WOW! JAPAN

京都

グルメ

京都のおすすめ高級寿司店

2016.08.18

Writer name : o-dat

京都の観光の後に、ぜひ立ち寄りたいおすすめの高級寿司店5選をご紹介します。

1. 寿し 祇園 松田屋

祇園・花見小路にあるミシュランで星を獲得した寿司店「寿し 祇園 松田屋」。店内は、京都らしく床の石畳にカウンターの檜一枚板が映える、落ち着いた空間。独学で江戸前寿司を極めた店主の寿司は、赤酢を使ったシャリと、炙る・蒸す・焼く・漬けるなど趣向を凝らしたひと手間を加え、魚介の旨みを最大限に引き出し、細部にまでこだわっています。メニューは単品の寿司・一品料理・おまかせコースがありますが、まずは「おまかせコース(握り14貫~16貫)(13,500円(税抜)~)」で店主がこだわって仕入れた旬の味覚を心ゆくまで味わいましょう。和からしでいただくマグロの漬けなど逸品ですよ。


1. 寿し 祇園 松田屋


ぐるなび

2. 松鮨

京都・中京区にある「松鮨」は、日本の有名な作家である池波正太郎氏が愛するお店。昔から京都の食通からも人気の名店。店内はカウンター5席の落ち着いた雰囲気。メニューは、その日仕入れた新鮮な魚介類をお任せで味わうスタイル(予算は20,000円前後)。江戸前寿司を基本に、関西風のテイストとオリジナリティがあふれる寿司が魅力。柔らく甘めのシャリと趣向を凝らしたネタが絶妙の組み合わせで、一体感のある寿司が味わえます。なかでも「炙り鯖寿司」は、炙ることにより、鯖の旨みが凝縮され、なんとも言えず美味だとか。京都を訪れたら、一度は行きたい寿司店ですね。

※写真はイメージです。


2. 松鮨

3. 鮨 まつもと

京都・祇園にある「鮨 まつもと」は、ミシュランで一ツ星を獲得した京都を代表する寿司店です。毎朝、築地市場をメインに、素材により各地から直送される厳選された魚介類を使用。関西ならではの素材も味わえます。昆布〆や酢〆、漬け、煮るなど技法を凝らした江戸前寿司で、シャリは砂糖を使わない赤酢でかためなのが特徴。ディナータイムのメニューは握り寿司「江戸前寿司 17~18貫(14,000円(税抜))」のコースと握り寿司・つまみのコース「江戸前寿司 12~13貫・つまみ3皿程度(17,000円(税抜))」の2種。ランチタイムには少しリーズナブルなプラン「江戸前寿司 13貫(9,000円(税込))」もあるので、ぜひ訪れてみてくださいね!


3. 鮨 まつもと


ぐるなび

4. すし岩

京都・東本願寺の近くにある「すし岩」。寿司をメインに日本料理を味わえるお店。 スティーブ・ジョブズが過去に訪れ、「こんなおいしいお寿司は初めてだ」と言ったことから、現在では海外からもここのお寿司を食べにくる人も。お店のこだわりは、旬の素材を使い、素材本来の味を生かして調理すること。また、器にも季節感を取り入れて料理を美しく演出します。大きなワインセラーがありシャンパンやワインが充実しているので、ぜひ寿司と一緒に味わって! おまかせ料理は8,000円から(夜は10,000円から)。寿司1種500円から。

※写真はイメージです。


4. すし岩


公式ホームページ

5. 寿し 喝菜

京都・烏丸にある「寿し 喝菜」は、寿司と一品料理のお店。京都には珍しい旬の素材を揃え、握りはもちろん、一品料理を楽しみにして訪れる人も多いそう。お寿司はクエやウニ、車エビなどこだわりのネタはどれも絶品!シャリとネタが見事に調和しています。一品料理も種類が豊富で、焼き物や煮魚などあり、なかでものどぐろ西京焼き(ほおずき付き)が人気です。日本酒や焼酎と合う料理が多いので、ゆっくりとグラスを傾けながら、食事を楽しみたい方におすすめのお店です。予算は10,000円前後。

※写真はイメージです。


5. 寿し 喝菜


ぐるなび(日本語のみ)

観光の合間にぜひ、京都で美味しい寿司を堪能してくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事