close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

(c)京都鉄道博物館

京都駅近くの話題スポット!京都鉄道博物館ガイド

最近話題となっているのが、JR京都駅近くにある「京都鉄道博物館」。日本の鉄道について学んだり体験したりでき、さらにお土産まで買えるスポットです。今回はこの京都鉄道博物館について、ご紹介します!

京都鉄道博物館とは?

京都鉄道博物館は、2016年に開館した鉄道の総合博物館。蒸気機関車から新幹線まで53両が収蔵・展示されていて、鉄道の歴史や安全、技術について学べます。また単に展示物を見るだけではなく、触ったり体験したりできる展示があるのも大きな特徴。鉄道ファンのみならず、大人から子どもまで誰でも鉄道を楽しむことができますよ。

入館料:一般1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、幼児(3歳以上)200円(税込)

(c)京都鉄道博物館

京都鉄道博物館とは?

京都府京都市下京区観喜寺町

アクセス

徒歩の場合、JR京都駅中央口より西へ約20分。市バスを利用する場合は、205あるいは208系統に乗車後約10分、「梅小路公園前」で下車して徒歩約3分です。また市バス急行103、急行104、急行110や、土日祝日のみ運行の86、88でもアクセス可能ですよ。

見て楽しもう!

貴重な車両が勢ぞろい!

館内には歴史的に貴重な車両が多数展示されています。「C62形蒸気機関車」や「0系新幹線電車」のような時代を象徴する車両から、2015年に引退したばかりの寝台特急「トワイライトエクスプレス」まで目白押し。また必見なのが、現存する日本最古の鉄筋コンクリート造りの「扇形車庫」。蒸気機関車20両が保存・展示されていて壮観ですよ。

(c)京都鉄道博物館

(c)京都鉄道博物館

鉄道ジオラマも必見!

車両だけではなく、係員が運転する「鉄道ジオラマ」も見ごたえたっぷり。約1/80スケール、幅約30m、奥行約10mの巨大ジオラマで、鉄道に不可欠な車両基地などの施設が再現されています。模型の走行を通じて鉄道全体の仕組みを学べますよ。このほか、現役運行中の車両などを臨時展示する車両工場なども見所です。

(c)京都鉄道博物館

触って楽しもう!

まるで本物の駅みたい!

駅や電車の仕組みを触って楽しめるのも、この博物館の魅力の一つ。例えば本館2階には、改札機などの設備があり、本物の駅の雰囲気をゆっくりと味わえます。また現代の駅だけではなく、昔の駅も再現。今と昔の駅の役割や仕事の違いがわかりますよ。

(c)京都鉄道博物館

触って学べる!

本館1階には、動力を伝える歯車や車両間の連結装置などを展示。車両の動く仕組みについて、体感しながら学べます。さらに駅のプラットホームが再現されていて、各種安全対策を学べるのも、この博物館ならでは。

(c)京都鉄道博物館

体験しよう!

蒸気機関車に乗ろう!

この博物館を訪れたら、ぜひおすすめしたいのが体験展示「SLスチーム号」。本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車可能な人気展示です。蒸気をあげるレトロな車両で、往復1kmの旅気分を味わえますよ。

乗車料金:一般・大学生・高校生300円、中学生・小学生・幼児(3歳以上)100円

(c)京都鉄道博物館

路線を運転してみよう!

「運転シミュレータ」は、運転士の仕事体験ができる展示。訓練用シミュレータを使用できるんですよ。ほかにも、運転時の仕事道具や制服の着用など、様々な角度から運転士の仕事を学べます。
館内にはこのほかにも、大型模型の運転や、線路点検などに使用される軌道自転車の走行体験といった、貴重な体験ができますよ。

※運転シミュレータの体験には、抽選方式で配布される整理券が必要です。

(c)京都鉄道博物館

いかがだったでしょうか。館内にはほかにも、鉄道グッズを販売するミュージアムショップや、鉄道にちなんだオリジナルメニューのあるレストランなどもあります。ぜひ一度この博物館に足を運んでみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

京都 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!