WOW! JAPAN

京都

観光

京都 嵯峨野・嵐山で行っておきたい場所5選

2016.04.07

Writer name : HITODE 3

京都の嵯峨野・嵐山は大人気の観光スポットで見どころも満載。どこを回ればいいか迷ってしまうほどですね。今回はそんな嵐山で特におすすめのスポット5選をご紹介します。

1. 常寂光寺

1596年に本圀寺16世の日禎(にっしん)によって京都嵯峨野の小倉山の中腹に開創された常寂光寺(じょうじゃっこうじ)は、境内と外部を隔てる塀がなく、まるで小倉山の自然の中に溶け込むかのような佇まいであることから「塀のない寺」とも呼ばれています。境内の展望台からは嵯峨野や嵐山を一望することが出来、大変人気の観光スポットです。紅葉の名所としても知られ、毎年沢山の観光客が訪れます。特に、山門から本堂に向かう石段を覆う紅葉のトンネルや、山の斜面に生える紅葉が織りなすグラデーションは息をのむほどの美しさです。
拝観時間:9:00 am - 5:00 pm
拝観料:400円


1. 常寂光寺


公式ホームページ(日本語のみ、サイト内英語表記有)

2. 天龍寺

天龍寺は1339年に足利尊氏により、後醍醐天皇の菩提を弔うために建立された臨済宗天龍寺派の大本山で世界遺産にも登録されています。京都五山の第一として栄えましたが、その後度々火災に見舞われ、現在は創建当時の建物は殆ど残っていません。有名な曹源池庭園は初代住職の夢窓疎石の作庭といい、嵐山の景観を取り入れた借景式庭園として有名で、日本で初めて国の特別名勝に指定されました。日本画のような遠山渓谷を表わした一角は、いつまで見ていても飽きない美しさ。大方丈(書院)から眺める庭の景色と、実際に庭に出てみる景色の印象の違いを比べてみるのも楽しいですよ。また、法堂の天井には、「雲龍図」と呼ばれる、有名な日本画家「加山又造」作の見事な八方睨みの龍が描かれているので、こちらも必見ですよ。
拝観時間:8:30 am - 5:30 pm
拝観料:高校生以上500円、小中学生300円、未就学児無料


2. 天龍寺


公式ホームページ

3. 保津川下り

保津川下りは亀岡市から嵐山までの16㎞の距離を手漕ぎの船で下る、日本でも最長の川下りです。この川下りは、1606年、京都の豪商であった角倉了以が保津川を開削し、物資輸送のために水路を整えたことから始まります。以来、丹波・京都間の物流の動脈として発展してきましたが、明治時代になり、陸上輸送が主流になってくると、観光客を対象とした遊覧船による川下りが行われるようになりました。船頭さんの見事な竿さばきに感心しつつ、山間を縫う急流を下る楽しさはもちろん、春は川風で舞う桜の花吹雪、秋は紅葉で色鮮やかな光景など、季節ごとに異なった姿が広がる美しい景観は感動もの。滅多にできない経験なので、ぜひチャレンジしてください。きっと旅のいい思い出になりますよ。

料金:大人4,100円、子供2,700円(いずれも税込)
出発時刻:9:00 am/10:00 am/11:00 am/12:00 pm/1:00 pm/2:00 pm/3:30 pm(土・日・祝日は不定期運航)


3. 保津川下り


公式ホームページ

4. 大河内山荘

大河内山荘は時代劇(サムライが活躍する物語)の大スターとして有名な大河内傳次郎が約30年もの歳月をかけて造園した回遊式庭園です。約20,000㎡の広大な敷地には、傳次郎が1941年から晩年まで過ごした大乗閣、持仏堂、茶室「滴水庵」などの建造物の他、四季折々の花や木が植えられ、訪れる人々の目を楽しませてくれます。また、庭園からは近隣の嵐山や、保津峡の景色を眺めることもできます。また、庭園内には大河内傳次郎の資料館もあり、時代劇で活躍していたサムライ姿や、資料などがパネル展示されています。こちらではお抹茶とお菓子がふるまわれるので、庭を歩き回って疲れてしまったぜひ、立ち寄ってみてくださいね。

営業時間:9:00 am - 5:00 pm
入場料:高校生以上1,000円、中学生以下500円


4. 大河内山荘


「京都府観光ガイド」公式ホームページ(英語、繁体字の翻訳あり)

5. 宝筐院

宝筐院(ほうきょういん)は京都嵯峨野にある臨済宗のお寺で、平安時代(794年~1185年/1192年頃)に白河天皇の勅願により、鎮護国家・玉体安穏のために建立されました。ひっそりと佇む入り口を抜け、奥へ進むと、回遊式庭園があり、カエデをはじめ多くの四季折々の草木が群生しています。京都の紅葉の名所として有名で、晩秋から初冬にかけて、色艶やかな光景が庭園内に繰り広げられます。黄色や紅色に色づいた落ち葉が、庭園に広がる白砂や青苔を覆うさまはため息が出るほどの美しさ。ここでは時間を気にせず、心行くまで紅葉を堪能してくださいね。
拝観時間:9:00 am - 4:00 pm(11月は4:30 pmまで)
拝観料:大人500円、小中学生200円


5. 宝筐院


公式ホームページ(日本語のみ)

いかがでしたか?豊かな自然に囲まれた嵯峨野・嵐山エリアには京都市内とは違う雰囲気の味わいがあります。京都観光の際はぜひ足を延ばしてみてくださいね、行くたびに新たな出会いと発見がありますよ。

※本記事の価格等の情報は最新の情報とは異なる可能性があるのでご注意ください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!