WOW! JAPAN

名古屋

宿泊

名古屋のおすすめ旅館5選

2016.08.10

Writer name : masuda

名古屋は昔から観光地や旅拠点としても有名なため、歴史ある旅館が数多く存在します。今回は、歴史ある旅館から料理自慢の旅館まで誰でも楽しめる旅館を紹介します。

1. 和風旅館 粛 海風(しゅく かいふう)

中部国際(セントレア)空港から車で約30分。知多半島の海沿いに建つ宿が、ここ「和風旅館 粛 海風」です。こちらのおすすめは何といっても、そのロケーション。絶景露店風呂「天上の湯」は目の前に伊勢湾が広がり、海と空と一体になったかのような湯浴みが楽しめます。また、「浜離宮」、「円石の湯」、「風月の湯」といった貸切露店風呂が予約不要で、空いていれば24時間無料で利用できるのもうれしいポイント。家族や恋人との水入らずのひと時を満喫してください。 客室は漆の香りが漂う純和風の空間。いずれも美しい景色を眺めながらゆったりと過ごすことができます。「光源氏」、「古金檻(こがねおり)」といった露店風呂付客室を利用するのも良いですね。 食事は厳選された地元の食材をふんだんに使った会席料理。獲れたての旬の美味しさを存分に味わってください。 日常の喧騒や時間を忘れて、のんびりとくつろぐことができる、とっておきの宿です。



1. 和風旅館 粛 海風(しゅく かいふう)


公式ホームページ

2. 料理旅館 なごや花亭 美よし

JR名古屋駅太閤通口から徒歩5分。都心にありながら上質な空間を提供してくれるのが、この旅館です。おすすめは料理長こだわりの会席料理。三河湾、伊勢湾で獲れた新鮮な魚介を中心に、旬の食材をふんだんに使用した料理が食卓に所狭しと並びます。基本的に客室、または個室でいただけるので、のんびり料理を味わうことができます。また、ひつまぶしやきしめんなどの名古屋名物が供されるのもうれしいですね。 客室は、部屋ごとに異なる色調の「和モダン和室」、17.5畳と広々とした造りの「純和造特別室」などを用意。屋上に備えられた半露天岩風呂「水芭蕉」からは、名古屋の夜景を眺めながらの優雅な湯浴みが楽しめます。木風呂、露天陶器風呂、岩風呂の3種が楽しめる「岩千鳥」もお忘れなく。 ゆっくりとしたプライベートの時間を満喫しながらも、しっかり料理も堪能できる宿です。 ※写真はイメージです


2. 料理旅館 なごや花亭 美よし


公式ホームページ(日本語のみ)

3. ビジネス旅館 酒井屋

宿の最寄り駅・覚王山駅へはJR名古屋駅から地下鉄東山線で約15分。そこから日泰寺参道を3分ほど歩くと、「名古屋覚王山 旅館酒井屋」に到着です。参道には古いお店や旅館が並びますが、こちらも1932年創業の老舗旅館のひとつ。「家族の心でおもてなし」というコンセプト通り、昔懐かしい造りの館内は、まるでお婆ちゃんの家に来たかのようなほのぼのとした空気が漂います。また、家族経営ならではのリーズナブルさもおすすめのポイント。3つあるお風呂は混雑状況によっては貸切も可。ボリュームたっぷりの料理や、主人こだわりのコーヒーもおすすめです。 決して大きなホテルのような煌びやかさやスタイリッシュさはなくとも、現代人が忘れてしまった、どこか昔懐かしく温かい気持ちにさせてくれる宿です。


3. ビジネス旅館 酒井屋


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 知多半島 海のしょうげつ

名古屋市内から車で約1時間。知多半島の海の見える高台に佇む宿が、「知多半島 海のしょうげつ」。館内は開放的な造りで、至るところから目の前に広がる海と空を眺めることができるロケーション抜群の宿です。 客室は離れの平屋タイプ、メゾネットタイプの10室。いずれも絶景の露店風呂とウッドデッキが設えられており、ただ海と空を眺めるだけの贅沢な時間が過ごせます。温泉は地下1,300mから湧き出る「白砂の湯」を2つの浴室に使用。赤外線を放射する岩盤とヒーターを組み合わせた岩温浴室、エステティックサロンもあるので時間に余裕があれば利用してみたいですね。 お楽しみの夕食は和食をベースとした創作料理。知多半島で獲れた新鮮な魚介類や有機野菜などをふんだんに使った品々を、全室個室のモダンなダイニングでいただけます。 ちょっと贅沢に、海と空の絶景を眺めながらのんびり過ごしたい人におすすめの宿です。 ※写真はイメージです


4. 知多半島 海のしょうげつ


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 京屋旅館

JR名古屋駅からタクシーで約7分。アクセスも良好で、なおかつリーズナブルに泊まれる和風旅館が、ここ「京屋旅館」。客室は全9室とこじんまりとした宿ながら、中庭には手入れの行き届いた日本庭園があり、心が和みます。特に縁側がある「椿の間」、雪見障子(木枠に和紙を張った引戸が障子。その下部分がガラス張りなどで外が見える造りのものを特に雪見障子と呼ぶ)から中庭を覗ける「杉の間」、「柏の間」などは、和情緒たっぷり。どこか懐かしい雰囲気にきっと癒されることでしょう。一方でアーバン和スイートの「藤の間」、「楓の間」は和モダン漂う洗練された空間。大人の時間を満喫したい人はこちらもおすすめ。 また、名古屋に来たならぜひ味わって欲しいのが名古屋グルメ。夕食付きのプランでは、ウナギを3度違った味で楽しむことができる「ひつまぶし」、コクのある旨みが特徴の「名古屋コーチン鍋」など、色んな名古屋名物を味わえるとあって人気。 日本旅館の良さと名古屋名物をどちらも楽しめる、欲張りな宿です。




5. 京屋旅館


公式ホームページ

いかがでしたか?名古屋には、東京、大阪、京都とも違う独特の文化が根付く地域です。あなただけのとっておきの宿を探してみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事