WOW! JAPAN

【2018年版】多彩な名店揃い!京都で訪れるべきラーメン店10選

国内外問わず人気のある「ラーメン」。京都にもたくさんのお店があります。今回は、古くから愛される老舗から個性的な人気店まで10店を厳選してご紹介したいと思います。

2018.05.10

1. 二代目 五山(中書島駅)

「口のなかに入れると5秒でとろける」といわれる「とろ肉チャーシュー」で人気のお店。京都産ブランド豚肉・京の都もち豚のバラ肉を使ったチャーシューがのった「厚切り炙りとろ肉ラーメン(766円(税込))」などで、その美味しさを堪能できます。さらに、おすすめしたいのが「レアチャーシュー麺X(820円(税込))」。豚肉を自家製醤油ダレとともに新鮮なまま真空状態にすることで、薄くスライスしても凝縮された旨みを感じさせる「レアチャーシュー」がたっぷりのった一品です。

【関連記事】

本場のラーメンを味わう!日本全国で有名な10店

1. 二代目 五山(中書島駅)

2. 祇園京都ラーメン(祇園四条駅)

京都屈指の人気観光エリア・祇園にある人気店です。ボリュームたっぷりの看板メニュー「特選祇園ラーメン(1,000円(税込))」のほか、鶏の旨味が溶け出した「鶏どろラーメン 並(700円(税込))」や、旨味が凝縮された「特選醤油ラーメン 並(700円(税込))」などがおすすめ。からあげやぎょうざなどが付いたお得なセットメニューもありますよ。

2. 祇園京都ラーメン(祇園四条駅)

3. 夕日のキラメキ一乗寺(一乗寺駅)

京都のラーメン激戦区にある人気店。保存料などを使わない自家製麺を用いた「ラーメン」と「まぜそば」が代表的なメニューです。なかでもおすすめは「まぜそば「直太朗」(〆ご飯付き (小 750円〜))」。なめらかに茹であげられた麺と、ネギ・鶏そぼろ・卵黄などに鶏白湯スープを少量入れた具材とをかき混ぜて食べる一品です。サイズは色々で、小・並・大・特・メガがあり、お好みで選べます。

3. 夕日のキラメキ一乗寺(一乗寺駅)

4. 京都 たかばし 本家 第一旭(京都駅)

1953年創業の老舗店。京都駅から徒歩5分、5:00 am - 2:00 amまで営業していることもあり、地元客はもちろん観光客も多く訪れる人気店です。人気メニューは「特製ラーメン(800円)」。通常のラーメンの2倍のボリュームがあります。麺はストレートの細麺、スープはあっさりしつこくないなかに脂を効かせた醤油味。5枚も入ったチャーシューも旨味たっぷりで美味しいですよ!

4. 京都 たかばし 本家 第一旭(京都駅)

5. 新福菜館本店(京都駅)

1938年創業、古くから愛され続ける老舗店。京都駅から徒歩5分という立地にあり、観光客を含む多くの人々で行列をなす人気のお店です。看板メニューは「中華そば(並 700円〜)」。インパクト大の真っ黒なスープは、旨味を感じさせながらも濃すぎることのない風味豊かな醤油味。もちもち食感の麺やチャーシューなどと相性抜群です。しっとり食感と香ばしさで人気の「ヤキメシ(500円)」もおすすめですよ。

6. セアブラノ神(四条大宮駅)

大宮駅から歩いて3分の場所にある人気店。店名に掲げた「セアブラ(背脂)」とは豚の背中部分の脂のことで、その名の通り、このお店のラーメンのスープの表面は背脂で覆われています。ベースは煮干し(小魚を煮てから干したもの)を使った醤油味で、白濁した見た目よりもあっさりとしていて旨味のある味わい。おすすめメニューは「背脂煮干しそば(700円)」などです。「太麺」か「中太麺」から麺を選べるメニューもあります。

6. セアブラノ神(四条大宮駅)

7. 天天有(一乗寺駅)

京都最大のラーメン激戦区・一乗寺エリアにある、1971年創業の有名店です。看板メニューの「中華そば(並 650円〜)」は、鶏をベースに数種類の野菜を合わせてじっくり煮込んだ鶏白湯系醤油スープが自慢。しつこさのない濃厚さと、鶏そのものの甘みを感じさせる味わいで長年多くのファンを魅了しています。麺は細目のストレートタイプ。トッピングには柔らかな自家製チャーシューと、京都産のネギなどがのっています。

8. 麺屋 極鶏(一乗寺駅)

ラーメン激戦区・一乗寺エリア屈指の人気店。大量の鶏肉が混ぜ込まれた、とろりとした超濃厚なスープがクセになると評判で、連日長い行列が絶えません。ラーメンの種類は、鶏白湯スープの「極鶏 鶏だく(700円)」、唐辛子たっぷりでクセになる辛さの「極鶏 赤だく(700円)」、ニンニクの利いた自家製マー油入り「極鶏 黒だく(700円)」など。スープの力強さに負けない、存在感のある噛みごたえ抜群の麺も特徴的です。こってり濃厚なのにくどくない、その美味しさをぜひ一度体験してみてくださいね。

9. 吟醸らーめん 久保田 本店(京都駅)

地元客はもちろん、外国人観光客も多く訪れる人気店です。看板メニューは「吟醸つけ麺 味噌 並(870円)」。甘辛な味噌ダレに魚介の出汁がブレンドされた濃厚なスープに、太いちぢれ麺をつけて食べるスタイルで、食べ応えばっちり。残ったスープには魚介系の出汁で「スープ割り」をして最後の一滴まで楽しむことができますよ。「並」以外に、「小(50円引き)」・「大(100円増し)」と、麺の量を選べるのもうれしいですね。

9. 吟醸らーめん 久保田 本店(京都駅)

10. 山﨑麺二郎(円町)

幅広い客層に支持されている人気店です。ラーメンの種類は、鶏をベースにしたあっさりスープとしなやかな細麺の「らーめん(650円)」、旨味たっぷりのスープとモッチリ平打ち太麺の「塩らーめん(750円)」、鶏と魚介系をベースにしたつけ汁とモチモチ太麺の「つけめん(700円)」の3つ。それぞれに異なる麺を使うことで、スープの美味しさを引き出しています。

個性豊かな10のラーメン店、いかがだったでしょうか?ぜひ観光の合間のランチやディナーに立ち寄ってみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!