WOW! JAPAN

冬の金沢を楽しむ5つのポイント

四季折々の魅力あふれる金沢ですが、冬の美しさは格別です。今回は冬の金沢で楽しめること5選をご紹介します。

2016.12.08

1. 極上の雪景色を楽しむ

金沢には昔ながらの街並みが当時のままに残されている場所がたくさんあります。石畳の道の両側に紅殻格子(べんがらごうし・細かな木を縦と横に組み合わせた、紅色に塗った格子)のお茶屋が軒を連ねる「ひがし茶屋街」や、土塀と石畳が連なる「長町武家屋敷跡」など情緒たっぷりのその景観は、雪景色のなかではさらに趣深いものになります。また、雪化粧をした金沢城も見応えたっぷり。雪に覆われた「金沢城」と真っ青な空のコントラストは感動的な美しさ。寒さも忘れ、しばし立ち尽くしてしまうほどですよ。


金沢市

国の重要文化財にも指定されている金沢城の「石川門」


金沢市

雪の舞い散るひがし茶屋街

1. 極上の雪景色を楽しむ

2. 冬の味覚を味わう

海にも山にも近い金沢には四季折々に美味しいものがありますが、冬場は金沢グルメの最盛期!白身魚の王様ノドグロや、甘海老、寒ブリ、牡蠣などの魚介類が旬を迎えるほか、かぶら寿しや、大根寿しなど冬の金沢を代表する味も登場します。美味しいものがありすぎて迷ってしまいますが、ぜひとも味わってほしいのが、日本海の冬の王者とも呼ばれる「加能ガニ(ズワイガニ)」。新鮮なまま水揚げされるカニは、身が詰まっていて、プリッとした口当たりと舌の上でとろけるような甘さが特徴です。ほっぺたが落ちそうなほどの美味しさにやみつきになること間違いなしですよ。

見た目も麗しい加能ガニの刺身とブリの刺身

3. イルミネーションを楽しむ

金沢市の中心部では毎年秋から冬にかけて様々な場所でイルミネーションが施され、真っ白な雪に覆われた街並みを華やかに彩ります。なかでもおすすめなのが、武蔵が辻周辺で開催される金箔雪吊り「金箔きらら」&ツリーファンタジーイルミネーションです。重い雪から木を守るため、円錐状に縄を張る金沢の冬の風物詩「雪吊り」に、金沢の伝統工芸品である金箔でできた雪の結晶をあしらったモニュメント「金箔きらら」の姿は圧巻!冬の風に揺られ、金箔が煌々と輝く様子は何とも幻想的。武蔵が辻交差点付近の街路樹にもおよそ27,000球のLED電球が設置され、金沢の街並みを黄金色に彩るので、まるで黄金の国にいるような気分になれますよ。

※開催期間:2016年10月21日(金)~2017年2月12日(日)

3. イルミネーションを楽しむ

4. 雪吊りを施した兼六園に行く

金沢を代表する観光地「兼六園」。日本三大名園に数えられるだけあって、どの季節に訪れても美しいのですが、その美しさが一層際立つのが冬です。雪の重みで木の枝が折れるのを防ぐための「雪吊り」を施された松の木が、雪化粧をした庭園にいつもとは違う趣を与えます。また、冬には期間限定で夜間ライトアップが行われ、昼間とは違う幻想的な姿を楽しむことができます。暗闇の中で光を浴びて金糸のように輝く雪吊り松が、鏡のように池に映り込むさまは息を呑むほどの美しさ!いつまでも記憶に留めておきたくなる風景ですよ。

※ライトアップ期間:2017年1月27日(金)〜2017年2月4日(土)


金沢市

4. 雪吊りを施した兼六園に行く

5. 石川県の地酒を楽しむ

お米の産地・石川県は酒どころとしても有名です。雪が舞い、寒さが厳しくなる時期は、金沢の各酒蔵が酒の仕込みを行う1年で最も忙しい時期であり、新酒が誕生する時期でもあります。金沢の飲食店ではほとんどのお店が地元のお酒を扱っているので、金沢名物料理とともに新酒を味わってみてはいかがですか?また、1625年創業の老舗の酒蔵「福光屋」では、毎年酒造りの期間中(10月~4月)酒蔵見学を行っていて、酒蔵の映像鑑賞や、仕込み水と蔵内見学、搾りたてのお酒・季節限定酒を試飲することができます。厳しい寒さのなか、酒造りに真摯に取り組む杜氏(とうじ・酒造職人の総大将のこと)や蔵人(くらびと・杜氏のもとで酒造りをする職人)たちの姿を目の当たりにすれば、お酒も更に味わい深いものになること間違いなしですよ。

※酒蔵見学は毎週月・金の3:00 pmからで、所要時間は約90分です。費用は1,000円(500円分の買い物券付)。10日前までに予約が必要です。
英語、フランス語対応可。


金沢市

5. 石川県の地酒を楽しむ

いかがでしたか?金沢には冬ならではの楽しみがたくさんあります。寒いからといって敬遠せずに、ぜひ足を運んでくださいね。きっと心奪われるような素晴らしい景色が待っていますよ。
冬の金沢の天気は変わりやすいので、防寒対策をしっかりして、傘も忘れずに持って来てくださいね。

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。

この記事をシェア

Writer: HITODE3

WOW! JAPANをフォローする
ガイドブックには載ってない?見てるときっと日本に行きたくなる。
WOW!な観光情報を日々更新中!

おすすめ記事

ALL GUIDES

すぐに役立つ、観光・食事・マナーを
ご紹介!