close

公式アプリをダウンロード!

View View

WOW! JAPAN

グルメ好き必見!金沢の人気スポット「近江町市場」の楽しみ方

金沢の観光スポットのなかで特に人気の「近江町市場」。食料品店などが約180以上も並ぶ、見ているだけでも楽しい市場です。今回はおすすめのポイントや楽しみ方をご紹介!

近江町市場とは

「金沢市民の台所」として、約300年近くにわたり親しまれてきた市場。所狭しと並ぶお店からは売り子さんたちの威勢のいい声が響き、活気ある雰囲気を楽しめます。金沢21世紀美術館や兼六園などの名所からも徒歩圏内です。

近江町市場とは

石川県金沢市上近江町50

買い物を満喫

市場で売られている商品は、鮮魚や青果、お菓子など多種多様。なかでも、鮮度抜群の魚介類が主役で、北陸の味覚の王様・カニなどがずらりと並びます。金沢で獲れた伝統の加賀野菜も種類豊富。キッチン付きのゲストハウスなどに宿泊する場合は料理用に購入するのも楽しいですし、加工品などおみやげにしやすい商品もたくさんあります。

店頭グルメを楽しむ

市場に来たらぜひ試してほしいのが、商品をその場で食べられる「店頭グルメ」。カキやイカを焼いたものや、揚げたてのコロッケ、エビ・ウニ・カニなどをその場で調理&提供してくれる鮮魚店など、色々なお店があります。

寿司や海鮮グルメに舌鼓

市場には飲食店もたくさんあります。なかでも、ぜひ立ち寄ってほしいのが海鮮丼や寿司を提供するお店。特におすすめの3店をご紹介します。

鮨 えのめ

漁港から直接仕入れた鮮度の高い魚介を楽しめる人気店です。おすすめメニューは「海鮮えのめ丼(1,800円(税込))」。11~12種もの魚介の刺身をごはんの上に盛りつけ、わさび醤油をかけていただく一品です。英語メニューあり。

鮨 えのめ

石川県金沢市上近江町33 1F

鮨処 源平

創業45年以上の人気店です。養殖物ではなく、日本海近海で水揚げされた天然物の魚介にこだわっています。おすすめの寿司は、旬のネタをお得に楽しめるセットメニュー。なかでも、マグロのトロ(脂肪の多い部分)など10貫の寿司入り「ささりんどう(3,500円(税抜))」が好評です。

鮨処 源平

石川県金沢市上近江町25-1

海鮮丼専門のお店 近江町市場 こてつ

市場に並ぶ新鮮な魚介を一つの丼の中に集めた海鮮丼が食べられるお店です。特に1番人気の海鮮丼は、写真の通り色とりどり!13種から14種もの鮮魚を使い、特製の醤油や石川県産のコシヒカリなど、全ての材料にこだわって作られています。金沢の美味しさをたっぷり堪能できますよ。

海鮮丼専門のお店 近江町市場 こてつ

石川県金沢市下堤町37-1

地元食材を使ったグルメを楽しむ

近江町市場の飲食店は、北陸ならではの食材を使った料理を提供する店も多くあります。

旬彩和食 口福

こちらのお店では、日本海で獲れた魚介や県産野菜を中心とした料理を楽しめます。おすすめは、北陸を代表する高級魚「のどぐろ」を使ったメニュー。脂がのった大きめのものを塩焼きや寿司などで提供。また、カニやホタルイカなど北陸らしい季節ごとの魚介も味わえます。

メニュー例:コース料理「のど黒会席(1名8,000円(税抜))」など。

旬彩和食 口福

石川県金沢市青草町88 近江町いちば館2F

鮮彩 えにし

こちらも北陸ならではの味覚にこだわったお店。名物は、のどぐろの刺身をごはんの上にのせた「のど黒ひつまぶし(1人前3,300円(税込))」。1杯目は刺身をわさび醤油で、2杯目はウニやゴマ・大葉などと一緒に、3杯目はのどぐろの骨からとった出し汁をかけ、ノリなどをのせていただく『1杯で3度おいしい』メニューです。そのほか、石川県産の牛肉・豚肉を使ったメニューや、加賀野菜を使ったものなども人気。英語・韓国語メニューあり。

鮮彩 えにし

石川県金沢市青草町88 近江町いちば館2F

加賀旬菜 近江町の定食屋 ゆず

金沢の郷土料理をリーズナブルに定食で味わえるお店。ランチにおすすめの「かなざわ御膳(1,680円)」は、加賀野菜の天ぷら、治部煮(鶏肉やお麩、野菜をとろりと煮たもの)、サワラの昆布締めなど数品のおかずと、能登で栽培された古代米(古代の稲の特徴を色濃く残した品種で栄養素も豊富)が味わえる、大満足のセットです。食後のデザートの種類も豊富で、さっぱりとコクのある「ほうじ茶アイス(200円)」など、和のスイーツが味わえますよ。

加賀旬菜 近江町の定食屋 ゆず

石川県金沢市青草町88 近江町いちば館2F

近江町いちば館を楽しむ

次は市場内に立つ商業施設「近江町いちば館」をご紹介。1階は鮮魚や青果などの市場、2階には先ほどご紹介したお店などの飲食店、地階にはベーカリーやラーメン店、ドラッグストアなどがあります。ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

近江町いちば館を楽しむ

石川県金沢市青草町88

食後のデザートを楽しむ

金沢グルメでお腹いっぱいになっていても、食後の甘いものはやっぱり美味しいですよね。食後のお茶やデザートを楽しめるお店二つをご紹介します。
まず、いちば館地下1階にあるお茶屋さん「良縁堂茶楽」は、お茶だけでなく金沢らしい和スイーツが楽しめるお店。お茶屋さんらしく、抹茶をふんだんに使った「抹茶ソフトクリーム」や、弾力のあるお餅の中に栗あんがたっぷりつまった「古代米大福(180円)」がおすすめですよ。毎日煎り立ての香ばしいほうじ棒茶も試飲できるので、気に入ったらお土産にするのもいいですね。
もう一つはパフェなどのスイーツが食べられる「カフェ・アルコ メルカート」。近江町市場から仕入れた素材を使った料理が味わえるイタリアンのお店ですが、アイドルタイムにはカフェとして利用できますよ。

食後のデザートを楽しむ

お土産探し

フルーツやかまぼこなど、宿に戻って食べるお土産の他にも、帰国してから食べられるような日持ちするおみやげが欲しいですよね。
おすすめは、いちば館地下1階のコーヒー店「キャラバンサライ 武蔵店」で購入できる「コーヒーようかん」はいかがでしょうか。コーヒーの香りやコクと甘い餡がバランスよく馴染んでいて、食べやすい和のスイーツです。

お土産探し

石川県金沢市青草町88 近江町いちば館B1

金沢おでんとお酒で締める

市場での買い物が終わったら、最後は名物の金沢おでんと地酒で締めくくりましょう!おでんとは野菜や練り物(魚のすり身など)をだしで煮たものですが、金沢おでんはその中に巻貝やお麩などが入っているのが特徴。
そしてここ近江町市場でも、美味しいおでんが食べられるお店「近江町市場 金沢おでん いっぷくや」がありますよ。
おすすめの具は、やはり金沢おでんならではの「ばい貝(350円)」や「車麩(180円)」。さらにこのお店では「かに面(1,300円)」といってカニの甲羅にすり身などを詰めた具も人気です。昆布のだしがそれぞれの具にじんわりと染みて、素材の旨味も楽しめますよ。
そしておでんと合わせるのにぴったりなのは、やはり地元金沢の銘酒。いくつか種類があるので、味わいを比べながら飲んでみてくださいね。

金沢おでんとお酒で締める

石川県金沢市上近江町50

金沢の食文化が凝縮された「近江町市場」で北陸グルメをぜひ満喫してくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめ記事

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!