close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

【京都】実はこんな見どころも!?北野天満宮徹底ガイド

京都の北野天満宮は、学問の神様・菅原道真公をお祀りする神社で、毎年多くの参拝客が足を運ぶ人気の観光スポット。今回はその魅力と見どころをご紹介します。

北野天満宮とは

北野天満宮は全国に約12,000社ある天満宮・天神社の総本社。947年創建の由緒正しい神社で、日本各地で広く信仰され「北野の天神さん」の名で親しまれてきました。御祭神は「学問の神」として有名な菅原道真公で、毎年多くの受験生が合格祈願に訪れています。

北野天満宮とは

京都府京都市上京区馬喰町

菅原道真公とは

御祭神の菅原道真公(845年〜903年)は、類まれなる才能の持ち主として人々から厚い信頼を得ていた人物。幼い頃から勉学に励み、優れた詩歌を数多く残しています。政治家としても活躍し、最終的には国政を統括する立場にまで上り詰めました。しかし901年、濡れ衣を着せられ京都から九州へと左遷。その2年後、失意のうちに生涯を閉じます。道真公の天才ぶりや晩年の不遇さは後に様々な伝説を生み、現代に至るまで多くの人に信仰を集めています。

見どころ

1. 楼門

境内の入口にある二階造りの門。上部に掛けられた額には道真公を讃えた「文道大祖風月本主」の文言が刻まれています。また年末に奉掲される巨大な絵馬も京都の冬の風物詩として有名。

2. 三光門

北野天満宮のシンボルとも言える壮麗な門で、国の重要文化財に指定されています。本来、この門には三光(太陽・月・星)が彫刻されているはずなのですが、なぜか星の彫刻だけ見当たりません。その理由は、かつて朝廷のあった地から望むと、ちょうどこの門の上に北極星が見えたためとされています。

3. 社殿

社殿は1607年に造営された絢爛豪華な建物で、唐破風や金色の装飾、精緻な彫刻など見応えたっぷり。また「権現造り(石畳の廊下で本殿と拝殿を繋ぐなどの特徴をもつ建築様式)」の貴重な遺構でもあり、国宝に指定されています。

4. 牛舎

境内には横たわった牛の像が複数置かれていて、なでると諸病平癒するという信仰があります。とくに境内北西にある牛舎内の「一願成就のお牛さん」は、なでると一つだけ願いが叶うとされているんですよ。

※北野天満宮内の牛の像

5. 東門

神社の東、昔ながらの京町家が残る上七軒エリアに面して立つ門。本を開いて伏せたような形の「切妻造り」の屋根や、銅葺きの四足門が特徴で、国の重要文化財に指定されています。

6. 御神木「影向松(ようごうのまつ)」

鳥居をくぐると、すぐ右手に一本の松が立っています。その松は「影向松」と名付けられ、北野天満宮の創建当初からこの地に立っているとされる木です。初雪が降ると天神さまとなった道真が降臨し詩を詠むという伝説が言い伝えられていて、今でも「初雪祭」という行事が行われています。

7. 大黒天の燈籠

北野天満宮の境内にある三光門を出て左側に石燈籠があります。その石燈籠には七福神である大黒さまが彫られていて、その大黒さまの口に小石を乗せて落ちなければ、その小石をお財布にいれてお祈りするとお金に不自由しないと言い伝えられています。

8. 毎月25日の天神さん

「天神さん」は毎月25日の6:00 am - 9:00 pm頃に境内で催される縁日。参道には骨董品や着物などの露店が立ち並びます。日没後から9:00 pmにかけては燈籠にあかりがともり、ライトアップされた社殿や門が幻想的な雰囲気をかもし出します。

9. 御土居のもみじ苑

御土居(外敵の来襲や川の氾濫から市街を守るために築かれた土塁)の一部が残る境内西側一帯の「もみじ苑」も見どころの一つ。約300本の紅葉が美しく色付く、京都屈指の紅葉スポットです。例年10月下旬~12月上旬の公開。また5月頃には青もみじが公開され、透き通るような新緑に癒やされます。

入苑料
もみじ苑:大人700円、こども350円(茶菓子付き)
青もみじ:大人500円、中高生250円、こども150円(宝物殿拝観券付き)

10. 梅苑

春の訪れを告げる「梅」は道真公が愛した花。その縁もあって境内には50種・約1,500本もの梅が植えられています。例年2月初旬〜3月下旬に公開される「梅苑」では、色とりどりに咲く梅の中を散策したり、茶屋でお茶とお菓子をいただきながら花を愛でることができます。

入苑料:大人700円(中学生以上)、こども350円(茶菓子付)

お参り帰りに寄りたい周辺のグルメスポット

北野天満宮をたっぷり堪能したあとは、おいしいグルメを満喫しましょう。周辺のおすすめレストランやカフェを3つご紹介します。

1. 上七軒 くろすけ

豆腐料理にこだわったお店。元お茶屋の雰囲気をそのままに、風情を感じさせるお店は、京都最古の花街ならではのただずまいです。

ランチは豆腐料理メインのコース「小梅(3,240円(税込))」、ディナーは京料理に豆腐料理を添えたコース「天神(8,316円(税込))」がおすすめ。四季折々の豆腐料理をお楽しみください。

1. 上七軒 くろすけ

京都府京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町699

2. Vertigo

レトロな上七軒エリアにあるイタリアンレストラン。真っ赤な旗が目印です。築90年の織物屋を改装した吹き抜け仕様の店内は開放感たっぷり。

お店のこだわりは、地野菜をはじめ、厳選した食材で作るイタリアン。ランチタイムでは20種類以上のメニューからお選び頂けます。カフェ利用もOK。

2. Vertigo

京都府京都市上京区東柳町557-1

3. ハーバーカフェ 北野店

24時間いつでも利用できるカフェ。お店のおすすめはなんといっても手作りのケーキやクッキー。人気の「自家製手作りCAKE SET(920円)」はお好きなケーキとドリンクをお選びいただけます。天気のいい日はテラス席でのんびり過ごすのもおすすめです。

3. ハーバーカフェ 北野店

京都府京都市北区北野紅梅町88

京都観光には外せない見どころたっぷりの北野天満宮。また周辺にはおしゃれなグルメスポットも点在。ぜひ楽しい時間をお過ごしください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!