close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

[PR]九州屈指の観光地!熊本・宮崎を楽しみ尽くす2泊3日のモデルコース

日本南西に位置する「九州」は、雄大な自然と独特な文化で知られるエリア。2019年ラグビーW杯の開催地でもあり、ますます注目度が高まっています。あまりに見所が多すぎて、どこを巡ろうかお悩みの方も多いのでは?そこで今回は、九州でも人気の熊本・宮崎の定番観光スポットや大自然を車で巡るプランをご紹介!もちろん美味しいグルメスポットもご紹介しますよ!

熊本・宮崎とは?

熊本・宮崎は九州中央部に位置するエリアです。熊本は、巨大なカルデラをはじめとした大自然が広がる県。日本三名城の一つ「熊本城」でも有名です。宮崎は日本神話の舞台として有名な県で、様々な伝承が各地に残されています。
今回は熊本・宮崎の中でも、熊本市街地、阿蘇、高千穂の3エリアを巡るモデルコースをご紹介!

1日目:熊本市街の定番観光スポットを巡る

1日目は熊本空港(阿蘇くまもと空港)から出発して熊本市街地を巡り、九州屈指の温泉地「黒川温泉」で宿泊するプランです。熊本は2016年の大震災の被災地。有名観光地「熊本城」も被害を受け現在復旧工事中ですが、依然として高い人気を誇り、熊本復興のシンボルとなっています。

スタート地点:熊本空港(所要時間:約30分)

空港に到着したら、さっそくレンタカーを手配。「国内線ターミナル」1階、降り口の左斜め前方に位置する「レンタカー受付カウンター」でレンタルしましょう。前もって予約をしておくとスムーズです。

スタート地点:熊本空港(所要時間:約30分)

熊本県上益城郡益城町大字小谷1802-2

桜の馬場 城彩苑をぶらりと散策(所要時間:約20分)

最初の目的地は熊本城に隣接する観光施設「桜の馬場 城彩苑」。昔ながらの城下町をイメージさせる建物が軒を連ねていて、地元の特産品を用いたグルメやお土産品が一堂に会しています。また「総合観光案内所」には外国語(英語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字))のパンフレットと地図がそろっていて、熊本のホットな情報を入手可能。

桜の馬場 城彩苑をぶらりと散策(所要時間:約20分)

熊本県熊本市中央区二の丸1-1

わくわく座で熊本城について学ぼう(所要時間:約30分)

城彩苑内の熊本城ミュージアム「わくわく座」も外せないスポット。VR映像やプロジェクションマッピングを使用した展示を通じて、熊本城や熊本の歴史を学べます。また人気なのが忍者衣装や着物を着る「なりきり体験」。衣装を着たまま周辺を散策するプランもありますよ。

入館料:大人300円(税込)、子ども(小・中学生)100円(税込)

わくわく座で熊本城について学ぼう(所要時間:約30分)

熊本県熊本市中央区二の丸1-1-1

天草海食まるけん 熊本城店で海の幸に舌鼓(所要時間:約40分)

ランチは城彩苑内の有名店「天草海食まるけん」で。名物「ぶっかけ海鮮づけ丼(1,620円(税込))」は、エビやイカなど新鮮な魚介を用いた丼料理。自家製の柚子辛みそとわさび醤油がついていて、味の変化を楽しめます。最後は出汁をかけてお茶漬けにしてシメればすっかりお腹も満腹に。
でもせっかくなので、もう一つの人気メニューであるうにのコロッケ「うにコロッケ プレミアム(390円(税込))」も食べておきたいところ。衣はサクッとしていて、中はクリーミー。真ん中のうにのトロリとした濃厚な味わいがたまりません。テイクアウトも可能です。

外国語メニュー:英語・中国語

天草海食まるけん 熊本城店で海の幸に舌鼓(所要時間:約40分)

熊本県熊本市中央区二の丸1-1-2

熊本城の周りを散策しよう!(所要時間:約60分)

腹ごしらえを済ませたら、熊本城周辺を見て回りましょう!熊本城は黒と白を基調にした重厚なたたずまいの名城。難攻不落を誇る堅牢さで名高く、2016年には多大な被害を受けつつも大震災を耐え抜きました。現在復旧工事中のため、城内への立ち入りは禁止ですが、周囲の安全な場所から主要な建物を眺望可能。特に城の西側の「二の丸広場」からは、大小二つの「天守」と「宇土櫓(うとやぐら)」という建物を真正面から望めます。

※1枚目の画像は震災前の姿

熊本城の周りを散策しよう!(所要時間:約60分)

熊本県熊本市中央区本丸1-1

加藤神社から熊本城の天守を眺める(所要時間:約15分)

熊本城北側に隣接する神社「加藤神社」も合わせて参拝したい名所。熊本城を築いた加藤清正公(1562年〜1611年)をまつり、勝負運や仕事運のご利益で知られます。境内は天守を間近に眺望できるスポットとしても有名。現在は足場などに囲まれた状態の天守ですが、2019年秋には外観が元通りになる予定です。

加藤神社から熊本城の天守を眺める(所要時間:約15分)

熊本県熊本市中央区本丸2-1

水前寺成趣園(水前寺公園)で趣ある風景を楽しむ(所要時間:約45分)

熊本城の眺めを満喫したら、車で約15分ほど移動。名園「水前寺成趣園(水前寺公園)」を訪れます。園内は大きな池の周囲に緑鮮やかな芝と松が植えられた優美な景色。特に霊峰「富士山」を模したとも言われる築山の景観が見事。正門すぐのところにある「出水神社(いずみじんじゃ)」社務所前からの眺めがオススメです。公園に隣接するこの出水神社も一緒に訪れたい名所で、「長寿の水」と呼ばれる湧き水を飲むことができます。

料金:大人(16才以上)400円、子ども(6才~15才)200円

水前寺成趣園(水前寺公園)で趣ある風景を楽しむ(所要時間:約45分)

熊本県熊本市中央区水前寺公園8-1

黒川温泉で湯巡りを満喫する

1日目の宿泊地は、人里離れた山奥に位置する温泉地「黒川温泉」。渓流沿いにレトロな建物が軒を連ね、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。温泉の多彩さで知られ、泉質は硫黄泉や炭酸水素泉など7種類。そのほか洞窟の中でお湯に浸かる一風変わったお風呂などもあります。
温泉巡りをする際に入手しておきたいのが、各旅館や黒川温泉観光旅館協同組合「風の舎」で購入できる「入湯手形(1,300円(税込))」。全28カ所の温泉中好みの3カ所で入浴できる便利でお得なパスです。また風の舎に隣接する「べっちん館」では浴衣をレンタル可能(1,500円(税込))。情緒ある街並みを、和風の装いで散策してみては?

黒川温泉で湯巡りを満喫する

熊本県阿蘇郡南小国町黒川さくら通り

宿泊はいこい旅館で

黒川温泉の中でも、今日宿泊するのは人気の宿「黒川温泉 いこい旅館」です。木の廊下や囲炉裏(火を焚く場所)などがノスタルジックな雰囲気を演出。日本ならではの旅館の風情を楽しめる湯宿です。客室は全13部屋。広々とした間取りの和室や古民家風の和洋室をはじめ、多彩なタイプが用意されています。

夕食は、高級感あるコース料理「和食会席料理」。「馬刺し(馬肉の刺身)」など熊本の名産素材を中心に旬のものが使用されていて、味はもちろん見た目も楽しめる逸品が卓上を彩ります。地元の焼酎や日本酒も種類豊富。料理との相性抜群で、ついつい飲み過ぎてしまうかも。

またこの旅館最大の魅力は何と言ってもお風呂。美肌効果があるとされる「美人湯」 や6種類の貸切風呂など、13もの湯船が完備されています。館内だけでも湯巡りができますね。特に人気なのが混浴露天風呂「滝の湯」。野趣あふれる景観の中、うたせ湯が滝のように流れ、幽玄な雰囲気を醸し出しています。さらっとした泉質で、湯上りには肌がしっとり。神経痛や筋肉痛などへの効能もあります。風流な眺めを楽しみつつ、ゆったり湯に浸かって1日の疲れを癒やしましょう。

熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉川端通り

2日目:阿蘇の大自然を満喫する

面積約350平方キロメートル、世界有数の巨大カルデラ「阿蘇」。一面緑の草原や、モクモクと噴煙をあげる火口など、独特の景観が広がっています。2日目はこのエリアをドライブし、高千穂で宿をとるプランです。

大観峰で絶景を楽しむ(所要時間:約60分)

まず最初に向かうのは、阿蘇の絶景を一望できる人気スポット「大観峰」。近くには丘を覆う一面の草原、遠くには雄大な山々が広がっています。特に仏が寝そべっているように見える五つの山々「阿蘇五岳」が有名。天候が変わりやすいため、シャッターチャンスを逃さないようにしてくださいね。
歩き疲れたら茶店でソフトクリームを食べるのも楽しみ方の一つ。地元のジャージー牛の牛乳から作られる上品な味わいで、ここだけの限定品です。

大観峰で絶景を楽しむ(所要時間:約60分)

熊本県阿蘇市端辺

いまきん食堂であか牛丼を食べる(所要時間:約50分)

絶景を楽しみ、すっかりお腹も空いたところで、行列ができるほどの有名店「いまきん食堂」へ。阿蘇グルメといえば外せないのが、地元産食材にこだわった丼料理「あか牛丼(1,680円(税込))」です。使用されている牛肉は阿蘇で放牧された「あか牛」のもの。天然に近い状態で飼育されているため、余分な脂身が少なくヘルシーです。お肉の下には漬物などが隠れていて、一品で色々な味を楽しめるのも魅力。

いまきん食堂であか牛丼を食べる(所要時間:約50分)

熊本県阿蘇市内牧290

阿蘇神社で今だけの景色を眺める(所要時間:約30分)

続いて訪れるのは、阿蘇を代表する有名神社「阿蘇神社」。いまきん食堂から車で15分ほどの場所に位置しています。阿蘇山火口を御神体とし、ご祭神は初代天皇の孫「健磐龍命(たけいわたつのみこと)」を中心にした12の神々。2000年以上昔から篤く崇敬されてきた歴史をもち、縁結びなどのご利益があるとされています。震災の影響で、現在は拝殿や楼門などの建物が復旧工事中。その代わり、拝殿の裏に隠れて見えなかった3社の神殿の姿を、正面から眺めることができます。

阿蘇神社で今だけの景色を眺める(所要時間:約30分)

熊本県阿蘇市一の宮町宮地3083-1

米塚のユニークな姿を眺める(所要時間:約15分)

阿蘇神社で参拝後、県道111号線沿いに阿蘇山上を目指します。その道中で見下ろせるのが、約3300年前の噴火によって形成された高さ約80mの小山「米塚」です。きれいな円錐状をしていて、頂上がくぼんでいるのがユニーク。阿蘇神社の神様が作ったとの言い伝えもある神秘的なスポットです。少し寄り道して県道298号を通ると、間近から見上げることもできます。

米塚のユニークな姿を眺める(所要時間:約15分)

熊本県阿蘇市永草

草千里ヶ浜の絶景を見渡す(所要時間:約40分)

2日目のメインとも言えるのが、阿蘇を代表する名勝「草千里ヶ浜」。78万5,000平方メートルの大草原で、中央の丘や東西二つの池とともに、雄大な景色を織りなしています。眺めるだけでなく、散策や乗馬をするのも楽しみ方の一つ。近くにある「阿蘇火山博物館」もオススメで、阿蘇火山の歴史について学べます。

駐車場利用料金(乗用車):410円(税込)

草千里ヶ浜の絶景を見渡す(所要時間:約40分)

熊本県阿蘇市草千里ヶ浜

中岳火口で大地の雄大さを感じる(所要時間:約30分)

草千里ヶ浜付近からは、噴煙を上げる山が目に入ります。これは2016年に噴火した活火山「中岳」。2018年4月まで立ち入りが規制されていましたが、現在は火口間近まで近寄ることができます。辺りには微かに硫黄の香りがし、モクモクと煙を上げる火口がダイナミック。火口内にはエメラルドグリーンに輝く湯だまりがあり、神秘的な雰囲気の写真を撮影できます。

阿蘇山公園道路料金(普通自動車):800円

中岳火口で大地の雄大さを感じる(所要時間:約30分)

熊本県阿蘇郡阿蘇町黒川808-20

白川水源・トンネルの駅(所要時間:約30分)

中岳火口の眺めを堪能したら宮崎県に向かい、高千穂市街地で宿を取りましょう。阿蘇から高千穂までの間にも見所は満載。たとえば美しい湧き水「白川水源」や、長さ1,115mのトンネルを利用した焼酎貯蔵庫が壮観な「トンネルの駅」など。時間に余裕があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。

3日目:高千穂の絶景を体感する

「高千穂」は日本神話の舞台として知られるエリア。神秘的なパワースポットや、雄大な自然美といった見所が満載です。3日目は「高千穂峡」を中心に名所を巡り、最後に熊本空港まで戻るプランです。

高千穂峡でボートに乗ろう(所要時間:約120分)

高さ平均80m、約7kmの大峡谷「高千穂峡」は、九州でも屈指の人気を誇る観光スポット。日本神話にも登場する神秘的な滝「真名井の滝」や、柱状の美しい裂け目の入った「柱状節理」の岩壁など、数々の魅力が詰まったエリアです。特に貸しボートからの眺めがオススメ。水しぶきのかかるほど間近で眺める真名井の滝が迫力満点です。ボート乗船は非常に人気のため、可能な限り早い時間帯に訪れるようにしましょう。

手漕ぎボート利用料金:30分2,000円
※ボートの定員は3名(未就学児を含む場合は最大4名)。また河川増水時運休

高千穂峡でボートに乗ろう(所要時間:約120分)

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井

高千穂神社に参拝する(所要時間:約30分)

高千穂峡周辺には、車で巡れるパワースポットが数多く存在しています。中でもオススメなのが、約1900年前の創建と伝わる古社「高千穂神社」。皇族が参拝に訪れるなど、高い格式と伝統を有しています。境内の巨樹「夫婦杉」が有名。恋人や友達、夫婦で手をつなぎ、この杉の周りを3周すると、縁結びや家内安全のご利益があるとされています。

高千穂神社に参拝する(所要時間:約30分)

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037

天岩戸神社で授与品を手に入れよう(所要時間:約30分)

「天岩戸神社」も有名なパワースポット。高千穂神社から車で15分ほどの場所に位置する神社です。「天岩戸隠れ」という神話の中で、弟神の粗暴に怒った皇祖神「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が身を隠した洞窟「天岩戸」の伝承地。「西本宮」と「東本宮」という2社から成り、どちらにも厳かな雰囲気が漂っています。授与品の種類が豊富なのも特徴。オススメは金色の土鈴「勾玉鈴(800円)」。日本古代の魔除けアイテム「勾玉」の形をしていて、お土産にもぴったりです。

天岩戸神社で授与品を手に入れよう(所要時間:約30分)

宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073-1

天安河原で写真撮影をする(所要時間:約15分)

天岩戸神社の西本宮のそばには渓谷沿いに遊歩道が整備されています。その道の先にあるのが「天安河原」。天岩戸隠れの際に、神々が集ったという伝説の残る洞窟です。神秘的な雰囲気の中、ポツンとたたずむ鳥居がとてもフォトジェニック。この地で石を積むと願いが叶うという言い伝えがあり、足元をよく見ると所狭しと石が積まれているのを目にできます。また遊歩道の途中に架かる太鼓橋もパワースポットとして有名。

天安河原で写真撮影をする(所要時間:約15分)

宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸

あららぎ乃茶屋で豪快な鶏料理を試す(所要時間:約50分)

パワースポット巡りを済ませたら、高千穂峡の名店「あららぎ乃茶屋」でランチを。人気メニュー「鳥の丸焼(3,400円(税込))」は、鶏丸々1羽を秘密製法で4時間じっくり焼き上げた料理です。油分や水分が程よく落とされながらもジューシーでアッサリした仕上がり。味付けは塩のみで、鶏そのものの旨味を味わえます。定食「あららぎ定食(1,430円(税込))」もオススメ。高千穂峡で育てられたニジマスや、宮崎の有名グルメ「チキン南蛮」など、地元の味を一度に堪能できます。

あららぎ乃茶屋で豪快な鶏料理を試す(所要時間:約50分)

宮崎県西臼杵郡高千穂町押方1245-1

あまてらす鉄道で小旅行を満喫する(所要時間:約30分)

最後に訪れたいのが国内外の観光客に大人気の「あまてらす鉄道」。廃線になった線路を再利用したアトラクションで、エンジン付きカートに乗って、田園や渓谷などの風景を眺めつつ約30分の小旅行を楽しめます。特に高さ日本一(105m)の鉄道橋からの景色は、爽快感あふれる絶景。トンネル内のイルミネーションなど、サプライス要素も盛りだくさんです。

乗車料:高校生以上1,300円(税込)、小・中学生800円(税込)、未就学児400円(税込)

画像提供:工藤博康

あまてらす鉄道で小旅行を満喫する(所要時間:約30分)

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1425-1

最後は熊本空港でショッピング(所要時間:約60分)

これで旅程は全て終了!最後に空港でお土産を購入しましょう。オススメは熊本の名産「いきなり団子」。サツマイモと小豆餡を、小麦粉ベースの生地で包み、蒸したスイーツです。空港内には種類豊富ないきなり団子がそろっていて、試食しながら選べます。そのほか「辛子蓮根」も熊本名物で、ピリッとした辛味が特徴の味噌「からしみそ」とシャキシャキしたレンコンの歯ごたえが絶妙です。

一般社団法人 九州観光推進機構からのコメント

九州には、手つかずの大自然や歴史、また美味しい食やお酒が多くあります。日本独特の温泉文化を体験することができるのも大きな特徴です。九州の魅力をまずは、お楽しみください。

いかがだったでしょうか?九州を訪れる際には、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

大阪・泉州の観光スポット満載!

人気ランキング

九州 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!