WOW! JAPAN

グルメ好き必見!金沢の人気スポット「近江町市場」の楽しみ方

金沢の観光スポットのなかで特に人気の「近江町市場」。食料品店などが約180以上も並ぶ、見ているだけでも楽しい市場です。今回はおすすめのポイントや楽しみ方をご紹介!

2017.06.29

近江町市場とは

「金沢市民の台所」として、約300年近くにわたり親しまれてきた市場。所狭しと並ぶお店からは売り子さんたちの威勢のいい声が響き、活気ある雰囲気を楽しめます。金沢21世紀美術館や兼六園などの名所からも徒歩圏内です。



買い物を満喫

市場で売られている商品は、鮮魚や青果、お菓子など多種多様。なかでも、鮮度抜群の魚介類が主役で、北陸の味覚の王様・カニなどがずらりと並びます。金沢で獲れた伝統の加賀野菜も種類豊富。キッチン付きのゲストハウスなどに宿泊する場合は料理用に購入するのも楽しいですし、加工品などおみやげにしやすい商品もたくさんあります。



店頭グルメを楽しむ

市場に来たらぜひ試してほしいのが、商品をその場で食べられる「店頭グルメ」。カキやイカを焼いたものや、揚げたてのコロッケ、エビ・ウニ・カニなどをその場で調理&提供してくれる鮮魚店など、色々なお店があります。



海鮮グルメに舌鼓

市場には飲食店もたくさんあります。なかでも、ぜひ立ち寄ってほしいのが海鮮丼や寿司を提供するお店。特におすすめの2店をご紹介します。

鮨 えのめ

漁港から直接仕入れた鮮度の高い魚介を楽しめる人気店です。おすすめメニューは「海鮮えのめ丼(1,800円(税込))」。11~12種もの魚介の刺身をごはんの上に盛りつけ、わさび醤油をかけていただく一品です。英語メニューあり。

鮨処 源平

創業45年以上の人気店です。養殖物ではなく、日本海近海で水揚げされた天然物の魚介にこだわっています。おすすめの寿司は、旬のネタをお得に楽しめるセットメニュー。なかでも、マグロのトロ(脂肪の多い部分)など10貫の寿司入り「ささりんどう(3,500円(税抜))」が好評です。

地元食材を使ったグルメを楽しむ

近江町市場の飲食店は、北陸ならではの食材を使った料理を提供する店も多くあります。

旬彩和食 口福

こちらのお店では、日本海で獲れた魚介や県産野菜を中心とした料理を楽しめます。おすすめは、北陸を代表する高級魚「のどぐろ」を使ったメニュー。脂がのった大きめのものを塩焼きや寿司などで提供。また、カニやホタルイカなど北陸らしい季節ごとの魚介も味わえます。

メニュー例:コース料理「のど黒会席(1名8,000円(税抜))」など。

鮮彩 えにし

こちらも北陸ならではの味覚にこだわったお店。名物は、のどぐろの刺身をごはんの上にのせた「のど黒ひつまぶし(1人前3,300円(税込))」。1杯目は刺身をわさび醤油で、2杯目はウニやゴマ・大葉などと一緒に、3杯目はのどぐろの骨からとった出し汁をかけ、ノリなどをのせていただく『1杯で3度おいしい』メニューです。そのほか、石川県産の牛肉・豚肉を使ったメニューや、加賀野菜を使ったものなども人気。英語・韓国語メニューあり。

近江町いちば館を楽しむ

最後は市場内に建つ商業施設「近江町いちば館」をご紹介。1階は鮮魚や青果などの市場、2階には先ほどご紹介したお店などの飲食店、地階にはベーカリーやラーメン店、ドラッグストアなどがあります。ぜひ立ち寄ってみてくださいね!


金沢の食文化が凝縮された「近江町市場」で北陸グルメをぜひ満喫してくださいね!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: nakamura

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!