WOW! JAPAN

【2018年版】京都で行くべきおすすめの寿司店10選

京都には風情ある街並みにひっそりとたたずむ高級寿司店から、大衆に愛される寿司店、近年注目度がアップしているお店などたくさんの寿司店があります。今回は京都で行くべき寿司店10選、最新の情報を紹介します。

2018.05.17
お気に入りに追加

1. 寿し 祇園 松田屋(祇園四条駅)

店主が独学で極めた江戸前鮨(握り寿司を中心とした寿司)を食べられるミシュランガイド掲載店です。メニューは、旬の鮮魚を用いた「おまかせコース(握り14貫~16貫)(13,500円(税抜)~)」のみ。築地や、京都錦市場からその日仕入れた一番のネタだけを提供します。炙る・蒸す・焼く、と趣向を凝らしたネタに、赤酢を用いた松田屋流の握りは美食家達の舌をうならせていますよ。ユダヤ教のコウシャの方向けの寿司が用意できるので、必要な方は予約時に伝えておきましょう。

1. 寿し 祇園 松田屋(祇園四条駅)

2. 鮨 まつもと(祇園四条駅)

京都で本格江戸前寿司が食べられる、ミシュランガイド掲載店。東京の名店「新ばし しみづ」で修業した店主が握る寿司は、伝統的な古典の技を表現する正統派江戸前寿司です。夜のコースは、酢ジメ、昆布ジメ、醤油漬、煮物など、丁寧な仕事をあしらった江戸前寿司のみのコース(15,000円(税抜))と、寿司の他に、旬の食材を用いたつまみを付けたコース(18,000円(税抜))の2種類。海外にもファンがいるほどの人気店です。

2. 鮨 まつもと(祇園四条駅)

3. 鮨割烹 なか一(祇園四条駅)

創業およそ50年。京都初の寿司割烹の名店でこちらもミシュランガイド掲載店です。こちらは、つきだし2品もしくは3品、お造り、吸い物、焼き物と続き、京懐石のシメに寿司が出てくるコース仕立て。季節を感じる料理が美しく盛られ、目でも楽しめる和食を堪能できますよ。コース内容は、8,000円から25,000円まで、予算に合わせ決定できるので、予約時に相談してくださいね。

3. 鮨割烹 なか一(祇園四条駅)

4. 寿司割烹 二條 葵月(きづき)(京都市役所前駅)

店主のふるさとである山口県と京都、両方の趣向が合わさった創作和食と寿司を食べられる、ミシュランガイド掲載店です。寿司ネタが新鮮なのは当たり前。魚の旨みを凝縮するため塩をあてるなど、寿司にひと手間をかけています。寿司以外の和食もアイデアにあふれ、「うにあいすと胡麻豆腐」は至極の逸品。見た目からは想像できない味噌とウニの甘じょっぱさで日本酒がすすみます。ディナーコースは3,500円から7,500円、鮨ランチコースは1,500円とお得です。

4. 寿司割烹 二條 葵月(きづき)(京都市役所前駅)

5. 京祇園新地 いづう(祇園四条駅)

天明元年(1781年)創業、鯖姿寿司の老舗中の老舗です。鯖姿寿司は、昔鮮魚が手に入りにくかった時代の京都のごちそうでした。冷蔵庫のない時代に、塩や酢を用いて常温で保存できるようにという工夫が生んだ寿司といえます。こちらでは風情ある店舗で「鯖姿寿司(1人前・2,430円(税込))」を食べることができ、持ち帰りも可能。鯖姿寿司は、作ってからの時間によって味が変化します。3時間を過ぎると寿司に昆布の旨み成分がなじんで、更に至福の味わいに。

5. 京祇園新地 いづう(祇園四条駅)

6. すし田 乾山(すしでん けんざん) 京都高島屋店(河原町駅)

東京日本橋で創業60余年、本場の江戸前寿司を京都タカシマヤ7階の飲食店街「京回廊」内で食べられる店です。お好みで握り(1貫 324円~1,296円)を堪能したいなら、カウンター席がおすすめ。新鮮なネタを見事な手さばきで握る様子も楽しめますよ。定番のコース「魯山人(5,400円(税込))」は、予約なしでも食べられます。コースのラストオーダー8:30 pmまでに入店してくださいね。

6. すし田 乾山(すしでん けんざん) 京都高島屋店(河原町駅)

7. 京都祇園 東すし(祇園四条駅)

職人が握る本格的な寿司を手ごろな値段で楽しめる、創業45年を越える名店です。握りは1貫150円(税抜)から。リーズナブルでも漁港直送の魚介は鮮度抜群、素材に手を抜くことなどもちろんありません。寿司以外にも、焼き物、煮物、揚げ物などメニューが豊富。お酒に合わせて楽しめます。さらにお得なランチタイムもおすすめ。目にも鮮やかな「海鮮丼ランチ」がなんと2,000円。肩ひじ張らずに本格寿司を堪能してくださいね。

7. 京都祇園 東すし(祇園四条駅)

8. すしてつ 先斗町店(ぽんとちょうてん)(三条駅)

今回ご紹介する店の中で、トップクラスにコストパフォーマンスの良い店です。なんと職人が握る本格寿司が1皿(2貫)216円!カウンターにはネタケースがあり、築地直送の鮮度にこだわる旬の魚が並べられています。このネタは何?なんて会話も職人さんとかわせますよね。店内からは鴨川が見え雰囲気も抜群。いつも活気でみなぎっている、温かい雰囲気の寿司店ですよ。

8. すしてつ 先斗町店(ぽんとちょうてん)(三条駅)

9. 鮨 味輝(みき)(烏丸駅)

気軽にお寿司をというコンセプトで、握り2貫、手巻き寿司が315円均一で食べられる店です(ネタによっては1貫315円・420円・525円のものもあります)。リーズナブルながらも、ネタの仕込みは手抜きなし。さらにシャリには、米の旨みがネタと相性のいい七城米を使用しています。職人技を利かせた「おまかせ握り十貫」は2,000円程度。こぢんまりとした落ち着いた店です。

9. 鮨 味輝(みき)(烏丸駅)

10. 流れ鮨 三代目おとわ 伏見店(中書島駅)

おなじみの回転寿司の進化型スタイルの店。従来の回転寿司のようにすでに回っている寿司をとるのではなく、注文した寿司や料理がテーブルまで「流れ」てくるので「流れ鮨」というわけです。注文を受けてから調理するので、作りたてを食べることができますよ。注文は各テーブルに設置されているタッチパネルからどうぞ。写真をタッチする方式なので日本語がわからなくても注文しやすいですよ。外国人グループの来店も増えているそう。新しいスタイルの「流れ鮨」を体験してくださいね。予算は4,000円程度。

10. 流れ鮨 三代目おとわ 伏見店(中書島駅)

前半は、ミシュランも認める高級店や老舗、後半は気軽に楽しめる寿司店を紹介しました。寿司を食べるといっても店ごとに値段も特徴もさまざまです。食の思い出も旅の醍醐味。食べてみたい寿司はみつかりましたか?

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: KAMIOKA

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • 九州モデルコース

おすすめ記事