WOW! JAPAN

京都で春の味覚が堪能できる店5選

春に京都を旅するなら季節ならではの「食」も楽しみたいもの。そこで今回は、筍をはじめとする旬の味覚が楽しめるお店5選をお届け。駅から近い好立地のお店からわざわざ行きたい郊外のお店まで幅広くご紹介します。

2018.04.05

1. 日本料理 竹茂

京都に春の訪れを告げる「筍」。その名産地である西山エリアにお店を構える日本料理店です。契約農家から仕入れる筍は、えぐみが少なく、白く柔らかで肉厚。朝早くに掘り出されたものをすぐに湯がいてあくを抜き、工夫をこらした料理に仕立てます。春のメニューには、2つの「筍懐石(8,000円〜10,000円(税抜・サービス料別))」と、リーズナブルな「筍ミニ懐石(5,000円(税抜・サービス料別))」を用意。いずれも3月下旬~5月上旬の期間限定メニューです。

2. ぎをん や満文 青木庵

京都らしい石畳が続く祇園エリアにある料亭。築100年以上の京町家を利用した情緒あふれる空間で、筍をはじめとする季節の味覚が楽しめます。ひと月ごとに内容が変わる四季折々の会席料理が3,000円(税抜)〜と、リーズナブルな価格も魅力。京都の地酒をはじめとするお酒も豊富にラインナップ。日本各地から厳選したこだわりの日本酒とともに、旬の料理が堪能できます。

2. ぎをん や満文 青木庵

3. 旬菜・旬魚 空海山

京都駅から徒歩3分。厳選された旬の食材を使用した、季節の料理が堪能できる居酒屋です。お店の自慢は、北海道や宮城、富山や鹿児島など全国各地の漁港から直送される新鮮魚介。魚のことを知り尽くした店主が最も美味しい食べ方を提案してくれます。そのほか、地元の京野菜を使ったメニューも多数。料理と相性抜群の日本酒も豊富に取り揃えています。英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語メニューあり。平均価格3,000円。

4. 京都季節料理 三栄

創業以来80年以上にわたり、確かな味と技術を伝承してきた料理店。河原町駅から徒歩1分の好立地で、季節の味が堪能できます。春(3〜4月)には筍を使った料理を提供。毎朝仕入れる筍は京都西山・塚原産。さまざまな筍を食べ比べた末、最も柔らかで、深い旨みと甘みがある西山のものをセレクトしています。人気メニューは、すりおろした筍と道明寺粉を合わせて蒸したものを、揚げてから餡かけした「竹の子(筍)饅頭のあんかけ」。「竹の子づくし(7,350円)」のほか、リーズナブルなランチ「竹の子饅頭御膳 (3,150円)」でも味わうことができます。

5. 京都 うお嘉

1872年創業。西山・大原野に位置する老舗料亭です。創業当時から残るはなれの間(要予約)など歴史を感じさせる空間で味わえるのは、筍づくしの料理。お刺身や煮物、焼き物、天ぷらなど、筍を多種多様なスタイルで味わえる会席(10,000円(税抜・サービス料別)〜)のほか、リーズナブルな「たけのこ(筍)弁当(5,000円(税抜・サービス料別))(平日・祝日のみ)」も用意されています。英語メニューあり、英語を話せるスタッフがいます。

※筍料理は4月・5月限定です
※画像はイメージです



いかがでしたか?今回ご紹介したのは、和食を中心としたお店ばかり。京都で食事をする際は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nomura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!