WOW! JAPAN

京都

グルメ

行列ができる!京都で人気のつけ麺店5選

2016.11.17

Writer name : nomura

京都といえば、名水を使った湯豆腐やおばんざいといった京料理ですよね。でも実は、つけ汁に麺をつけながら食べるラーメンの一種である「つけ麺」が美味しい街でもあるんです!京都に来たら訪れるべき人気店5選をご紹介します。

1. 京つけめん つるかめ本店

まずご紹介するのは、京都一の繁華街・河原町エリアにある人気店。こぢんまりした店内はカウンター席のみで、すぐに満席になってしまいます。メニューには3種類のつけ麺があり、1番人気は「魚介醤油つけめん(770円(税込))」。自家製の太麺とかつおと煮干しでダシをとった醤油スープの相性は抜群です。そのほか、白味噌の甘みに特製ラー油を効かせた「西京味噌坦々つけめん(880円(税込))」や、えびの旨味と10種のとうがらしのバランスが絶妙な「旨辛つけ麺(880円(税込))」などがいただけます。


1. 京つけめん つるかめ本店


ぐるなび(日本語のみ)

2. 和醸良麺 すがり

こちらは、ビルやホテルが立ち並ぶ四条烏丸エリアのお店。少しわかりづらい場所にありますが、完成度の高い一杯が食べられると地元でも評判。一見するとラーメン店とはわからない町家造りの隠れ家的なお店です。有名なのは「もつつけ麺(900円)」。つけ汁は、鶏と魚介の濃厚スープ。希少なホルモン「ホソ」を炙ったものが具材として入れられているのが特徴です。麺は全粒粉麺と柚子麺の2種類から選択可。麺の上には甘辛く味つけられたネギやにんにくの芽などがのせられています。


2. 和醸良麺 すがり


ぐるなび(日本語のみ)

3. つけ麺マン 百万遍本店

次にご紹介するのは、京都大学の目の前にあるお店。百万遍の交差点から北に50メートル、東大路通りの東側に位置しています。看板メニューは「濃厚つけ麺780円(税込)」。つけ汁は、高熱で一気に炊き上げたスープに秘伝のタレ、魚介ダシを加えたもの。麺に絡みつくドロッとしたスープの濃厚さは、やみつきになること間違いなし。絶妙なコクと旨味にリピーター続出!遠方からわざわざ食べに来る人や週に3回来店する人もいるんだとか。


3. つけ麺マン 百万遍本店


公式ホームページ(日本語のみ)

4. 京都千丸 麺屋しゃかりき

JR二条駅から歩いて10分ほどの場所にあるこちらもおすすめ。京都でいち早くつけ麺の提供をはじめた草分け的存在です。もちろん、お店の自慢は5種から選べる「つけそば」。こってり好きの方には、豚骨と鶏からとったとろみのある動物系スープと煮干しをメインとした魚介系ダシの旨味が凝縮された「濃厚魚介(830円(税込))」がおすすめ。あっさりとした味わいがお好みなら、鶏と煮干しのスープでいただく「和風煮干し(830円(税込))」をチョイスして。


4. 京都千丸 麺屋しゃかりき


公式ホームページ(日本語のみ)

5. 一乗寺ブギー

最後は人気店がひしめき合うラーメン激戦区・一乗寺にて店を構える『一乗寺ブギー』です。こちらの主力メニューは、醤油ベースの「つけそば(700円(税込))」。コクとキレを感じる豚骨&魚介のWスープに、クドすぎない、すっきり目の背脂で甘みをプラス。太めの縮れ麺につけ汁がしっかりと絡みつきます。大きなチャーシューも存在感たっぷり!鶏白湯、えび味噌、烏賊豚骨…etc、その時々で登場する限定メニューにも注目です。


5. 一乗寺ブギー


ぐるなび(日本語のみ)

京都の料理といえば薄味を思い浮かべがちですが、ラーメンやつけ麺はこってりとした濃厚系が主流。京都には魅力あふれる食べ物がたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!