WOW! JAPAN

大自然の恵みに感動!内陸部「山梨」エリアの絶品・名物グルメ4選

周囲を山々に囲まれた内陸部にある「山梨県」。大自然が育んだ恵みを感じることのできる、絶品グルメの宝庫として知られています。今回は、そんな山梨県を代表するおすすめグルメ4選をピックアップしてみました。

2017.09.21
お気に入りに追加

ほうとう

まずはじめにご紹介したいのは、山梨を代表する名物料理「ほうとう」です。小麦粉をこねて幅広に切った麺と、たっぷりと用いられる季節の野菜、鶏肉などの肉類を、味噌仕立てのだし汁でじっくりと煮込んだもの。用いる野菜はカボチャが有名ですが、そのほかにもニンジンやキノコ、青菜にネギなどもポピュラーです。
食べ応え充分で、満足感も栄養もバッチリの一品。素朴な味わいで、体も心もあたたまる郷土料理です。
また、具だくさんのあたたかい汁に、冷やした麺をつけて食べる、夏向けのほうとうを提供するお店もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。



甲府鳥もつ煮

続いては、山梨県甲府市のご当地グルメ「甲府鳥もつ煮」をご紹介します。
主役はニワトリの「モツ=内臓」で、主に砂肝・心臓・レバー・きんかん(産まれる前の卵)を用います。それらを砂糖と醤油で甘辛く煮付けたもので、発祥は1950年頃。甲府市内にあるおそば屋さんが考案したメニューが、やがて評判を呼び、徐々に地域中に広まっていったそうです。その濃厚で深みのあるおいしさは、お酒にも、ごはんにも、おそばと一緒に食べても相性抜群。
全国各地で開催されている有名な大会「B-1グランプリ(安くておいしいご当地グルメで地域活性化を目指す大会)」で、何度もNo.1を獲得している、人気の庶民派メニューでもあります。


甲州ワイン

盆地気候である山梨県は、ワイン用のぶどうづくりに適した土地柄。そんな環境のよさを生かして造られる「甲州ワイン」は、全国的に非常に有名です。原種といわれる「甲州種ぶどう」から造られるその味わいは、すっきりとさわやかな酸味のある、上品な口あたりが特徴。和食と良く合う個性をもっており、デイリーなテーブルワインに適した気軽さで、幅広い人気を得ています。
さまざまな国産ワインコンクールでも何度も金賞を受賞していて、これからは世界をめざす、日本を代表する銘柄なんですよ。
また、ぶどうの種類も多彩に栽培されており、濃厚な赤ワインからスパークリングまでワインのタイプもさまざま。山梨県内にはワイナリーもたくさんあるので、試飲や見学、ショッピングを楽しんでみてくださいね。



吉田のうどん

最後にご紹介する「吉田のうどん」は、山梨県富士吉田市を中心とした地方につたわる郷土料理。一般的なものよりも太めで、歯ごたえがしっかりとしたコシの強い「うどん」を用いた麺料理です。
そんなうどんを茹でて、味噌+醤油+だし汁をかけた「かけうどん」、もしくは、麺も汁もひんやりと冷やした「冷やしうどん」で食べるのがポピュラーな食べ方。トッピングには、甘辛く煮付けた馬肉や、茹でたり煮たりしたキャベツが用いられることが多いです。赤唐辛子をベースにしたピリ辛の薬味もおいしさのアクセント。
富士山麓地域ならではのおいしい水を使った麺の旨みを、ぜひ一度は味わってみてください。



今回ご紹介したものは、主に「甲府駅」周辺のお店で食べられる(または飲むことのできる)メニューばかり。甲府なら東京から最短で約1時間半とアクセスも快適なのが魅力です。ぜひ足を運んでみてくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事