WOW! JAPAN

名古屋

観光

名古屋のパワースポット5選

2016.08.18

Writer name : sakai

日本の歴史上、要地とされてきた名古屋には古くからのパワースポットが数多くあります。今回はそんな名古屋のパワースポット5選をご紹介します。

1. 晴明(せいめい)神社

平安時代(794年~1185年頃)の陰陽師(おんみょうじ)、安倍晴明(あべのせいめい)を祀る神社。かつてこの土地の住民たちが蝮(まむし)の被害に困っていたところ、安倍晴明が蝮封じの祈祷を行ない退治したことから建てられました。陰陽道で魔除けの呪符として伝えられている「五芒星(ごぼうせい)」が描かれていて、小さな境内ですが清々しい雰囲気があります。魔除け・厄除けとして有名で、現在では縁結びの御神徳として信仰され、恋愛運アップのパワースポットとして人気。ステッカーや御守りなどを購入できますが、社務所の開いている時間が限られているので事前にチェックしてから訪れてくださいね。


1. 晴明(せいめい)神社


名古屋観光公式ホームページ(日本語のみ)

2. 名古屋城

徳川家康が天下統一の最後の布石として築いた城で、日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されています。シンボルの金の鯱(しゃちほこ)や、美しい外観と石垣内の巨石の持つエネルギーを感じることができるパワースポットとして人気。 本丸御殿は復元工事中(2018年全体公開を予定)ですが、現在公開されている壁画や内装は豪華で、華麗な花鳥画など見る価値があります。また「実物大金鯱模型」に乗って記念撮影をしたり、「石引き体験」や「駕篭(かご)乗り体験」など、楽しみながら歴史に触れることができます。夜のライトアップも綺麗なのでおすすめです。


2. 名古屋城


公式ホームページ

3. 上野天満宮

学問の神様として知られる上野天満宮は、平安時代中期に安倍晴明の一族がこの地に居住した際、菅原道真を慕って御神霊を祀ったのが起源。「無病息災(むびょうそくさい)、各種試験への合格祈願」にご利益があるとされ、名古屋天神とも呼ばれています。境内にはシンボルの「梅の花」や二つの「なで牛」があり、なで牛の頭をなでると賢くなり、体をなでると悪いところが良くなるといわれています。是非なでてみてくださいね。参拝後は天神様をマスコットにした赤・緑・黄色の「天神みくじ(300円)」を引くのもおすすめですよ。


3. 上野天満宮


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 城山(しろやま)八幡宮

織田信長の父・信秀の居城であった末森城の跡地に創設された神社。こちらで是非立ち寄ってほしいのが、山城の面影が色濃く残る本殿裏手の参道沿いにある古い木。この木は連理木(れんりぼく)といい、一度分かれた幹が再び連なって、さらに伸びていく珍しい成長をした樹木です。古来より吉兆とされ、夫婦円満、縁結びの御神木として信仰されています。現在では恋愛運気上昇のパワースポットとして人気で、連日多くの人が訪れていますよ。良縁を引き寄せたい人も、夫婦円満でいたい人も足を運んでみてはいかがですか。


4. 城山(しろやま)八幡宮


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 豊國(とよくに)神社

豊臣秀吉を御祭神にお祀りする豊國神社は、中村公園の敷地内にひっそりと佇んでいます。秀吉は農民の子に生まれ、織田信長に仕えて出世を重ねた後に天下人となった人物で、日本史上、一番の出世者といわれており、そのことから出世、開運、茶道、建設などにご利益があるといわれています。「出世したい!」「合格したい!」と思っている人は是非お参りをして、ひょうたん形の絵馬に願い事を書いて奉納してみてはいかがですか。御守りも販売していますので、大事な人の受験や出世祈願に渡しても良いですね。


5. 豊國(とよくに)神社


公式ホームページ(日本語のみ)

名古屋には様々なパワースポットがあります。他にも多くのパワースポットがありますので是非巡ってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事