WOW! JAPAN

自然の恵みたっぷり!熊本で食べるべき郷土料理5選

東側に山、西側に海がある「熊本県」は国内トップクラスの農業県で、美味しい郷土料理も盛りだくさん。今回の記事では、熊本を訪れた際にぜひとも食べたい5つの郷土料理をご紹介したいと思います。

2018.06.07

1. からし蓮根

まずは、主にお酒のおつまみとして熊本県内で広く親しまれている「からし蓮根」をご紹介します。麦みそに和からしを混ぜた「からしみそ」を蓮根の穴に詰め、天然色素で着色した黄色い衣を付けて油でカラリと揚げたもの。シャキシャキとした食感とツンと鼻に抜ける辛さが、日本酒・焼酎・ビールなどのお酒と相性抜群です。
元は、江戸時代(1603〜1867年)、病弱だった初代・熊本藩主への滋養強壮食として考案されたもの。熊本県は全国有数の蓮根の産地であるため、県内の契約農家のものを使用する店が多く、なかには自ら栽培を行っている専門店もあります。一度食べたらやみつきになりそうな辛さ、ぜひ挑戦してみてくださいね。


2. 馬刺し

馬肉の消費量および生産量が全国でも群を抜いている「馬肉王国」である、熊本。焼肉やしゃぶしゃぶ、燻製に鍋など、様々な調理法で食べますが、特に有名なのが新鮮な馬肉を刺身で食べる「馬刺し」です。刻んだネギやおろしにんにく、おろししょうがなどの薬味をつけて食べます。使う部位は様々で、バラ肉の極上部分のトロ、赤身の霜降り、ロースなどが一般的。焼酎にぴったりで、力の湧いてくる栄養豊富な一品です。


3. 熊本ラーメン

訪日観光客にも人気の高い日本の「ラーメン」。熊本にも美味しいご当地ラーメンがあります。スープは豚骨をベースに鶏ガラをブレンドした濃厚なもの。麺は中太ストレート麺を硬めに茹で上げ、強いコシを出しているのが特徴です。また、具材は茹で玉子・チャーシュー・メンマ・ネギ・もやし・キクラゲ・海苔など。揚げニンニクを入れた「マー油」などを入れることもあります。豚骨のアクが強い「博多ラーメン」などに比べるとまろやかな味わいなうえ、スープを当日に使い切って継ぎ足しをしないので、豚骨特有のにおいが控えめなのも特徴です。


4. 高森田楽

続いては、阿蘇・高森地区に伝わる郷土料理「高森田楽」をご紹介します。鎌倉時代(1185〜1333年)から続く伝統料理で、「囲炉裏(※1)」を囲みながら、胡麻味噌を塗った豆腐や川魚、季節の山菜などを炭火でじっくり焼いたものです。熱々の焼きたては香ばしく、滋味溢れる味わい。通常は美味しいご飯や、熊本名物「だご汁(※2)」と一緒に食べることの多い料理です。

※1:床の一部を四角に切り抜いて火をたけるようにした場所。暖房・煮炊きに用いる
※2:小麦粉を練ってちぎった平らな団子を入れた汁物。阿蘇地方では、豚肉・しいたけ・根菜などの具材を入れた味噌仕立てのものが多い


5. ひともじのぐるぐる

最後も熊本を代表する有名な郷土料理のひとつ「ひともじのぐるぐる」をご紹介します。ワケギをさっと茹でて氷水にくぐらせ、根元を軸に葉の部分をぐるぐると巻きつけたもの。酢味噌につけて食べます。シャキッとした心地よい食感と、さっぱりとした味わいで、お酒にぴったりの一品です。


いかがでしたか?今回ご紹介した料理は、熊本県内の専門店や和食店、居酒屋のメニューなどで展開されていることが多いです。熊本旅行の際には、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!