close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

雄大な自然と独特な文化で知られる九州。2019年ラグビーW杯の開催地でもある人気観光エリアです。今回は福岡の博多駅を出発し、大分の別府を堪能する1泊2日のプランをご紹介!

博多・別府とは?

福岡の博多は、九州屈指の大都市です。ラーメンや明太子をはじめ美味しいグルメが盛りだくさん。博多駅まで福岡空港から電車で7分ほど。新幹線停車駅なため、本州からも好アクセスです。
大分の別府は、温泉の源泉数・湧出量日本一を誇る一大温泉地。かすかな硫黄の香りが漂うなか、あちこちから湯煙の上がる独特の風景が広がっています。今回はこの別府エリアを中心にめぐります!

【モデルコース1日目】

1日目は博多駅から観光列車で大分・由布院駅へ。レンタカーを借りて水族館や温泉街など、別府の人気スポットをめぐります!

ゆふいんの森号に乗ろう!(所要時間:約2時間10分)

まずは博多駅からスタート!観光列車「ゆふいんの森号」に乗車します。車内は床や天井に木材がふんだんに使用されていて、温もりの感じられる空間。客室車両やサロンスペースの車窓からは、のどかな田園、山間を走る渓流、うっそうと茂る森といった日本らしい風景を望めます。乗務員がビュースポット付近で案内パネルを持って回ってくれたり、記念撮影をしてくれたりと、ゲストに寄り添うようなおもてなしをしてくれるのも魅力の一つ。ビュッフェ車両ではオリジナルのお弁当やスイーツを購入できます。チケットは公式Webサイトで予約可能。

片道料金(博多駅〜由布院駅):大人4,560円、子ども2,270円
(※料金は2019年1月7日時点)

ゆふいんの森号に乗ろう!(所要時間:約2時間10分)

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

由布院駅に到着!(所要時間:20分)

由布院駅に着いて改札を抜けると、雄大な由布岳の麓にのどかな雰囲気の街並みが広がっています。思わず散策したくなりますが、帰りにも寄るので今は我慢。レンタカーを借りて、別府の街を目指します。

ランチには和牛・豊後牛のステーキを(所要時間:50分)

別府に着いたら、まずは「そむり別府本店」で腹ごしらえ。こちらで提供されるのは、「おおいた和牛」。きめ細やかな霜降りと、とろけるような肉質が特長の和牛ブランドです。特に「豊後牛サーロインステーキコース(6,200円(税抜)~)」などで味わえるステーキは、店主が「世界一」と豪語する逸品。注文後、目の前で焼き上げてもらえるのもうれしいポイントです。焼き加減はレアが一番美味しい味わい方なのだそう。普段はウェルダンで食べる人も、ぜひ試してみてくださいね。

営業時間:ランチ11:30 am - 2:00pm(O.S 1:30 pm)、ディナー5:30 pm - 9:30 pm(O.S 8:30 pm)
お休み:月曜日
住所:大分県別府市北浜1-4-28 笠岡商店ビル2F

ランチには和牛・豊後牛のステーキを(所要時間:50分)

大分県別府市北浜1-4-28 笠岡商店ビル2F

うみたまごでセイウチのショーを満喫!(所要時間:60分〜90分)

次の目的地は大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。約90種1,500尾もの海の生き物が暮らす「大回遊水槽」や、サンゴと魚たちの彩りが鮮やかな「サンゴ大水槽」をはじめ、個性的な展示空間を楽しめます。

毎日10以上催される多彩なパフォーマンスショーも必見。特に人気なのが「うみたまパフォーマンス」。芸達者なセイウチがトレーナーとともにコミカルなかけ合いを見せてくれます。
このほか、新感覚ビーチ「あそびーち」もオススメ。プールを自由に泳ぐイルカなど、自然のままの生き物たちと触れ合えると人気です。

営業時間:3月~10月9:00 am - 6:00 pm、11月~2月9:00 am - 5:00 pm
お休み:2019年1月30日(水)~31日(木)
一般料金:高校生以上2,200円、小・中学生1,100円、4歳以上700円、3歳以下無料
住所:大分県大分市高崎山下海岸
※うみたまパフォーマンスは10:00 am、1:00 pm、3:00 pmの3回

大分県大分市高崎山下海岸

高崎山でサルに出合う!(所要時間:50分〜80分)

うみたまごすぐそばの「高崎山自然動物園」も人気の名所。野生のニホンザルが生息していて、間近でそのかわいらしい姿を観察することができます。特に30分に1回行われる餌付けタイムが最大の見所。我先にとエサめがけて勢いよく集まってくるサルたちの姿は圧巻です。

営業時間:8:30 am - 5:00 pm(最終入園時間4:30 pm)
お休み:年中無休
料金:高校生以上510円、小・中学生250円、幼稚園児以下無料
住所:大分県大分市神崎3098-1

高崎山自然動物園

高崎山自然動物園

高崎山でサルに出合う!(所要時間:50分〜80分)

大分県大分市神崎3098-1

別府温泉街をぶらりと散策(所要時間:60分)

1日目の最後は、別府駅前に広がる別府温泉街。このあたりはかつて国内屈指の歓楽街だったエリア。現在も当時の面影を留めており、レトロな雰囲気のなか散策を楽しめます。共同浴場も密集しているため、湯めぐりするのも楽しみ方の一つ。特に1879年創設の竹瓦温泉は堂々たる風格の市営温泉。記念撮影スポットとしても人気です。

別府温泉街をぶらりと散策(所要時間:60分)

大分県別府市元町16-23

フォトジェニックなマンホールにも注目!

別府の街では足元にも注目!カラフルでおしゃれなマンホールがあり、SNS映えすると人気です。竹瓦温泉入口前をはじめ別府市内に点在していて、デザインは多種多様。「せっかく行ったのに見落とした !」ということのないように注意してくださいね。

別府温泉 - 竹と椿のお宿 ー 花べっぷの温泉に癒やされよう

観光を終えたら、今回の宿泊先「別府温泉 - 竹と椿のお宿 ー 花べっぷ」へ。館内に足を踏み入れると、そこは畳と竹のフローリングが広がる和風の空間。客室は和室や和洋室など全30室あり、どのお部屋も広々とした間取り。女性目線を意識したやわらかい雰囲気のなか、ゆったりと旅の疲れを癒やせます。

ディナーは和食のコース料理「会席料理」。大分産のものを中心に旬の食材がふんだんに使用されています。提供される料理は全て調理人の手作りで、既製品は使わないのがポリシー。味はもちろん、見た目でも楽しめる逸品の数々が卓上を彩ります。

また別府の宿といえば、一番の楽しみは何と言っても温泉!こちらの宿の温泉の泉質は、「美肌の湯」とも呼ばれるナトリウム炭酸水素塩泉。なめらかで刺激が少なく、清涼感があるのが特徴で、うちみ、捻挫などに効能があるとされています。
女性大浴場専用のマイクロバブルバスもこの宿の名物。お湯のなかに微細な気泡が大量に含まれていて、洗浄効果や保湿効果があると言われています。まるで牛乳風呂のようななめらかな肌触りを楽しみつつ、思う存分リラックスしましょう。

住所:大分県別府市上田の湯町16-50

大分県別府市上田の湯町16-50

【モデルコース2日目】

2日目の前半は別府観光の定番「べっぷ地獄めぐり」。「地獄」と呼ばれる7つのスポットをめぐります。その後、大分の郷土料理やロープウェイ、サファリパークを満喫し、博多に戻って屋台を楽しむプランです。

別府観光の定番・べっぷ地獄めぐり!(所要時間:2時間~2時間30分)

地獄とは、噴気・熱泥・熱湯などが吹き出る温泉噴出口のこと。温泉含有物の化学反応によって多彩な色彩の熱湯が湧き出し、この世のものとは思えない幻想的な光景が広がっています。そして個性豊かな7つの地獄をめぐるのが、べっぷ地獄めぐり。以下ではそれぞれの地獄についてご紹介します。

営業時間:8:00 am - 5:00 pm
年中無休
共通観覧券料金:大人2,000円、高校生1,350円、中学生1,000円、小学生900円
お問い合わせ:別府地獄組合 TEL 0977-66-1577
無料駐車場完備

別府観光の定番・べっぷ地獄めぐり!(所要時間:2時間~2時間30分)

大分県別府市鉄輪559-1

1. 海地獄(国指定名勝)

一つ目は「海地獄」。美しいコバルトブルーの色をたたえた神秘的な地獄です。涼やかな見た目に反し、温度98度もある熱湯。近づいて眺めると湯煙がもうもうと立ち込めていて迫力満点です。敷地内には地元のお土産品をそろえたショップや別府地獄の歴史を学べるギャラリーといった観光施設も充実。子どもが乗れるほど巨大なオオオニバスの浮かぶ美しい池も見所です。

住所:大分県別府市鉄輪559-1

1. 海地獄(国指定名勝)

大分県別府市大字鉄輪559-1

2. 鬼石坊主地獄

「鬼石坊主地獄」は、733年ごろに編まれた歴史書に登場する由緒ある地獄。まるで坊主頭のような形をした灰色の熱泥が、ボコッボコッと音を立てて浮かんでは消えを繰り返しています。このほか、100度の蒸気がまるで鬼のいびきのような大きな音を立てて噴き上がる「鬼の高鼾(たかいびき)」も見所の一つ。

住所:大分県別府市鉄輪559-1

2. 鬼石坊主地獄

大分県別府市鉄輪559-1

3. かまど地獄

「かまど地獄」は色々な地獄が密集しているスポット。茶褐色の熱泥地獄やブルーの地獄をはじめ、様々な見所にあふれています。ただ眺めるだけでなく、飲泉や蒸気を利用した足蒸し、タバコの煙をふきかけると噴気が上がる泥地獄など、バラエティに富んだ楽しみ方ができますよ。

住所:大分県別府市鉄輪662

3. かまど地獄

大分県別府市大字鉄輪662

4. 鬼山地獄

「鬼山地獄」は、温泉熱を利用して約70頭のワニの飼育をしている地獄。タイミングが合えばぜひ見てほしいのが餌付け。普段はあまり身動きをしないワニたちが、エサめがけて一斉にジャンプし、スリリングで見ごたえある景色が広がります。

住所:大分県別府市鉄輪625
※餌付けは毎週土・日曜日10:00 am・2:30 pmからと水曜日10:00 amから

4. 鬼山地獄

大分県別府市鉄輪625

5. 白池地獄(国指定名勝)

「白池地獄」は、95度という高温の青白い池が湧き出る地獄。噴出口をよく見ると、最初は無色透明。池の温度と圧力低下により、次第に色が変化していくのだそうです。敷地内には、温泉熱を利用した熱帯魚館も併設。アマゾンに生息するピラルクや人食魚ピラニアなど、珍しい熱帯魚の姿を鑑賞できますよ。

住所:大分県別府市鉄輪283-1

5. 白池地獄(国指定名勝)

大分県別府市鉄輪温泉

6. 血の池地獄(国指定名勝)

これまでご紹介した5つの地獄は徒歩圏内に位置しますが、残り2つは車で6分ほど移動した場所にあります。その内の一つが、「血の池地獄」。赤い熱泥が地層から噴出していて、まるで血の池のような景色が広がっています。この地獄で取れる赤い粘土は皮膚病などに効くと評判。敷地内で「血の池軟膏(1,400円(税込))」として販売されていて、定番のお土産品となっています。

住所:大分県別府市野田778

6. 血の池地獄(国指定名勝)

大分県別府市野田778

7. 龍巻地獄(国指定名勝)

地獄めぐり最後のスポットが、「龍巻地獄」。血の池地獄のとなりに位置しています。最大の見所は、一定の間隔で約105度もの噴気と熱湯が噴き上がる間欠泉。約30mも噴き出す力のある熱水の姿が圧巻です。敷地内ではジェラートやジュースを販売。龍巻農園で収穫された柑橘類を使用しているので、間欠泉の待ち時間にぜひ味わってくださいね。

住所:大分県別府市野田782

7. 龍巻地獄(国指定名勝)

大分県別府市亀川野田782

こつこつ庵で郷土料理に舌鼓(所要時間:50分)

地獄めぐりを堪能した後は、「ミシュランガイド大分2018特別版」に掲載された名店「こつこつ庵」でランチにしましょう。レトロであたたかな雰囲気の店内で味わえるのは、大分の郷土料理の数々。たとえば「とり天定食(700円(税抜))」。とり天とは小麦粉や卵、水を混ぜた衣を、下味をつけた一口大の鶏肉にまとわせて揚げた天ぷらのこと。特にこつこつ庵のとり天は、やわらかくジューシーな鶏肉がサクサクの衣と絶妙にマッチしています。他にも「だんご汁」や「琉球(かんぱち)」など、大分ならではの味覚が勢ぞろい。どれにしようか迷ってしまうほど、絶品料理ばかりです!

営業時間:11:30 am - 10:30 pm(L.O.21:30) ※2:30 pm - 5:00 pmは準備中
お休み:日曜日※翌月曜が祝日の場合は、日曜営業、月曜休み
住所:大分県大分市府内町3-8-19

大分県大分市府内町3-8-19

別府ロープウェイから絶景を眺めよう(所要時間:80分〜120分)

次の目的地は「別府ロープウェイ」。西日本最大級のロープウェイが20分に1本運行しています。約10分かけて標高1,375mの鶴見岳山上へ登ると、そこにはCNNの「日本のもっとも美しい場所34選」にも選ばれた絶景が。別府市街地や周囲の山々、美しい海原を一望できます。春は桜やミヤマキリシマ、秋は紅葉、冬は霧氷と四季折々の景色も見事。ロープウェイの大駐車場前に位置する九州各地の焼酎約500銘柄以上がそろう「九州焼酎館」も人気です。

営業時間:3月15日~11月14日9:00 am - 5:00 pm(下り最終便5:30 pm)、11月15日~3月14日9:00 am - 4:30 pm(下り最終便5:00 pm)
お休み:年中無休
往復運賃:中学生以上1,600円、4歳以上〜小学生まで800円
住所:大分県別府市大字南立石字寒原10-7

大分県別府市大字南立石字寒原10-7

アフリカンサファリでライオンにエサをあげよう!(所要時間:50分~60分)

別府最後の目的地は、「アフリカンサファリ」。ゾウやキリン、クマやサイなど約70種1,400頭羽の動物たちが、のびのびと暮らすサファリパークです。レンタカーでそのまま園内を見て回ることもできますが、オススメなのが生態観察バス「ジャングルバス」。動物たちに直接エサをあげる貴重な体験ができます。ライオンやゾウが間近でエサに食いつく姿には、子どもだけでなく大人でもドキドキさせられますよ。

営業受付時間:3月1日~10月31日9:00 am - 5:00 pm、11月1日~2月28日10:00 am - 4:00 pm
入園料金:高校生以上2,500円、4歳〜中学生1,400円
ジャングルバス乗車料金:高校生以上1,100円、4歳〜中学生900円
住所:大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1

アフリカンサファリでライオンにエサをあげよう!(所要時間:50分~60分)

大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1

由布院駅から博多駅へ(所要時間:2時間12分)

動物たちとの触れ合いを楽しんだら、再び由布院駅へ。行きと同様、ゆふいんの森号で博多駅に戻ります。時間にゆとりがあるなら由布院駅周辺を散策するのもオススメ。雑貨店や和菓子店などが立ち並んでいて、ショッピングや食べ歩きを満喫できます。

屋台で博多のグルメを味わおう!

旅の最後は屋台でシメ!福岡市内には100店舗以上の屋台が存在し、博多名物・ラーメンをはじめ餃子や焼き鳥、天ぷらなどを楽しめます。特に有名なのが、博多駅近くの中州エリア。ぶらりと夜の街を散策し、気になる屋台があったら気軽に立ち寄りましょう。非日常な雰囲気のなかで味わう博多のグルメは、きっと旅の思い出になりますよ。

お土産も忘れずに

博多駅でお土産を買うのもお忘れなく。定番なのが、まんじゅうという伝統的な和菓子に、洋菓子の要素をプラスした和スイーツ「博多通りもん(5個パック560円(税込)〜)」。ミルク風味の生地の中に白あん(※)がたっぷり入っていて、しっとりとした上品な甘さが人気です。
ひらがな「め」のデザインのパッケージが印象的な「めんべい(2枚入×16袋1,000円(税込)~)」もオススメ。明太子や魚介を練りこんだピリッと辛いせんべい(米粉ベースの干菓子)で、プレーン味のほかマヨネーズ味、カツオ味などから選べます。

※白小豆・白いんげんなどを煮てこし、甘味料を加えたもの

いかがだったでしょうか?ぜひこの記事を参考に旅行プランを立ててみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!