WOW! JAPAN

京都

観光

京都駅発!金閣寺など5つの世界遺産と名所を1日で巡るおすすめ観光コース

2016.09.30

Writer name : KAMIOKA

せっかく京都を観光するなら、ゆっくり満喫しながら楽しみたいところですが、限られた時間の中で絶対に行きたい名所だけはしっかり堪能したい!そんなあなたには京都のバス・電車・地下鉄などを使うのがおすすめ!お得な1日乗車券で世界遺産5か所を含む観光スポットを巡る京都駅発の定番観光モデルコースをご紹介します。

出発する前に…購入しておきたいもの!

地下鉄、市バス、京都バスが1日乗り放題の「京都観光1日乗車券(大人:1,200円、お子様:600円)」を利用するのがおすすめ!(一部使用不可区間あり)カード1枚で利用ができとても便利です。
しかも優待割引券が付いたガイドマップももらえるのでお得感満載ですよ!

なお、ガイドマップ(平成28年3月19日現在)は以下からダウンロードすることもできます。
(基本は日本語ですが、一部英語・中国語・韓国語表記もあります)。

▼京都観光ガイドマップ(表面)▼
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000028/28378/0606.pdf
▼京都観光ガイドマップ(路線面)▼
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000028/28378/0318ura.pdf

スタート地点:京都駅を出発。まずは金閣寺へ!

どこから行こうと迷う方、まずは金閣寺へ向かいましょう!
写真などで目にしたことがある方でも、実際の姿を目にするとこの世のものとは思えないくらいの美しさに驚くことでしょう。
カメラの準備は大丈夫ですか?では、黄金に輝く京都の名所、金閣寺から観光スタートです!

▼行き方▼
(1)京都駅バスターミナルB2乗り場より市営101のバス「二条城・北野天満宮・金閣寺行」に乗り「金閣寺道」下車。
(2)B3乗り場の市営205「金閣寺・北大路バスターミナル行」に乗り「金閣寺道」で下車。

1. 金閣寺(京都駅からバスで30分~40分)

正式名称:鹿苑寺(ろくおんじ)
金閣寺(世界遺産)は1398年建立の金色に輝く金閣を中心とした庭園・建築で、極楽浄土をこの世にあらわしたといわれています。天気の良い日に水面に映る「逆さ金閣」が見えたら、シャッターチャンスです。雪の降る冬の季節の金閣寺もまた格別。白と金色のコントラストの美しさに目を奪われますよ。

▼滞在時間(目安)▼
30分


1. 金閣寺(京都駅からバスで30分~40分)


臨済宗相国寺派公式ホームページ(日本語のみ)

2. 龍安寺(りょうあんじ) (金閣寺からバスで10分程度)

龍安寺(世界遺産)は1450年創建。三方を塀に囲まれた白砂に15個の石を置いた枯山水(水を使わないで石や砂、草木などで自然を表現した庭園)の庭は、どの角度から見ても必ず一つの石が他の石に隠れるように意図的に配置されているそうです。
なぜそのような配置の仕方をしているのかというと、東洋の世界では15という数字は「完全」を意味すると言われ、この庭はそのうち1個の石は隠れて見えないように作られていることから「不完全さ」を表しているそうです。そこには、自分の中の足りないものを常に見つめ、今の自分が存在することに対する感謝を忘れないようにという思いが込められているとのことです。
実は、龍安寺を廊下から眺めるだけでなく、方丈と呼ばれる部屋のある箇所から立って庭を眺めると、全ての石を見ることができるポイントがあるといわれていますよ。ぜひ探してみて。
また、石庭の隣にある苔庭は、日本の詫び寂びを感じられるおすすめポイントです。静かに座っていつまでも鑑賞していられるこの空間は、雨の日に訪れてみるとまた違った光景が広がり絶景ですよ。

▼行き方▼
金閣寺を出て、すぐ右手の鏡石通りのバス停「金閣寺前」から市営59「山越中町行」に乗車し、「龍安寺前」で下車。

▼滞在時間(目安)▼
40分


2. 龍安寺(りょうあんじ) (金閣寺からバスで10分程度)


公式ホームページ

3. 銀閣寺(ぎんかくじ) (龍安寺からバスで50分程度)

正式名称:東山慈照寺(ひがしやまじしょうじ)
銀閣寺(世界遺産)は1482年に武士の山荘として建てられました。日常生活用住宅建築の遺構としては最古のものとされる、東求堂は国宝に指定されています。

▼行き方▼
バス停「龍安寺前」から市営59に乗り「金閣寺道」で降り、市営204に乗り継ぎ「銀閣寺道」下車。

▼滞在時間(目安)▼
1時間


3. 銀閣寺(ぎんかくじ) (龍安寺からバスで50分程度)


臨済宗相国寺派公式ホームページ(日本語のみ)

4. 嵐山(あらしやま) (銀閣寺からバスで50分程度)

嵐山の見所はたくさんありますが、特に渡月橋から見る秋の紅葉は言葉にならない美しさ。土産物店を見ながらJR嵯峨嵐山駅から渡月橋、竹林の小径、天龍寺を散策しましょう。

▼行き方▼
バス停「銀閣寺道」から急行102銀閣寺・錦林車庫行に乗り「錦林車庫前」で降り(徒歩で銀閣寺から錦林車庫前まで行くことも可能)、市営93嵯峨嵐山行に乗り換えて「嵯峨嵐山駅前」下車。
※次は天龍寺へ向いますが、観光の順番は自由です。レンタサイクルを利用するのもおすすめ。

▼滞在時間(目安)▼
2時間


4. 嵐山(あらしやま) (銀閣寺からバスで50分程度)


京都観光Navi公式ホームページ

5. 天龍寺(てんりゅうじ) (嵐山駅から徒歩20分程度)

天龍寺(世界遺産)は、住職が説法を行う法堂(はっとう)天井に描かれた、見るものを圧倒する威光を放つ、雲龍図(八方睨みの龍)が有名。撮影はできないので、その迫力を目に焼き付けてくださいね。また曹源池(そうげんち)庭園は、紅葉時期の人気スポットです。

▼滞在時間(目安)▼
30分

※JR嵯峨嵐山駅より最後の観光地・二条城に向かうので、嵐山散策後は駅に戻りましょう。二条城の入場時間は4:00 pmまでで、5:00 pm閉城(二の丸御殿観覧は4:00 pmまで)なので、出発時間の参考にしてください。


5. 天龍寺(てんりゅうじ) (嵐山駅から徒歩20分程度)


公式ホームページ

6. 二条城(にじょうじょう) (JR嵯峨嵐山駅から電車で20分程度)

正式名称:元離宮二条城
二条城(世界遺産)は1603年から1626年にかけて建てられた平城(平地に築いた城)です。当時の豪華絢爛な美しい平城が現存しているのが魅力。廊下を歩くとキュキュと音がなり敵の侵入を防いだという鴬(うぐいす)張りの廊下や、金箔を貼った鮮やかな障壁画など見所はたくさん。城内の日本庭園も見逃せません。

▼行き方▼
JR嵯峨嵐山駅より山陰本線京都行に乗車(京都観光1日乗車券使用不可)、二条駅で京都市営東西線六地蔵行きに乗り換え、二条城前駅下車。

▼滞在時間(目安)▼
1時間


6. 二条城(にじょうじょう) (JR嵯峨嵐山駅から電車で20分程度)


公式ホームページ

ゴール地点:京都駅へ (二条城から電車で30分程度)

お疲れ様でした!京都の魅力を感じていただけましたか?
さぁ、今日一日の思い出に浸りながら、京都駅に向かいましょう!

▼行き方▼
東西線・二条城前駅より浜大津駅行乗車。烏丸御池駅で烏丸線竹田行きに乗り換え、京都駅着となります。


ゴール地点:京都駅へ (二条城から電車で30分程度)

京都は世界中から観光客が訪れる、日本屈指の観光名所です。四季によって表情の変わる景色は、いつ訪れても本当に絶景の一言です。みなさんが京都を思う存分満喫できるよう、ぜひ丸一日かけて京都の良さ、日本の素晴らしさを味わってみてください。※今回は京都駅を8:00 am に出発するイメージでご紹介しました。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事