WOW! JAPAN

京都

観光

京都で行きたい特別なイベント5選

2016.04.07

Writer name : KAMIOKA

オールシーズン、観光スポットとして楽しめる京都。季節ごとに開催されるお祭りやイベントは古都京都を思わせ、見学する価値のあるものばかり。そんなお祭りやイベントを紹介します。

1. 葵祭(5月15日/雨の場合翌日に順延)

1400年前に始まった五穀豊穣を願うお祭りで、京都三大祭の一つです。正式名は「賀茂祭」。当時の貴族の衣装をまとった総勢500名が、牛車とともに、京都御所から下鴨神社を通り、上賀茂神社へ向かうさまは圧巻です。ちなみにこの葵祭のヒロイン「斎王代」がまとう十二単(10世紀から始まる貴族の女性用の装束)の重さは、なんと30キロ!もあるんですよ。
沿道からの観覧は無料ですが、人気の場所は混雑必須。有料観覧席も販売されていますので、ゆっくりと観覧、撮影したい方にお勧めです。「祭」というと日本では露店などを期待する方がいますが、葵祭では露店はありません。新緑を愛でて、歴史ある行事を見学する…。葵祭観覧、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


1. 葵祭(5月15日/雨の場合翌日に順延)


京都市観光協会公式ホームページ(日本語のみ)

2. 祇園祭(7月)

1100年余り前、疫病退散を祈願した事が起源の「祇園祭」は、京都に夏を告げるお祭りで京都三大祭の一つです。7月1日より31日まで一か月間続き見所はたくさん。一番盛り上がるのは前祭の宵山で、コンコンチキチン・コンチキチンという祇園囃子(祭りの時に演奏される邦楽)が流れると祭りは最高潮を迎え宵山見学の人で溢れます。形やデザインにこだわった提灯が幾十と点火され、暗闇に浮かび上がる様は必見。この時期の京都はとても蒸し暑く、人も多いので水分補給を忘れずに。「祇園祭」は庶民のお祭りで、沿道には夜店があちこちにでており、思わぬ掘り出し物にであえるかも。浴衣(夏の着物)を着てお出かけしてみてはいかがですか?


2. 祇園祭(7月)


八坂神社公式ホームページ

3. 五山送り火(8月)

祇園祭と並ぶ夏の風物詩。ご先祖様の霊が家に帰ってくるお盆の時期の終わりに、その霊を再びあの世へ送り出す行事として送り火が点火されます。送り火としては、東山如意ヶ嶽の「大文字」(漢字で大の文字)が最も有名ですが、西賀茂舟山「舟形」、嵯峨鳥居本曼荼羅山「鳥居型」(神社の門)以下省略 などがあります。市内中心部には、五山が一度に見える場所もありますが、一つ一つが小さく、入場は有料や抽選になっている場合が多いです。観光バスで送り火を回るツアーもあるのでそちらを利用するのもおススメ。送り火のプレイ(お祈り)スポットがホームページで紹介されているので、送り火を決めて近くまで観にいくと迫力を感じられるでしょう。


3. 五山送り火(8月)


京都観光Navi公式ホームページ

4. 時代祭(10月)

京都三大祭の一つ「時代祭」は、京都が日本の首都としておよそ1100年培ってきた時代を再現した豪華絢爛な行列が見所です。綿密な時代考証を重ね、京の伝統の技を生かした衣装・調度品はなんと1万2000点!1870年頃からさかのぼり794年まで、8つの時代を20の行列に分け、総勢2000人が参加します。行列のスタートは12:00 pmで、全ての行列が通過するまでに2時間ほどかかります。食事は済ませておくか、軽食をもっていくとよいでしょう。
時代ごとに変わりゆくさまは日本の歴史の縮図とも言え、国内外の観光客でにぎわいます。当時の交通輸送手段だった牛馬が70頭ほど通ります。写真撮影はできますが、牛馬を刺激しないようフラッシュ撮影は厳禁ですのでお気を付けくださいね。


4. 時代祭(10月)


平安神宮公式ホームページ(Google翻訳機能あり)

5. 寺社の夜間特別拝観

昼間賑わう京都の寺社ですが、夜はライトアップされその趣を変えた表情をみることができます。清水寺のように昼夜と入場を入れ替えている場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。昼間は本堂を見学し、夜はライトアップされた庭園を楽しむのがおススメ。春の夜桜は息をのむ美しさ、秋の紅葉は花のように色づいた葉の美しさを感じられ、ライトアップされた寺社の拝観は心に残ることでしょう。寺社ごとに、特別拝観期間が決まっていますのでホームページでチェックしてくださいね。季節に応じて様々な顔を魅せる美しい寺社をライトアップでも楽しんでくださいね。


5. 寺社の夜間特別拝観


京都観光Naviオフィシャルサイト

観光するだけでも素晴らしい街、京都ですが、これらのイベントは時期が限られているので、チャンスがあればぜひお出かけください。古都京都の魅力をさらに深く感じられる旅となるでしょう。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!