WOW! JAPAN

京都

ショッピング

京都で買うべき抹茶のお菓子5選

2016.02.26

Writer name : tutorial

訪日旅行客にも人気の抹茶のお菓子。京都は抹茶の産地としても有名で、昔ながらのお菓子はもちろん、和洋折衷の新しさ感じるお菓子まで、たくさんの抹茶のお菓子があります。ここではそんな京都で買えるおすすめの抹茶のお菓子をご紹介します。

1. お濃茶ラングドシャ 茶の菓(マールブランシュ)

京都北山に本店を構える人気の洋菓子店、マールブランシュが手掛ける抹茶のラングドシャが「お濃茶ラングドシャ 茶の菓」です。茶の産地として知られる京都宇治市の宇治茶を使用しており、味はもちろんのこと、色や香りも楽しめるお菓子となっています。直営店のほか、JR京都駅に直結する伊勢丹や、四条の高島屋や大丸などの百貨店でも買うことができます。京都限定なので、是非お土産として買ってみてくださいね。

5枚入り、680円(税込)。



1. お濃茶ラングドシャ 茶の菓(マールブランシュ)

2. 宇治抹茶生チョコレート(伊藤久右衛門)

京都宇治市に本店を構える老舗のお茶屋さん、伊藤久右衛門が手掛けるチョコレート菓子「宇治抹茶生チョコレート」。色鮮やかな緑色と、口の中に入れたときにふんわりととろけていく独特の食感が魅力の人気お菓子です。伊藤久右衛門の本店では、茶房も併設しており、抹茶パフェなど抹茶を使った様々なスイーツを味わくことができるのでカフェタイムに訪れるのもおススメです。宇治の観光名所、平等院鳳凰堂の近くや、京都駅前にあります。

16粒入り、1,080円(税込)。



2. 宇治抹茶生チョコレート(伊藤久右衛門)

3. 挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ(シェ・アガタ)

こちらも京都宇治市に店を構える大人気スイーツ店「シェ・アガタ」。オーナー夫婦で作ったこだわりのオリジナルレシピをもとに、宇治抹茶を使った多彩なスイーツを販売しており、その中でも一番人気の商品が「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」です。抹茶、砂糖、小麦粉、卵、バター、ホワイトチョコレートの6つの材料のみを使用。昔ながらの伝統的な製法で作られた抹茶を使って焼き上げられたこのケーキは、12年続く店の看板メニュー。自分用としても、お土産用としても買っておきたい一品です。

通常サイズ、4,205円(税込)、ハーフサイズ、2,334円(税込)。



3. 挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ(シェ・アガタ)

4. つじりの里(祇園辻利)

祇園に本店を構え、創業150年もの歴史を誇る宇治茶専門店「祇園辻利」。上質の茶葉だけでなく、そのお茶を使った美味しいスイーツは、多くの人が行列を作って買うほどの人気ぶり。そんな祇園辻利が手掛ける、薄焼き生地に抹茶クリームを包んだ焼き菓子が「つじりの里」です。見た目は上品で可愛らしく、サクッとした食感と、濃厚な抹茶クリームの調和が絶妙なお菓子です。祇園の本店の他、京都駅八条口にも店舗があります。是非お土産として買ってみては?

8本入り、432円(税込)。



4. つじりの里(祇園辻利)

5. おめかしぼぅろ(スイーツブティック ジョアジュー)

京都駅前にあるホテル、京都センチュリーホテル内に店を構える洋菓子屋「スイーツブティック ジョアジュー」。同店が手掛ける和風スイーツが「おめかしぼぅろ」です。小麦粉を焼き上げたクッキーのような「ぼうろ」に、チョコレートを染み込ませた一品。チョコレートは抹茶味のほか、イチゴ味、塩味がセットになって入っており、味はもちろん、日本らしい色使いもかわいいお菓子になっています。これからの京都みやげの新定番になりそうな、注目度の高い商品です。

1箱、4個×3袋入り、648円(税込)から。



5. おめかしぼぅろ(スイーツブティック ジョアジュー)

いかがでしたか?抹茶の本場、京都に来た際には、ぜひとも抹茶のお菓子をお土産に買ってみてくださいね!

※本文中の価格等の情報は、最新の情報とは異なる可能性があるのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!