close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

桜満開の古都を満喫しよう!一泊二日の京都小旅行ガイド

京都には数多くの桜の名所が目白押し。そこで今回は、桜の名所をコンパクトにめぐる一泊二日の小旅行プランをご紹介!京都駅周辺に宿泊予定の方必見です。

目次

もっと見る

1日目

平野神社

京都駅前から市バス50系統または205系統で衣笠公園前バス停へ移動(約30分)。北上すると、最初の目的地「平野神社」に着きます。1,200年以上もの歴史を誇る神社で、古くから京都を代表する花見の名所。現在では約60種400本の桜が植えられています。

平野神社

京都府京都市北区平野宮本町1

龍安寺

平野神社から「きぬかけの路」を通って徒歩20分ほどで着くのが世界文化遺産「龍安寺」。「虎の子渡し」と呼ばれる石庭が有名で、春にはこの庭の土塀越しに桜の花が咲き乱れます。

拝観料:大人・高校生500円、小・中学生300円

龍安寺

京都府京都市右京区龍安寺御陵下町13

仁和寺

こちらも世界文化遺産に登録されている名刹。龍安寺を後にして、きぬかけの道を15分ほど進むと見えてきます。「御室桜」と呼ばれる遅咲き桜が有名で、国宝「金堂」などの建物とよく調和しています。

桜開花時期の伽藍特別入山料:大人・高校生500円、中学生・小学生200円

仁和寺

京都府京都市右京区御室大内33

御室会館 和食処梵

ランチなら、仁和寺直営の「和食処梵」がおすすめ。お寺の境内にある純和風な雰囲気のお店です。京都の湯葉を贅沢に使用した「ゆば丼(880円)」や「京ゆばそば(880円)」などが人気。

御室会館 和食処梵

京都府京都市右京区御室大内33

妙心寺 退蔵院

府道130号線沿いに15分ほど南下すると到着するのが、妙心寺の塔頭「退蔵院」。枯山水の美しい庭園があり、優雅に枝を伸ばす紅しだれ桜を堪能できますよ。

拝観料:一般(高校生含む)500円、小中学生300円、小学生未満無料

妙心寺 退蔵院

京都府京都市右京区花園妙心寺町35

法金剛院

府道130号線沿いに退蔵院から10分ほど歩いたところに位置するスポット。見所は、鐘楼脇の桜。紫色に見える花びらの美しさは、思わずため息が出るほどです。

料金:大人・大学生500円、小中高生300円

法金剛院

京都府京都市右京区花園扇野町49

以上で一日目の旅程は全て終了。法金剛院近くのJR花園駅から京都駅へ戻り、宿で一日の疲れを癒しましょう。

2日目

東寺

京都駅八条口バス停から市バス71系統に乗り約12分、九条大宮バス停で下車。しばらく歩くと、世界遺産「東寺」に着きます。「不二桜」と呼ばれる桜が有名で、国宝「五重の塔」と並んだ姿は京都ならでは。

拝観料:大人500円、高校生400円、中学生以下300円

東寺

京都府京都市南区九条町1

御香宮神社

近鉄京都線・東寺駅乗車約15分、桃山御陵前駅下車すぐの場所に位置するのが「御香宮神社」。病気に効く香水がわき出たという伝説の残る神秘的な神社です。境内にはソメイヨシノや山桜、紅しだれ桜など沢山の種類の桜が植えられていて、春には参道や本殿前を華やかに彩ります。

御香宮神社

京都府京都市伏見区御香宮門前町174

伏見十石舟

御香宮神社南西を流れる「濠川」の両脇は、桜の木が立ち並ぶ風流なスポット。「伏見十石舟(ふしみじっこくふね)」という観光船を利用すれば、春風を肌に感じながら、桜のあるこの景色をゆったりと楽しめます。乗船は、月桂冠大倉記念館南側から。

料金:大人(中学生以上)1,200円、小学生600円、 小学生未満300円

伏見十石舟

京都府京都市伏見区本材木町

手打うどん けんどん屋

濠川沿いの桜を堪能後、最寄りの京阪本線「中書島駅」から約15分の「伏見稲荷駅」まで行き、ランチにしましょう。おすすめは駅から徒歩4分の場所にある「手打ちうどん けんどん屋」。メニューの「きつねうどん(630円)」などが人気で、うどんのもちもちとした食感や、しっかりと鰹の味がする出汁を楽しめます。

外国語対応:英語メニューあり

手打うどん けんどん屋

京都府京都市伏見区深草一ノ坪町41 パールハイツイナリ1F

伏見稲荷大社

腹ごしらえを済ませたら、最後の目的地「伏見稲荷大社」へ。参道にずらりと並ぶ数千本もの鳥居で知られる京都屈指の名スポットです。本殿付近や社務所前に桜が植えられていて、朱色の社殿を背景に花びらが舞い散る幻想的な風景を目にできますよ。

伏見稲荷大社

京都府京都市伏見区深草薮之内町68

伏見稲荷大社を堪能したら、最後はJR稲荷駅から京都駅まで戻りましょう。

いかがだったでしょうか。春の京都を訪れる際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!