WOW! JAPAN

京都のおすすめ洋食レストラン5選

洋食とは日本独自に発展した西洋風の料理のことです。京都にはリーズナブルな値段で美味しい洋食レストランが数多くあります。日本に来たら一度は食べてみたい京都のおすすめ洋食レストラン5選をご紹介します。

2017.03.16

1. グリルにんじん

30年以上も地元の人々に愛され続けている洋食の名店。人気は厚切りにした牛タンをじっくり煮込み、自慢のソースをかけた「タンシチュー(1,550円(税抜))」。また、ソムリエでもある店主が、「食事をメインに楽しんでもらうため」と、仕入れたワインをリーズナブルにいただけるのも、この店ならでは。また、ワインショップも併設しているので、お気に入りの1本を選ぶのも楽しいですね。客席は1人でも気軽に行ける広々としたカウンター席、テーブル席や10名まで入れるお座敷を用意。1人から小さな子供連れまで、気兼ねなく行ける名店です。

2. Cafe Dish らふ

京都を代表する観光名所「金閣寺」からほど近く。京野菜をたっぷり使った手作りメニューがリーズナブルにいただける洋食店です。おすすめはお店自慢のハンバーグと京野菜が添えられ、柚子の香りが漂う和風ソースでいただく「和風おろしハンバーグ 柚子風味(900円(税込))」。これにライス、サラダ、スープ、おばんざい(昔より京都の家庭で作られてきた惣菜)がついて、このお値段はお得。もうひとつの看板メニューが、旬の京野菜を白味噌を隠し味に入れたホワイトソースでいただく「京野菜のグラタン(820円(税込))」。いずれもしっかり手が込んでいるのに、リーズナブルなのがうれしいですね!

3. ごはんカフェ綴 岡崎店

「応天門」、「大極殿」など、朱塗りの建築美で有名な「平安神宮」のすぐ傍にあるお店。素材にもこだわり、京都の養鶏場から直送の産み立て「京地卵」や、脂が甘く良質なことで知られる「四元豚」などを使用。写真のおみそ汁付「ロコモコ(800円)」や、京地卵を使用した「たまごサンド(550円))」、コーヒーか紅茶が付く「チョコバナナのホットケーキセット(800円))」なども人気。観光中ひと休みしたい時に訪れてみたい洋食店です。

3. ごはんカフェ綴 岡崎店

4. 洋食レストラン おおつか

ホテルで修行したシェフが、地下鉄東西線「石田駅」より徒歩10分の場所にオープンしたのがこちらの洋食店。看板メニューはシェフが食材、手作りにこだわった「手ごねハンバーグ」。これにご飯、みそ汁、漬物が付き、ソースも3種類のなかから選べるお得なセットが「ハンバーグセット(1,100円(税抜))」。大きな海老が3匹ものったサックサクの「有頭エビフライ(1,000円(税別))」もおすすめ。ちょっと高めですが、濃厚な赤ワインソースでいただく「近江牛のステーキ 赤ワインソース(2,500円(税抜))」もぜひ味わってみたい逸品です。

※近江牛のステーキ赤ワインソースは要予約です。

4. 洋食レストラン おおつか

5. 京都洋食 七番館

JR「京都駅」から徒歩5分とアクセス良好な洋食店です。使われる野菜は、京都府八木町の契約農家から直接仕入れた新鮮野菜。また、店頭で格安販売もしているので要チェックです。おすすめメニューは和牛を100%使用して作る「ハンバーグ」の数々。なかでも一番人気が、ハワイアンスタイルの「和牛ハンバーグ ロコモコスタイル(1,600円(税抜))」。また、新鮮野菜をココットで蒸し焼きにした「八木町契約畑からの野菜のエチュベ(600円(税抜))」や「八木町契約畑からの新鮮やさいのバーニャカウダー(1,000円(税抜))」なども野菜の甘みと旨みが味わえるおすすめの逸品です。

いかがでしたか?京都と言えば和食のイメージがあるかもしれませんが、美味しい洋食店も数多くあります。あなた好みのお店を探してみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: masuda

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!