close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

レンタサイクルでまわる!京都で人気の四条河原町界隈モデルコース

京都の街は、小回りのきくレンタサイクルでの移動が便利。ただし、自転車の通行が禁止されている通りもあるので注意が必要です。そこで今回は規制区間の多い繁華街・四条界隈を通行する際のモデルコースをご紹介。

四条界隈の自転車走行禁止区間に注意

四条河原町界隈は観光客や買い物客で賑わう繁華街。日中は人通りが多いため自転車の走行禁止区間が設けられています。メインストリートとなる「河原町通」や「四条通」、観光スポットとして人気の「先斗町通」や錦市場がある「錦小路通」なども禁止区域に指定。乗って通行することはできませんが、手で押してならOKです。夜間は規制が解除される区間もあるので、詳しく紹介されている「京都観光Navi公式ホームページ」などをチェックしてくださいね。

四条界隈の自転車走行禁止区間に注意

モデルコースをご紹介!

四条河原町界隈から自転車で移動するなら、走行禁止区間を回避する必要がありますよね。そこで、該当区間を上手に避けて走行できるモデルコースをご提案!

おすすめのレンタサイクル店

コースを案内する前に、おすすめのレンタサイクル店「レンタサイクルえむじか祇園店」をご紹介。京阪電車・祇園四条駅から徒歩すぐの場所にあるためアクセスもよく、四条河原町界隈を拠点に観光する方に最適のお店なんですよ。
通常プランの料金は、当日8:00 pmまでのレンタルで1,000円(税込)。翌朝10:00 amまでなら1,500円(税込)。1週間〜1ヶ月の長期プラン(4,000〜6,000円(税込))もあり。ネットでの事前予約可能。レンタル時には1台につき2,000円(税込)のデポジット料と、パスポートなどの本人確認書類が必要です。
また、宿泊プランや長期レンタルの際は駐輪スペースの確保が必須。あらかじめ宿泊先に確認しておきましょう。駐輪スペースのない方はレンタル不可なので要注意!

おすすめのレンタサイクル店

京都府京都市東山区宮川筋2-239-6

コース1. 人気スポット!八坂神社(祇園方面)へ

八坂神社へは「四条通」を避けて通ればOK。今回は「レンタサイクルえむじか祇園店」から観光客に人気の「祇園白川」エリアを経由するコースをご紹介。
「レンタサイクルえむじか祇園店」が面する「宮川町通」を北に進み、突き当たりを東へ。「大和大路通」経て、「四条通」まで出ます。四条通を北へ渡り、さらに北上。白川に架かる「大和橋」を渡ったら、「白川南通」を東へと直進。「祇園白川」と呼ばれるこのあたりは、石畳が続く風情あふれるエリア。風景を楽しみながら、「新橋通」を経由して「東大路通」に出たら南へ。しばらく進むと「八坂神社」に到着します。

コース2. 鴨川沿いをGO!河原町三条(四条河原町界隈から北方面)へ

次は「レンタサイクルえむじか祇園店」から河原町三条へのコースをご紹介します。こちらは「河原町通」を避けるのがポイント。鴨川沿いを走るので、風景を楽しむこともできます。
「宮川町通」を北に進み、突き当たりを西へ。「川端通」に出たら道路を横断し、川端通沿いを北上します。「四条大橋」のたもとにある交差点は少し混雑しますが、それを越えると快適に走行可能。しばらく直進すると「三条大橋」が見えてくるので、橋を渡って鴨川の西側へ。そのまままっすぐ進み、「高瀬川」を越えさらに西に行けば「三条河原町」の交差点に到着します。ただし、高瀬川より先は自転車走行規制区間なので要注意。

コース3. 舞妓さんに会えることも!?河原町五条(四条河原町界隈から南方面)へ

河原町五条へは「河原町通の一部」を避ければOK。「レンタサイクルえむじか祇園店」からスタートし、京都らしい風情を感じるお茶屋が立ち並ぶ「花街」がある「宮川町通」を通るコースをご紹介。夕方には舞妓さんに会えることもありますよ。
まずは「宮川町通」を南へ進み、「五条通」まで直進。途中、宮川町通が「松原通」との交差点で折れ曲がるので、松原通以南は、「新宮川町通」を走行することになります。五条通に出たら西へと向かい、鴨川に架かる「五条大橋」を渡ります。さらに西に行けば「五条河原町」の交差点に到着します。

いかがでしたか?走行禁止区間を上手に回避するコースを知っていれば、ストレスなくレンタサイクルで観光することが可能。ぜひ事前にチェックしておいてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

人気ランキング

京都 × ジャンル

おすすめ特集

もっと見る

人気のタグ

もっと見る

人気のエリア

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!