WOW! JAPAN

【動画あり】おしゃれなデザインが魅力!京都でてぬぐい・風呂敷が買えるお店5選

古くからの生活道具「てぬぐい・風呂敷」は、汗を拭ったり物を包んだり、いろいろ使えて便利!日本では現代でも人気のあるアイテムなんですよ。そこで今回は京都でおしゃれなてぬぐい・風呂敷が買えるお店をご紹介。

2017.03.30
お気に入りに追加

1. SOU・SOU伊勢木綿

「新しい日本文化の創造」をコンセプトに、オリジナルテキスタイルを使用して地下足袋や和服、家具などを製作・販売する京都発のブランド「SOU・SOU」。複数ある店舗のなかでも「SOU・SOU伊勢木綿」は、伊勢木綿(250年以上の歴史を持つ伝統的な布)の専門店です。
店内には、昔ながらの製法で織り上げた貴重な布に、熟練の職人たちの手作業で染めが施された「てぬぐい」がズラリ!伝統的なモチーフのほか、現代的でありながらも日本らしさが感じられるデザインも多数ラインナップされています。

価格例:手ぬぐい(1,155円(税込)〜)


©SOU・SOU

2. にじゆら 京都三条店

次にご紹介するのは、伝統の技とセンスあふれる作家のデザインが融合したてぬぐいが揃う「にじゆら」。注染という染めの技法を使って、長年もの作りを続けてきた工房が提案するブランドです。
注染は、繊細でやさしい「ぼかし」や「にじみ」の風合いが特徴。職人がすべて手作業で仕上げるため、同じ図案でも1枚1枚微妙に異なるのも魅力です。さまざまなジャンルで活躍する人気作家たちが手がけるデザインは、見ているだけでも心が浮き立つような図案ばかり!まるで絵本の1ページのような物語性を感じるデザインから、リズミカルなパターン柄まで幅広く展開しています。

価格例:手ぬぐい(1,404円(税込)〜)


にじゆら

3. 濱文様 京都新京極店

横浜生まれのテキスタイルブランド「濱文様」もおすすめ!「現代人のライフスタイルに合った和の魅力」を大切にしたオリジナル和小物を製作・販売しています。
日本らしいモチーフを現代風にアレンジした「粋」を感じるデザインが特徴。季節感を大事にしながらも、ほかにはない独自の世界を表現しています。また、横浜伝統の技法・横浜捺染による発色の豊かさや色の深み、風合いにも注目。地場産業である高級シルクスカーフやハンカチの染めによって培われた繊細な型染め技術で、絶妙な配色も美しく染め上げます。

価格例:てぬぐい(864円(税込))、風呂敷(540円(税込)〜)


(株)ケイス 濱文様

3. 濱文様 京都新京極店

4. さんび堂 烏丸本店

1886年創業の老舗和装小物ブランド・さんびが展開する和小物専門店「さんび堂」。和の雰囲気をカジュアルに楽しめる、今の時代にぴったりなお店です。
店内に並ぶのは、てぬぐいや風呂敷、がま口、帯留(女性が和装する際に用いる装身具)、バッグなどのオリジナル&セレクト商品。日本の伝統工芸の粋を生かしたアイテムが多数揃っています。風呂敷は、唐草模様や利休梅などの和柄のほか、世界中で愛されるリバティ柄もラインナップ。てぬぐいは、京都の三大祭・祇園祭をモチーフにしたものや、街の地図をデザインした京都ならではの柄もあるんですよ!!

価格例:てぬぐい(1,080円(税込))、風呂敷(756円(税込)〜)


5. RAAK 本店

最後にご紹介するのは、創業400年以上、日本最古の綿布商・永楽屋がプロデュースするブランド「RAAK」。手ぬぐいや風呂敷のほか、和のファッション小物をたくさん展開しています。
デザインは、日本や京都らしさを感じる図案から、ユニークで斬新なものまで実にさまざま。通常タイプの手ぬぐいはもちろんのこと、老舗の伝統を受け継ぎながら使いやすさも重視した「ガーゼ手ぬぐい」もおすすめです。ふんわりやわらかな、心地よい肌ざわりを実感してみてくださいね。

価格例:手ぬぐい・ガーゼ手ぬぐい(いずれも1,728円(税込)〜)、小風呂敷(1,296円(税込)〜)

「花包み」の包み方を動画で見る

 

いかがでしたか?てぬぐいを額に入れてお部屋に飾ったり、風呂敷をテーブルクロスとして使ったり。さまざまな用途で使えるので、旅の記念やお土産にぜひセレクトしてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nomura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • 九州モデルコース

おすすめ記事