WOW! JAPAN

【京都駅・駅周辺】一度は食べておきたいおすすめ人気店11選!

京都観光の出発点または終着点として多くの旅行者が利用する京都駅にはおすすめレストランがたくさんあります。今回はその中から11店をご紹介します。

2016.02.01
お気に入りに追加

1. 京都吉兆 (懐石料理)

京都駅中央改札を出てすぐのホテルグランヴィア京都内にある京都吉兆では季節感や彩り、器など細部にまでこだわった繊細な日本料理を楽しむことができます。味もさることながら、見た目にも美しい料理の数々は正に感動もの。きっと日本人のおもてなしの心を感じ取っていただけることでしょう。
おすすめは、お茶席の際に供される懐石料理がお弁当箱に詰められた「松花堂弁当」。お昼食限定8,316円(税・サービス料込)で提供されています。コース料理に比べ、気軽に日本料理を楽しむことができるのが魅力です。
コース料理は昼夜ともに15,444円(税・サービス料込)から。本格的な日本料理を伝統的な形式で食べてみたいという方におすすめです。

※画像はイメージです

松花堂弁当

※画像はイメージです

2. 松山閣 松山 JR京都伊勢丹店 (湯葉・京料理・懐石)

京料理と聞くと、高級なもの、ハードルが高いものというイメージがありますが、JR京都伊勢丹11階にある松山閣 松山ではお手頃な値段で伝統的な京料理を楽しむことができます。
特にこだわっているのは自家工房で手作りしているという「湯葉」(豆乳から作られる、京料理においてよく使われる食材)。その湯葉を使った「名物ゆば桶膳『花』」は昼夜ともに4,860円(税・サービス料込)。それ以外にも、生ゆばや生麩(なまふ:グルテンを原料としてゆでたもの)、季節の野菜等の伝統食材が味わえる「京好み『みやこ』(昼夜ともに4,104円(税・サービス料込))」や、お昼のみに提供される「京弁当(2,700円(税・サービス料込))」といったメニューが用意されています。
また、コース料理も6,480円(税・サービス料込)からと充実しているので、京料理を気軽に楽しみたい方にもしっかり堪能したい方にもおすすめのお店といえるでしょう。英語メニューも用意してあります。

コース料理の一例

2. 松山閣 松山 JR京都伊勢丹店 (湯葉・京料理・懐石)

3. モリタ屋 ジェイアール京都伊勢丹店 (すき焼き・しゃぶしゃぶ)

1869年創業の京都の老舗すき焼き、しゃぶしゃぶ(出汁で肉を軽く火を通しタレをつけて食べる料理)のお店「モリタ屋」。JR京都伊勢丹の11階にある店舗ではすき焼き(砂糖と醤油をベースに甘辛い味付けで煮た肉を生卵につけて食べる料理)やしゃぶしゃぶ、鉄板焼き、ステーキなど牛肉を中心とした料理を楽しむことができます。毎年8月16日には五山の送り火を鑑賞しつつ食事をすることのできる企画も行っています(要予約)。モリタ屋で使われている牛肉は、京都府丹波・弥栄町にある自社農場「モリタ屋FARM」で生産されたこだわりの牛肉。お昼は、ひとくちステーキやビーフシチューなど2,000円前後のお手頃な食事から、数千円の各種コース料理まで、夜は4,644円(税込)から14,040円(税込)までの各種コース料理が用意されています。
英語メニューがあり、英語を話せるスタッフもいます。

「モリタ屋FARM」のおいしい牛肉

3. モリタ屋 ジェイアール京都伊勢丹店 (すき焼き・しゃぶしゃぶ)

4. 八丁味處 串の坊 (串揚げ)

揚げたてアツアツの串かつを食べたいなら「八丁味處 串の坊」がおすすめ。しかしこのお店の魅力は串かつだけにとどまりません。1892年創業の横浜にある酒販店「横浜君嶋屋」の店主が選んだ、全国各地の銘酒や幻の焼酎、泡盛、フランス蔵元直送のワインなど、こだわりのお酒がそろっているのです。目の前で揚げられる串かつとこだわりのお酒の絶妙なハーモニーを楽しんでみてください。
串かつは一串162円(税込)から。また各種コース料理(2,322円(税込)~)もそろっているので、少しだけ何かつまみたいという方にも、しっかり食事をしたいという方にもおすすめのお店です。英語メニュー、中国語(簡体字)メニュー、韓国語メニューが用意されています。

店内の様子

4. 八丁味處 串の坊 (串揚げ)

5. 旬菜 旬魚 空海山 (鮮魚逸品と本格京料理)

鮮魚と本格京料理を食べられる店です。全国から直送される旬の鮮魚は、「新鮮!お刺身盛り合わせ(1人前1,180円(税抜)~)」で楽しめます。メニューにはありませんが、お寿司も握ってくれますよ!鮮度抜群の魚は煮ても焼いても旨い!「鮮魚の塩焼き/煮つけ(1,500円~4,000円(税抜))」もおすすめ。また、京野菜・京生麩・生湯葉など京都の素材を使ったおばんざい(京都の家庭料理)もはずせません。少しずついろんな料理を食べたい方におすすめです。

5. 旬菜 旬魚 空海山 (鮮魚逸品と本格京料理)

6. 新食彩 あかさき (創作料理)

本格創作料理をリーズナブルに食べられる料亭風居酒屋です。京都のホテルで修業したシェフの作り出す料理は、突き出し(最初に出てくる料理、お通し)のこだわりからもわかる熟練した職人技で提供されますよ。塩辛をのせて焼いた和風ピザ「塩辛とねぎのピザ(850円(税込))」や、「鮮魚カルパッチョ(800円(税込))」などお酒に合うメニューが豊富。和の雰囲気たっぷりの大人の隠れ家で、カジュアルに料亭の味を楽しんでくださいね。

6. 新食彩 あかさき (創作料理)

7. 京の素材家 とく (串揚げ)

京素材の串揚げ、串焼き、とことん京素材にこだわった店。京野菜を使った串揚げ「万願寺とうがらしの肉づめ(200円(税抜))」、「京とうふとお漬物の京サラダ(690円(税抜))」など京の素材を使った創作料理を堪能できますよ。そんな料理に合わせたいのは、もちろん京の地酒ですよね。京都の水、京都の米、京都の吟醸酵母で造った100%京の地酒「京生粋」をはじめ、季節限定の旬の日本酒も取りそろえています。カウンター席もあり、1人でも気軽に入れるお店です。

7. 京の素材家 とく (串揚げ)

8. 京町家 鴨ゝ(かもかも) (鴨料理・京料理)

築120年の京町家(間口が狭く奥行きが深い京都の家)で食べる鴨料理の店です。看板メニューは鴨すき(鴨しゃぶ)(1人前3,330円(税抜))。出汁の入った鍋に、鴨肉を入れしゃぶしゃぶすること約10秒、白ねぎ5秒、濃厚な鴨肉とシャキシャキのねぎが絶品です。鴨すきを食べるには前日までに予約が必要(2人前から注文可)。夏は、京都の夏の風物詩・鱧(はも)も堪能できる季節限定「鴨・鱧コース(6,500円(税抜))」がおすすめです。

8. 京町家 鴨ゝ(かもかも) (鴨料理・京料理)

9. しゃぶしゃぶ但馬屋 イオンモールKYOTO店 (しゃぶしゃぶ)

ランチもディナーもお肉食べ放題の店です。お肉をしゃぶしゃぶで食べるかすき焼きで食べるかを選べます。肉の種類は豚肉のコース(2,380円(税抜))から、本格神戸牛(6,480円(税抜))のコースまであり90分の入れ替え制(ランチは60分1,380円(税抜)~)。注文ごとに切りたての肉が運ばれ、ビュッフェスタイルで野菜やデザートも食べ放題!子どもから大人まで大満足間違いなしですよ!

9. しゃぶしゃぶ但馬屋 イオンモールKYOTO店 (しゃぶしゃぶ)

10. グリルキャピタル東洋亭(ポルタ店) (洋食屋)

1897年に開業した京都で最も古い老舗洋食レストラン「キャピタル東洋亭」。洋食とは日本で独自に発展した西洋料理のことで、ここではハンバーグやカレー、オムライス、エビフライなど、洋食の定番料理を楽しむことができます。
東洋亭の一押しメニューは、ビーフシチューがたっぷりかかった「東洋亭ハンバーグ」。ハンバーグを包むアルミホイルを開けた時に広がる香りが食欲を刺激します。
お昼は、メイン料理に、お店の人気メニュー「丸ごとトマトサラダ」とご飯かバケットがついたAランチ(1,260円(税込)~)と、上記に加え飲み物とデザートがついたBランチ(1,660円(税込)~)さらにサイドディッシュがつくCランチ(2,060円(税込)~)というセットメニュー中心の提供。ランチタイムから注文できる夜のコース料理は(2,500円(税込)~)で、アラカルトメニューも用意されています。デザートも充実しているので、カフェとしての利用もおすすめです。

丸ごとトマトサラダ

10. グリルキャピタル東洋亭(ポルタ店) (洋食屋)

11. オステリア サクラ (イタリアン)

イタリア料理をベースに地元の新鮮な京野菜をはじめとする和のエッセンスを融合させた、京都ならではの料理を味わうことができるのがJR京都伊勢丹3階の「オステリア サクラ」。店内は落ち着いた雰囲気の中にもカジュアルさがあり、気軽にイタリア料理を楽しめるようになっています。お昼はアラカルトメニューのほか、パスタにサラダ、パン、飲み物がつくPranzo A(1,350円(税込))、パスタに前菜盛り合わせ、パン、飲み物、ドルチェがつくPranzo B(1,851円(税込))といったコース料理を提供。夜もアラカルトメニューのほかコース料理を提供しています。ランチとディナーの間の時間はカフェとして利用することもできるので新幹線での移動の前などここで一息入れるのもおすすめです。

11. オステリア サクラ (イタリアン)

京都観光の玄関口・京都駅。ここにはたくさんのおいしい料理があります。是非あなたも京都駅に来た際には試してみてくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: tutorial

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!
  • 九州モデルコース

おすすめ記事