされていましたが、発掘調査の結果「飛鳥板蓋宮」だけでなく4つの宮が継続的におかれていたことが判明し、2016年に名称が「飛鳥宮跡」に変更されました。この遺構の変遷は支配体制の変革や王権の存在形態、その歴史的変遷を考える上で非常に重要なものです。また、飛鳥板蓋宮は時の権力者蘇我入鹿(そがのいるか)が暗殺された乙巳(いっし)の変(645年)の舞台となった宮で、この事件を境に日本は氏族政治から脱却し、天皇専制による中央集権政治・律令国家を目指していくことになります。

2. 飛鳥宮跡(伝飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)跡)

奈良県高市郡明日香村岡

3. 藤原宮跡

日本で初めて条坊制がしかれた本格的な唐風都城。694年から710年の平城京遷都までの16年間、3代にわたる天皇の都となりました。東西方向約5.3km、南北方向4.8kmで、平城京、平安京をしのぐ古代最大の都で、その中心施設であった藤原宮には政治の中枢となる施設のほか、天皇や皇后の住まいである内裏などがおかれました。日本で初めての本格的な律令「大宝律令」の制定(701年)や日本で初めての流通貨幣「和同開珎」の鋳造(708年)など、日本の律令制を考える上で重要な出来事が起こったのも藤原京でした。現在、藤原宮跡地には菜の花や蓮、コスモスなど四季折々の花が植えられ、広大な大地を美しく彩っています。息をのむほどの美しい風景の中にたたずみ、古代日本に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

3. 藤原宮跡

奈良県橿原市高殿町ほか

4. 高松塚古墳

国営飛鳥歴史公園内にある、藤原京時代(694年~710年)に築造された2段式の円墳です。1972年の発掘調査で極彩色の壁画が発見されたことで一躍有名になりました。被葬者はいまだに特定されていませんが、石室内の壁画や、副葬品などからかなり高貴な身分の人物ではないかといわれています。壁画は劣化が激しく、現在修復作業中のため、オリジナルを見学することはできませんが、すぐ近くにある「高松塚壁画館」では、発見当時の壁画の模写や復元模型、副葬品のレプリカなどを展示し、高松塚古墳の全貌をわかりやすく再現しているのでぜひこちらにも足を運んでくださいね。

4. 高松塚古墳

奈良県高市郡明日香村平田

5. 石舞台古墳

7世紀初頭に築造されたとみられる国内最大級の方墳で、飛鳥寺の創建者・蘇我馬子の墓ではないかといわれています。石室を覆う盛土が全く残っておらず、巨石を積んだ横穴式石室が露呈した独特の形状をしています。天井石の上面が平らで、その様子が舞台のように見えることから古来より「石舞台」と呼ばれていました。石室を形作る30数個の石の総重量はなんと約2,300トンで、築造当時の7世紀には既に優れた土木・運搬技術があったことがうかがえます。周囲は芝生広場になっていて、春は桃や桜、秋は彼岸花が咲くので、ピクニック気分で行くのもおすすめですよ。

5. 石舞台古墳

奈良県高市郡明日香村島庄254

いかがでしたか?飛鳥の地には歴史のロマンを感じさせるスポットが沢山あります。1,400年前に何が起こったのか想像しながら散策するのも楽しいものです。ぜひ足を運んでみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪から少し足をのばして!海と山に囲まれた「西はりまエリア」の魅力まるわかりガイド

人気ランキング

奈良 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!