WOW! JAPAN

京都

グルメ

京都の夏の風物詩!川床でおいしい料理を堪能できるお店3選

2016.04.21

Writer name : science_girl

蒸し暑い京都の夏。過ごしにくい季節を楽しむ先人の知恵が、ここ京都にはあります。川の上や、川のよく見える位置に座敷をつくり、涼みながら料理を楽しむ川床。そんな川床でおいしい料理を楽しめるおすすめのお店を3つご紹介します。

川床とは?

毎年夏季(5月~9月頃)に、京都の料理店や茶屋などが川の上や、川のよく見える位置に座敷を作り、料理を提供するのが川床(「かわどこ」もしくは「かわゆか」)です。納涼床(「のうりょうどこ」もしくは「のうりょうゆか」)とも呼ばれます。
茶屋などが、川に床几(折り畳み式の腰掛)を出し、お客さんが川に足をつけて涼めるようにしたのが始まりといわれています。蒸し暑い京都の夏を、いかに涼しげに過ごすかという先人の知恵でもあるんですね。
京都では、貴船や鴨川などが川床の集まるエリアとして有名です。夏に京都に訪れたことがある人は、鴨川河川敷近くにあるスターバックスコーヒー京都三条大橋店の川床を見かけた方も多いのではないでしょうか。
そんな京都の夏の風物詩である川床で、美味しい料理を楽しめるお店を5つご紹介していきます。

※写真はスターバックスコーヒー京都三条大橋店の川床


1. 川魚が味わえる貴船の「ひろ文」

貴船エリアの有名店「ひろ文」は、貴船川にかかる川床で、「川床料理(8,600円、2名から、5月~9月限定)」と呼ばれる鯉や鮎などの川魚を中心にした会席料理が楽しめます。そのほかにも「うなぎ鍋(8,000円、2名から)」や名物「流しそうめん(1300円、5月~9月限定))」なども人気。手を伸ばせば届きそうなほど水面が近いのも貴船の川床ならでは。大自然に囲まれて、間近に流れる川の音をBGMにリラックスすれば、旅の疲れが癒されますよね!
混雑するので、訪れる際は事前に予約しておくと良いでしょう。観光地より川床は温度が少し低く、時期により思いのほか寒く感じる場合もあるので、念のため上着を持ってくださいね。


1. 川魚が味わえる貴船の「ひろ文」


公式ホームページ(日本語のみ)

2. 川床と日本庭園の両方を堪能する!「がんこ 高瀬川二条苑」

続いてのおすすめのお店は鴨川の「がんこ 高瀬川二条苑」。5月〜9月に川床が登場し、京都の夏を感じながら川床料理(5,000円(税・サービス料別)から)を堪能できます。厳選した素材を使った寿司、色とりどりの小鉢や焼き魚などがセットとなった川床料理はコースの種類も豊富。なかでも寿司が美味しいと評判です。
またこのお店の魅力は日本庭園とその建物にもあります。春には梅の花、秋には紅葉など、四季折々の美しい表情を見せる豊かな日本庭園と、歴史あるお屋敷は実に趣のある雰囲気。食後には川の流れる日本庭園を散策するなど、川床と日本庭園の両方を楽しむことができますよ。


2. 川床と日本庭園の両方を堪能する!「がんこ 高瀬川二条苑」


公式ホームページ(日本語のみ)

3. 懐石料理と日本酒をとことん楽しむ!「露瑚」

地下鉄京都市役所前駅のすぐ近くにある割烹「露瑚(ろこ)」。こちらも懐石料理を鴨川沿いの川床で楽しみたい方におすすめの料理屋です。料理は、単品メニューとコースメニューに分かれており、コースメニューでは、季節の焼八寸(懐石料理の前菜にあたる料理)、旬の魚のお造り、白味噌のグラタンなど、味も見た目も楽しめる「露瑚会席(5,500円(税抜))」がおすすめ。料理の色鮮やかさは、思わず声を上げてしまいそうになるほど。ドリンクメニューも店主こだわりの日本酒がずらりと用意されていますので、お料理に合わせて、いろいろ試してみるのもいいですね。目の前に広がる鴨川を眺めながら、美味しい日本酒を片手に食事を楽しめますよ。

※写真は料理のイメージです。


3. 懐石料理と日本酒をとことん楽しむ!「露瑚」


ぐるなび(日本語のみ)

いかがでしたか?夏に京都に行かれる予定があれば、ぜひ足を運んでみてくださいね。ただし、雨の日には川床は使えないので、天気の良い日に訪れましょう。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!