WOW! JAPAN

京都

グルメ

京都駅周辺のおすすめカレー店5選

2016.09.30

Writer name : Mayuka Ueno

京都には、本格的なインドカレーから日本ならではのカレーまでたくさんの種類のカレー店が揃います。こだわりの一皿が食べたくなった時に足を運びたい5店をご紹介します。

1. スパイシー・マサラ

京都駅構内にあるカレースタンド。スパイスを効かせたパンチあるカレーが食べられるお店です。まずは定番の「マサラカレー(500円(税込))」。中辛ですが辛いのがお好みであれば大辛、激辛に変更できます。また、オーソドックスなカレーにビーフやかつ(肉に小麦粉・溶き卵・パン粉をまぶして油で揚げたもの)などさまざまなトッピングがされているメニューもあるので、ガッツリ食べたい人におすすめです。


1. スパイシー・マサラ


ぐるなび(日本語のみ)

2. サンマルコ 京都伊勢丹店

ヨーロピアンカレー専門店として関西を中心に人気のお店です。ビーフ、野菜に20数種類のスパイス、フルーツ、ヨーグルトで仕上げたお店定番の「ビーフカレー(691円(税込))」は、まろやかながらも後から辛みを感じる味わい。じっくり煮込んだコク深いルーが、ごはんにとても良く合います。またオリジナルカレーソースに豚肉のロースかつをトッピングした「かつカレー(861円(税込))」はお店の人気商品。シュリンプカレーや季節野菜カレーなど、重くないメニューもあり、ひとりでも気軽に立ち寄れるお店ですよ。


2. サンマルコ 京都伊勢丹店


公式ホームページ(日本語のみ)

3. バー「リード」京都新阪急ホテル

「京都新阪急ホテル」にあるバー「リード」。このお店ではランチ限定のカレーが評判です。定番の「ビーフカレー(1,000円(税込))」はゴロゴロ入っている贅沢な牛肉と、そのルーの濃さからじっくり煮込まれたことが伝わってくる、もちろん味も濃厚な一品。さらに贅沢を極められるのが「牛ロースグリルカレー(1,500円(税込))」。ステーキとカレーを一緒に食べるというパワフルな一品です。その他にもシーフードや野菜を使ったカレーが豊富に揃い、全てのメニューにコーヒーか紅茶がつくので、落ち着いた雰囲気の中でランチをしたい方には特におすすめです!


3. バー「リード」京都新阪急ホテル


公式ホームページ

4. スパイスチャンバー(SPICE CHAMBER)

京都のカレー店の中でも特に知名度の高い「スパイスチャンバー」。本格的なキーマカレーがメインのお店です。「キーマカレー(辛)(1,000円)」は、名前通りかなり辛口。ひき肉のほか、ジャガイモ、玉ねぎなど、大きめの具材のしっかりした食感を感じつつ、たくさんのスパイスが口の中に広がります。味が何層にもなっているかのように複雑ながら、味わうほど一体感が増しておいしくなる、繊細なカレーです。また、+100円でチーズをトッピングすると、まろやかさが増してよりキーマカレーを楽しめます。カレー好きには必ず行ってもらいたいお店です。


4. スパイスチャンバー(SPICE CHAMBER)


公式ホームページ(日本語のみ)

5. カレーの市民 アルバ ヨドバシマルチメディア京都店

創業45年、石川県発祥の「アルバカレー」が京都でも食べられるお店です。アルバカレーとは、玉ねぎをたくさん使い、野菜と牛肉を6時間以上煮込んだお店オリジナルのカレー。キャベツの千切り(キャベツを細かく切ったもの)が添えられるのも特徴です。お店では「カツカレー(780円)」が人気ですが、ぜひ食べていただきたいのが「とろとろオムカレー(730円)」。ふわふわのオムレツにたっぷりかけられた甘くて旨味たっぷりのルーがとっても合うんです!その他にもハンバーグやウインナーがトッピングできたり、辛さも調節できたりとカスタムができ、幅広い年代に好まれるメニューが豊富なので家族でササッと食事を済ませたいときにおすすめのお店です。

※写真は秋葉原本店のものです


5. カレーの市民 アルバ ヨドバシマルチメディア京都店


公式ホームページ(日本語のみ)

時間がないときにパッと食べられてお財布にも優しいカレー店。ぜひ行ってみてください。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事